生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 〇〇男子という表現が心底イケていない理由を調べてみた

〇〇男子という表現が心底イケていない理由を調べてみた

2015年03月10日作成

 views

お気に入り

肉食系男子・草食系男子を皮切りに、様々な〇〇男子が生み出されてきました。たしかに、「大人しくて恋愛に消極的な」男の子はたくさんいますが、それを「草食系」と称するのはいかがなのでしょうか?いくら草食系でも、「大人しくて恋愛に消極的な」野生動物は絶滅してしまうと思いませんか?

なんだかいまいちしっくりこない〇〇男子というネーミング。「そういえば、〇〇男子の〇〇ってどういうものだっけ?」と調べてみると、そのネーミングのおかしさが浮き彫りになってきました。

そこで今回は、巷にあふれる〇〇男子は本当はこんな男子なんだ!ということを暴いていきたいと思います。

目次

草食系男子の正しい姿とは

〇〇男子界の風雲児。草食系男子という言葉を知らない人はいない、というほどに高い知名度を誇る男性像です。俗に言う「男らしさ」から一歩引いた新しい人種として認知されていますが、本当の草食動物の生態を調べてみると、おやおやと思うことがあります。

一般的な草食系男子の特徴

  • 甘い食べ物が好き
  • お酒も甘いカクテルが好きで、あまり量は飲まない
  • 細身・メガネ
  • 基本的にお洒落
  • 性欲はないので、女性とは添い寝がデフォルト

これが全てではありませんが、一般的な男性像である「ご飯やお酒は豪快に嗜む・アウトドア系・性欲の塊」というイメージの正反対をいっているようですね。

実際の草食動物の特徴

  • 牛は1日50キロの青草を食べる。(虎で20キロ)
  • 縄張り意識が強くて、よく戦いになる
  • ウサギは基本的に動くものなら何でも発情する

もちろん、草食動物というのは星の数ほどいますが、ある一面を見ると「ご飯をいっぱい食べる・力持ち・性欲の塊」が草食動物と言うこともできそうです。

本当の草食系男子

つまり、リアル草食動物から考える草食系男子の真の姿とは、力持ちでいっぱい食べる、困ったときに頼れる男らしい男性。周りに目立たないように地味な格好をしているけれど、縄張り意識(独占欲)や仲間思いな一面もあり、基本的に性欲は旺盛……ということになります。

結論:めっちゃ男らしい。

そもそも、野生動物に「大人しさ」や「消極性」を求めることがナンセンスです。一度、サバンナで彼らのたくましさをその目に焼き付けてくる必要があるでしょう。

肉食系男子の正しい姿とは

草食系男子と並んで有名なのが、肉食系男子。肉食系男子こそが、昔からの男性像に当てはまる「男らしい」男性と認識されています。もちろん賛否両論はありますが、ぐいぐいリードしてくれる男性が好きな女性には根強い人気があります。

けれど、草食系男子と対比する形で現れた肉食系男子も、肉食動物の実際の姿と比較してみると、雑な男性像と言えそうです。

一般的な肉食系男子の特徴

  • 男らしい
  • 基本的に浮気性でチャラチャラしている
  • 決断力があり、迷わない
  • 性欲が旺盛

男らしいという特徴は、「いっぱい食べる・お酒を豪快に飲む・アウトドア系」などだと考えられます。また、即決即断、性欲旺盛という男らしさも特徴です。

実際の肉食動物の特徴

  • ライオンは7~15キロの肉を食べる
  • ライオンのオスは一日中寝ており、メスが狩りなどを行う。
  • ただし、オスがたくさん肉を食べる
  • 狩りの成功率は30%程度
  • 群れを作る場合は一頭のオスと多くのメスという構成
  • 基本的に繁殖期がある

もちろん、たくさんの肉を食べますが、草食動物と比べると少なく見えます。そして、肉食獣の王様ライオンに限っていうのなら、女性をリードするどころか、完全にヒモです。しかも、亭主関白です。

本当の肉食系男子

ヒモ、その上亭主関白。スイッチが入ると性欲も旺盛になりますが、基本的には寝て過ごします。男といるより、女性に囲まれている方が好きで友達を大切にするタイプではなさそうです。

結論:めっちゃヒモ。

あたかもあるべき男性像として、もっとも世の女性が嫌がりそうな男性像を浸透させた罪は重いですよ。

ロールキャベツ系男子の正しい認識

ロールキャベツ系男子として有名なのは俳優の向井理さんです。見た目は優しい草食系、しかし一皮むくと男らしい肉食系……と、両方の良さを兼ね備えたハイスペック男子の代名詞とも言えるのが、ロールキャベツ系男子です。

一般的なロールキャベツ系男子の特徴

  • 見た目は優しそうな草食系
  • 中身はしっかり女性をリードしてくれる肉食系
  • 感情表現も淡々としている
  • 悲しいことがあっても人に当たらない
  • カーディガンなどのきれいな服装を好む

