生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 婚活から学ぶ、初対面の相手に「また会いたい」と思われるポイント

婚活から学ぶ、初対面の相手に「また会いたい」と思われるポイント

2015年03月19日作成

 views

春は出会いの季節。歓迎会や入社式などで、初対面の方にお会いするタイミングが増える時期です。いつどこに素敵な出会いがあるかわかりません。多くの人に好印象を持たれた人ほど色んなジャンルのチャンスが広がっていくものです。

実は婚活でも初対面の相手にいかに好印象を与えられるかが、次のステップにつながる重要なポイントだと言われており、プロの講師を呼んで独身男女がレクチャーを受けるほどです。ということで、今回は初対面の人に「また会いたいな」と思ってもらえるようなテクニックをお伝えします。

目次

最初の7秒で好印象ゲット!第一印象の絶大な効果

その人に好感を持つかどうかは、第一印象が大きく左右すると言われています。そして第一印象はわずか7秒で決まるというのが定説です。一度人が抱いた第一印象はなかなか覆すのが難しいため、出会ってから7秒間で全てが決まってしまうのです。

第一印象のほとんどは、目からの情報が大いに影響していると言われています。つまり、見た目をアレンジすれば第一印象も自在に変えられるということです。そこで、すぐ実践できるポイントを知って、自分の思いどおりの第一印象を身につけましょう。

笑顔はタダでできる最大のコミュニケーションツール

第一印象アップに必要なアイテムは「笑顔」です。笑顔はタダでできる最大のコミュニケーションツールです。初対面で緊張したり、面白くもないのに笑ったりできないという理由からか、意外とこわばった表情の方が多いものです。日頃から意識的に笑顔を作る練習をしましょう。

口角をあげ、歯を見せるように口を開きます。目が笑っていないと怪しい人だという印象を与えてしますので、相手に愛情を持って目を輝かせるとさわやかな笑顔に仕上がります。

また、お話を聞く際には、うなづき、あいづち、アイコンタクトを取り入れると、好印象につながります。静止画のように動かないでお話を聞くのは避けましょう。

着る服で自分の印象を良くするコツ

服は目に訴える情報として効果的なアイテムです。色や素材、丈の組み合わせで印象がガラッと変わります。キュートに見せたいのならピンク知的さを印象づけたいのならブルー真面目さはブラックを選ぶと良いでしょう。エレガントさはグレー元気なイメージはオレンジがおすすめです。

キュートに見せたいと言って濃い目のピンクを選ぶと、アプローチが強めだと思われて引かれるので注意。あくまでも淡い色を選ぶようにしましょう。

おわりに

最後に気をつけて欲しいのはやはり「身だしなみ」です。せっかくの笑顔や服も、ボサボサ頭だったり、鼻毛が出ていたら台無しです。人に会う前には、フケ、鼻毛に気をつけるだけではなく、意外に気づきにくいメガネのくもりや靴の汚れに注意して、自分自身で納得感のある第一印象を作っていきましょう。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • F00b1a0d 54b9 4a11 bc33 a2df0fc049a7

本記事は、2015年03月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る