生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 花より女子!モテるための花見メソッド

花より女子!モテるための花見メソッド

2015年03月23日作成

 views

出会いの季節、春!この時期にぴったりのイベントといえば「お花見」です。みなさんのなかにもすでに計画を立てている人もいるのではないでしょうか?綺麗な桜を眺めながらお酒や会話を楽しむお花見は、誰と一緒に行っても楽しめますよね。

とはいえ、男同士で眺める花見はどことなく色気に欠けてしまうもの。やっぱり女子がいると盛り上がりも華やかさも格段とアップしますよね。問題は、気分屋の女子の満足するお花見を実行できるかどうかです。

「え~、レジャーシート持ってきてないの~?」
「なんかめっちゃ混んでるし、早く帰りたーい」

などと言われてしまっては、せっかくの桜も涙で見えません。そこでここでは、ワガママ女子でも「超楽しかったー!来年もお花見しようね!」と浮かれてしまうような、とっておきのお花見メソッドをご紹介します!

これでお花見に誘った女性をオトせること間違いなし。今年は桜を見ながら、ロマンチックなひとときを過ごしてみませんか?

目次

場所はあらかじめ確保しておく

女性が一番萎えるのはお花見に誘われて行ったはいいものの、段取りが悪くグダグダの状態だったときです。特に混み合うシーズンなため、あらかじめ場所の目処を立てて、当日は朝早くから場所取りをしておくといいですね。

「早朝から場所確保なんて、めんどくせーな」という人に、女子のふたつのときめきポイントをお教えしましょう。

  • 滞りなくお花見を始めることのできるスマートさ
  • 「私たちのために早い時間から場所をとっておいてくれたんだ…!」という感動

ちょっと早起きして場所をとっておくだけで「なんてスマートで誠実な人たちなの…!素敵!」とお花見へのモチベーションもアップするのです。

ちなみに、人数は4~8人くらいがベスト。それ以上大勢だと、場所取りもコミュニケーションをとるのも難しくなってしまう可能性があります。

ウェットティッシュやゴミ袋を必ず持っていく

お花見やピクニックへ行くときに欠かせない紙コップやウェットティッシュなども用意しておくといいですね。簡単に持ち物リストを並べるとこんな感じになります。

  • レジャーシート
  • 紙コップ・紙皿
  • 割り箸
  • 魔法瓶にいれた温かい飲み物
  • ウェットティッシュ
  • マジック
  • ゴミ袋

大勢でお花見をするときは、紙コップに名前を書いて誰のものかわかるようにしておくのが◎。また、ウェットティッシュはお手拭きとして重宝されます。

とはいえ、これらの持ち物は女子のほうで準備していることもあります。いくら男性側のほうですでに用意していても、女の子に女子力を見せる「隙」を与えてあげましょう。「気が利くね!」とお礼を言って、すでにあることは内緒にしておくのも優しさ!

ウーロン茶や水などの飲み物も用意しておく

男女そろって買い出しにいくのもいいですが、お茶やお酒などの重い飲み物をあらかじめ買っておくと、女性に気を使わせずにすみます。女性のなかにはお酒が苦手な人もいるので、ウーロン茶やお水のペットボトルを用意しておくのを忘れないでくださいね。

また、人によってお酒の好みもバラバラなので、日本酒や焼酎、ビール、カクテルなどバリエーション豊富に用意しておくと、より楽しめそうです。

おつまみを買いに行くときは女子と一緒に行くのもオッケー。あらかじめ買っておく場合は、スルメやビーフジャーキーなどといった匂いのキツいものではなく、花見団子や桜餅などお花見ならではもお菓子を選ぶのがグッド!

座布団を用意しておく

レジャーシートを敷いているとはいえ、地べたに座るのに慣れない女子は多いもの。男性はあぐらでもいいですが、スカートを履いている女性はあぐらをかくわけにはいきません。とはいえ正座やお姉さん座りを長時間続けると足がしびれてしまいます。

そんな女子をいたわって、さらりと座布団やクッションが用意してあると「ここまでしてくれるなんて…!」とうっとりすること間違いなし。スマートな振る舞いも、綿密な計画や思いやりがあってこそ。その気持ちに女性は感動するのです。

座布団やクッションは100円ショップで売っているようなものでも◎。たとえ薄っぺらくとも、用意してくれたという事実だけで女子は胸キュンしてくれます。

ホッカイロやブランケットを用意しておく

4月とはいえ、春先はまだまだ寒いもの。特に女子は冷え性な人が多いです。さらっとホッカイロやブランケットを差し出すと喜んでもらえるでしょう。このときは絶対に「冷やしちゃダメだよ。女の子なんだから」というキラーフレーズを加えてくださいね。

この「女の子なんだから」というフレーズには、女性として意識してもらっている、特別感がある、といった意味合いが込められています。女子のハートをズキュン!と射ぬく魔法の言葉です。

運が良ければ「一緒のブランケットであったまろう」という展開に持ち込めるかも!

女子ウケするには「地味なことを完璧に」がコツ!

女子を喜ばせるためには、大げさなサプライズや演出などは必要ありません。女性は実はささやかで小さなことに思いやりを感じるもの。

配慮が行き届いているお花見は、楽しいだけでなく記憶にも残ります。女子から「来年も再来年もずっとみんなでお花見できるといいね!」と言われるような素晴らしいお花見になるといいですね!

(image by amanaimages1 2 3 4 5 6)

この記事で使われている画像一覧

  • 2e133b19 635f 4860 a32a 7c7424d1d743
  • 1f73ee96 9e53 4e56 9374 775d3bf508c4
  • 6c12ccfa 8092 4b8b 9c20 c7e31b9ab03c
  • B21406e9 7c35 4ab5 bcf0 dfa339b8e36a
  • 692f33f2 adbc 45d5 ae74 0f5cc5e333aa
  • 8f25f290 c911 465f a8f5 8a26e089e3a9

本記事は、2015年03月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る