生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ガールズ必見!スマホでおしゃれ写真を撮るテク&アプリ

ガールズ必見!スマホでおしゃれ写真を撮るテク&アプリ

2015年03月16日作成

 views

スマートフォンのカメラは、最近では解像度が1,000万画素を超える製品が当たり前のように販売されており、コンパクトカメラと比べても遜色のない性能になりました。そのため、旅行やビジネスシーンでわざわざカメラを持ち出さず、スマホで済ませてしまうという人も増えているのではないでしょうか。

しかし、いくらスペックが向上しても、「もっとキレイに撮れたら……」という悩みを抱えている方も多いのでは?特に、自撮りがブームの今、かわいくておしゃれな写真撮影を追求したい!というのは女性の悩みですよね。

そこで今回は、フォトプロデューサーの市岡麻美先生に、スマートフォンでのおしゃれな写真の撮り方&おすすめアプリについてご紹介いただきました!

目次

美味しくかわいくスイーツを撮ろう!

魅力的な女性のSNSを覗くと、センス高めなかわいい写真が並んでいるものです。自分はセンスとは無縁だから......と諦めるなんてもったいない!市岡麻美先生に、スマートフォンでかわいい写真を撮れるようになるスマホ写真テクを教えていただきました。

オープンしたばかりの広尾のカフェでパイを撮影

ふらっと立ち寄ったカフェで、何気なくスマートフォンで撮ったスイーツが美味しそうに撮れていると嬉しいですよね。でも、そんな偶然は、毎回運良く起きてはくれません。広尾駅近くの焼きたてパイ専門店「Little Pie Factory(リトル・パイ・ファクトリー)」で、いつでも美味しそうな、かわいい写真が撮れる撮影テクを市岡先生から教わります。

店内の工房で毎日手作りされるパイは、デザート系から食事系まで豊富なラインナップが勢ぞろい。手のひらサイズなので全種類食べたいという気持ちを押さえながら、看板メニューのアップルパイとミートパイの2種類で撮影実践。

店内でのイートインも可能ですが、太陽光が多く入る場所で撮影したほうが、スマートフォンでも簡単に雰囲気のある写真が撮れるので、今回はテラス席で撮影。11月にオープンしたばかりなのに、連日夕方には売り切れてしまうほどの人気店なので、気になるパイがあるなら早めの時間帯が狙い目です。具体的な撮影テクは市岡先生のお手本で解説。

撮影してみよう!

まずは市岡先生の写真。撮影を始める前に、写真の「主役」と「脇役」を決めましょう。写真にはパイが2つ、マグカップが2つ写っていますが、今回はパイを主役に、マグカップを脇役に。パイの邪魔にならないよう、マグカップはパイの後ろへ。最後に主役のパイを画面上でタッチしてピントを合わせて撮影開始......と言いたいところですが、さらにかわいく撮るためのポイントをご紹介。

【Point1】

トレーを外してテーブルの上に直接、パイとマグカップを置きます。写り込むアイテム数をなるべく減らすのは、主役のパイを引き立たせるためだそう。

【Point2】

テーブル上でのポジションも大切。パイをテーブルの端によせ、背後に写り込むもの(今回はテラス席のほかのテーブル)をなくすことで、背景を簡単にぼかすことができるのだとか。これは店内でも応用できるのでぜひ試してみて。

【Point3】

腰をずらして背を低くして撮るのもポイントと市岡先生。パイと"目線"の高さを合わせることで写真に奥行きが出て、さらにパイが引き立つように見えませんか?

【Point4】

テイクアウトしてお家で撮影するときは、ナイフやフォークをセットして、真上から撮ってみるのも○。

撮影にご協力いただいたのはこちら

Little Pie Factory(リトル・パイ・ファクトリー)

アップルパイやダークチェリーなどのスイーツ系からミートパイ、ターキーなどお食事系、それに季節限定品まで、10種類以上のパイをいただけるLittle Pie Factory。店内でパイを焼き上げているので、幸せな香りが漂っています。店内にはこだわりのディスプレイも。今回はテラスの角席で撮影しましたが、ブランケットが常備されているは、寒い季節には嬉しい心遣い。

  • 東京都港区南麻布5-16-6 コウセイ広尾ビル1F
  • 営業時間:9時〜18時(売切次第終了)
  • 電話:03-5791-3075
  • Facebook

カフェの雰囲気もよく伝わる写真を撮ろう!