草食系の良さと肉食系の良さを併せ持つのに、女性から積極的なアプローチを受けると逃げていってしまうという一面もあるようです。ただでさえ希少種なのに、その上攻略まで難しいとなると、価値がうなぎのぼりに上昇しますね。

実際のロールキャベツの特徴

  • 外はキャベツだから植物で、草食動物ではない
  • 中身はひき肉だから、厳密に言えば草食動物
  • キャベツを押さえつけている紐に最近はパパイヤが使われているから植物

ロールキャベツの材料には、実は植物と草食動物しか関わっていません。キャベツは植物ですし、肉も元を正せば牛か豚なので草食動物です。まさに、草食動物に餌をやっているような状態です。

本当のロールキャベツ系男子

草食系男子かな~と思って付き合ってみたら、やっぱり草食系男子だった!というのが、ロールキャベツ系男子ということになるでしょう。待てど暮らせど奥手なままです。

結論:暴けど暴けど草食系男子。

そもそも、「草食系と見せかけて肉食系!」と言いたいのに、食べ物の名前でネーミングするあたり、疑問を禁じえませんね。

断食系男子の正しい認識

草食系男子・肉食系男子のイメージは、程度の差こそあれ、女性のことが好きというのは変わりませんでした。けれど、最近は女性と一緒にいることを苦痛にすら感じる男性も現れているようです。それが断食系男子です。

一般的な断食系男子の特徴

  • 女子と遊ぶよりも、男同士で遊んでいるほうが楽しい
  • 自分1人で楽しめる趣味がある
  • 女子が嫌いなんじゃなくて、恋愛に興味がない
  • そもそも、体の関係を持つことに抵抗感がある

女性といるよりも男性と一緒にいるほうがいい、または一人で趣味に没頭しているほうが楽しいという男性ですね。これくらいなら草食系男子にも当てはまりそうですが、断食系男子を特徴付けているのは、恋愛に興味がない・体の関係を持ちたくないという強い思いのようです。

実際の断食の特徴

  • 一定の期間で行われるもの
  • 宗教的な儀式
  • 水は飲む
  • 断食の意味は宗教によって異なるが、強い精神修養の意味もある

断食というのは、あくまで一定期間に行われるものです。煩悩を克服する、精神を鍛えるといった目的のために行われます。そう考えると、「絶っている」というよりも、「控えている」という方が意味合いとしては近いように思われます。

本当の断食系男子

断食は強い目的意識を持って行われます。つまり断食系男子というのは、高い意識を持ってあえて恋愛から遠ざかっている男性でしょう。

結論:恋愛に興味がないのではなく、そういう時期ではない。

断食というのはそもそも宗教的な儀式などを目的に行われているのに、俗世的なものと結びつけてしまうのは品がないですね。

ユニコーン男子の正しい認識

〇〇男子の最高峰です。ハイスペックすぎて、ユニコーンのように実際には存在しないとされているのがユニコーン男子。女性の夢と希望が詰まった男性像です。

一般的なユニコーン男子の特徴

  • 高学歴
  • 高収入
  • 上流階級
  • 絶世の美男子

ハイスペックすぎて、「花より男子」の花沢類ならギリギリなんとかなるかもしれないというレベルですね。こんな男性はいるんでしょうか?そもそも上流階級というのは現代の日本では天皇家しかありえないのではないでしょうか?

実際のユニコーンの特徴

  • 力強く勇敢で、象であろうとも恐れず立ち向かう
  • とても強いが、そのぶん傲慢
  • 手懐けることができず、捕まえると自殺してしまう

神話上の生き物であるユニコーンは、実は穏やかさの欠片もないような荒々しい性格です。ノアの方舟に乗せられた際には、他の動物を角で突き殺して回っていったために海に投げ捨てられ、そのせいで絶滅したのだとか。

本当のユニコーン男子

勇敢でとても強いが、それゆえに傲慢で、天使にも悪魔にもなる激しい二面性があります。また、下手に束縛しようものなら暴れ狂います。極端なギャップに惹かれる女性もいるかもしれませんが、彼氏にしようと捕まえたら自殺してしまいます。

結論:こんな男いないし、いても困る。

ここまで凶暴なユニコーンの実態を隠していたのはすでに隠蔽工作のレベルです。

ありのままのあなたで!

インターネットの片隅では、まだ見ぬ〇〇系男子たちが量産されています。ネットの闇に埋もれながら、日の目を浴びる機会を虎視眈々と狙っているのです。

しかし、そんな〇〇系男子の実態はいかがなものでしょう。決してイメージするものと同じとは限らない、ということがよくおわかりいただけたのではないでしょうか。ネット上の「〇〇男子」という甘い言葉にまどわされず、相手の本質をしっかり捉えられるようになりたいですね!

(image by amanaimages1 2 3 4

この記事で使われている画像一覧

  • F3a333ad c9ec 4329 aaf4 04ad735b4da0
  • 7a00386b bde3 408b b69e 672949b39b85
  • 89c805c2 85f0 4dd1 b16c f87a6f638e7b
  • 102f6425 f4bc 4c76 9813 f45a5cfc9c5a

本記事は、2015年03月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る