店内のあらゆるところがかわいい!と、カフェで何枚も写真を撮ってはみたものの、どれもイマイチ雰囲気が伝わらない......ってことありますよね。かわいいものが多すぎると、どこで何をどう撮ればいいのか分からなくなってしまうものです。

自由が丘の住宅街にひっそりと佇む、鮮やかな日本庭園が印象的な古民家カフェ「古桑庵(こそうあん)」で、スイーツも自分もお店の雰囲気も、ぜんぶ一枚の写真にかわいく収める撮影テクを市岡先生から教わります。

お座敷から日本庭園を眺められる贅沢な空間で楽しめる和スイーツは、抹茶やぜんざいなど、気分をさらに盛り上げてくれるものばかり。寒い季節にオススメの温かい抹茶(和菓子付き)とレギュラーコーヒー(洋菓子付き)を注文して撮影実践。

鮮やかな色は写真のポイントになるため、今回は紅葉と緑で彩られた日本庭園が一望できる窓際の席をお願いしました。特に人気の高い席なので、開店直後の11時から2時までが狙い目です。では早速、市岡先生のお手本写真を見てみましょう。

撮影してみよう!

まず市岡先生が教えてくれたのは、2人以上で撮るなら、座る位置に気をつけること。向かい合って座ると、写真の真ん中に大きくテーブルが写ってしまって、せっかくの店内の雰囲気が伝わりづらくなるので、横に並んで撮りましょう。場所に合わせたポーズも大切。落ち着いた和の雰囲気の場所なら、ピースなどをせずに、大人っぽく、しれっと写ってみるのもいいですよ。

庭や縁側、窓際のように太陽光が多く入る場所を背景にすると、屋内にいる自分たちの顔が暗くなってしまいがちです。誰だか分からない写真にならないよう、まず画面上で顔にタッチし、ピントと明るさを顔に合わせて撮影開始......の前に、さらにかわいく撮るためのポイントをご紹介。

【Point1】

撮影するときは、なるべく目線の高さを写る人に近づけましょう。立って撮影すると、人とテーブルしか写っていない、残念な写真に。

【Point2】

人物(枠で囲った部分)は、画面の左右、どちらか一方によせると○。空けたスペースにインテリアや庭などの風景を大きく入れることで、雰囲気が伝わりやすくなります。

【Point3】

スイーツと風景だけを撮りたいときは、スイーツをテーブルのはしに寄せましょう。写り込むテーブルの面積を少なくすることで、スイーツと風景がさらに引き立ちます。文字を入れて加工すると、また違った印象に。

撮影にご協力いただいたのはこちら

古桑庵(こそうあん)

1999年にオープンした古桑庵は、人形作家である現オーナーの母上が、作品を展示するために開業したのだそう。カフェの横にはギャラリーが併設され、今でもさまざまな展示会が開催されています。店内は、都会にいることを忘れてしまうほど、ゆったりとした時間が流れているので、1人で読書をしたり、ゆっくり過ごしたいときにもオススメ。

  • 東京都目黒区自由が丘1-24-23
  • 営業時間:11時〜18時30分(水曜定休)
  • 電話:03-3718-4203
  • 公式HP

女子必携!スマホに入れておくべき画像加工アプリ

新しいアプリが出るたびに、毎回試してお気に入りを見つけています! なんて人は少ないはず。とりあえず手持ちのアプリで事足りるから......と、新しいアプリを試す機会もどんどん減ってはいませんか?

2015年は心機一転、アプリを使いこなせる素敵女子を目指すため、市岡先生に本当に使えるアプリを厳選してもらいました。美肌、フィルター、デコの3部門別に優秀アプリを勝手に表彰しちゃいます。

美肌で賞(BeautyPlus)

  • 美肌補正 before

  • 美肌補正 after

  • 足長補正 before

  • 足長補正 after

「これ1つで美肌を手に入れられる」と市岡先生が一押しする美肌アプリは「BeautyPlus」。美肌アプリでは珍しく、微妙な美肌レベルの調整ができるのが特徴。「加工しました」感が全面に出た不自然な写真ではなく、自然な美肌を手に入れられるのはうれしいですよね。

美白やクマ消し、デカ目など、細かい補正もできるほか、足長補正という驚きの機能も。プリクラ並に盛れる神アプリだと、世界各国で注目を集めているだけあって、どんどんかわいく盛れちゃいます。理想の自分をとことん追求するのも、アリです。

フィルターがおしゃれで賞(Rookie)

  • Rookieのフィルター例 オリーブ

  • Rookieのフィルター例 クラシック

  • Rookieのフィルター例 ベビースキン

InstagramやLINEなど、フィルターが優秀なSNSもありますが、いろんなフィルター機能を思いっきり楽しみたいなら専用アプリです。「『Rookie』のフィルターは全部で100種類以上もあり、色味がとにかくかっこいい!」と興奮気味に語る市岡先生。まずは10種類のフィルターイメージ(カテゴリー)からお気に入りのイメージを選びます。

10種類のうち4種類は無料で使えるので、初めての人は無料イメージから試してみては。各イメージごとに、10種類ほどのフィルターがあるため、お気に入りの色味が必ず見つかるはずです。濃度も調整できるので、作り込み過ぎない自然な加工が楽しめます。

  • B612

「自撮りをもっとかわいく、キレイに」をコンセプトにした「B612」は、不要な機能を削ぎ落としたシンプルな自撮り専用本格カメラアプリ。ふんわりとした雰囲気のものから、シャープな印象まで43種類のフィルターが使えます。操作方法はかなりシンプルで、写真を撮影するときに画面をスワイプするだけで、フィルターをランダムに変更できます。後からフィルターを探して加工する手間も要りません。

気分に合ったフィルターが出てくるまで片手で画面をスワイプ。好きなフィルターがあればそのままパシャリ。シンプルでもこだわった写真が撮れるので、新しいアプリの中では市岡先生一押しだそう。

デコがかわいいで賞

  • InstaMag

「オシャレ女子は、デコる=盛るのではなく、スタイリッシュでシンプルなレイアウトを使ってほしい」と願う市岡先生がオススメするアプリは「InstaMag」。すでに愛用している女子も多いはず。写真を選ぶだけでアメコミや雑誌のようなレイアウトが作れるコラージュアプリです。

レイアウトも縦型、横型、正方形から選べるので、用途に合わせて使い分けられるのもうれしいポイント。シンプルなレイアウトなので、お気に入りスタンプをポイントで使うのもオススメですよ。もちろん沢山スタンプを使うのはNG。あくまでもシンプルでナチュラルなデコ写真が鉄則です。

  • PosterLabs

InstaMagのデザインやレイアウトは制覇した!という女子にオススメしたいのが「PosterLabs」。誰もがポスターデザイナーになれるというコンセプトのコラージュアプリです。ポートレート、食品、景色など、写真によって使い分けられるレイアウトが数百種類と、ほかのアプリに比べるとかなり豊富なラインナップ。

専門家がデザインしたテンプレートだからこそ、ポスターのような、雑誌の1ページのような、本格的なデザインができちゃいます。レイアウトのデザインがしっかりしているため、スタンプを使わなくても満足な仕上がりになるのも市岡先生オススメのポイントです。

  • papelook

デコ部門最後は、市岡先生自身もプロデュースに携わるコラージュアプリ「papelook」。フリーハンドで画面をなぞるだけで写真を切り抜けるなど、本格的なコラージュ機能が楽しめます。コンビニなどで簡単に印刷もできるので、コラージュ写真で本格的なスクラップブックを作るのも夢ではありません。

「無料で使えるスタンプの種類は、ほかのアプリに比べるとダントツです!」と豪語する市岡先生の言う通り、ママユーザーにも嬉しいキッズ向けのスタンプや、文字スタンプの種類は豊富すぎて目移りしてしまうほど。お気に入りのフォントがあればダウンロードもできるので、スタンプ加工にとことんこだわりたい人はぜひお試しあれ。

市岡麻美先生についてもっと詳しく知りたい人はこちらをチェック

市岡麻美先生について

モデルの経験を生かし、「女性が楽しめるかわいい写真活動」をテーマに研究・活動。写真コラージュアプリ「papelook」や、10代女子向けフリーペーパー「I am ME」など、ガールズフォトを切り口にプロデュースを行っている。

身軽に楽しい写真撮影!

ここでご紹介したテクニックやアプリを使えば、カメラを持ち歩かなくてもきれいな写真が撮れます。「SNSでスイーツやおしゃれスポットの写真を載せたい!」という人も多いので、これはかなり使えそうです。

日常から旅先での撮影まで、幅広いシーンで役立ててみてくださいね!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • Acfc1d00 3bdb 42fb 9b9f 48d4baf038f9
  • B1fba053 9d73 4071 a311 2718b6bca07d
  • 84a27930 a2ca 4c65 8134 ffbf210171dd
  • 1fb19d84 7f23 414c 83b9 68a840a8885d
  • 42d99f8d 6835 4bca 9004 f574458a0f87
  • 2fbf582e 5593 4634 8220 56bdef21f7b6
  • 08f47328 1535 4a3a a1fe 9a963c63787d
  • 76aa3314 9bfe 4854 8f17 e489e26517b7
  • B518b231 6397 4ca9 8a33 3d55d6fa0076
  • 1d55fd8d ee83 47d8 bf98 683e505e5d6d
  • 91248069 d114 44d5 9296 0a2f8cce9bd8
  • 9bd23940 66dc 4545 bd1c e33b57f16ced
  • 74e34e7d de5f 47b2 a6d9 2c51da753728
  • 41c0adcc f387 45d4 b19c 1c4e2dbc82b8
  • Be3839e2 d1b3 4712 8fa0 9e3dbfaeaa62
  • 6d851085 1b17 4fb6 baa5 4b3eb02b5f26
  • 9debb8c7 69a8 48de a706 ca9e9b9f4912
  • B185e0c7 d3b8 4d02 ab80 60172cff8727
  • 731f8d53 2d65 408b 9b3a 166e57c84d97
  • Bef888d8 a714 4d7e a9f6 bf8d6b827b49
  • 5412724a 28a7 46f7 833f 70a4b95ce5fa

本記事は、2015年03月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る