生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 春の味をいただく!「アスパラのボンゴレ」の作り方

春の味をいただく!「アスパラのボンゴレ」の作り方

2015年03月06日作成

 views

アスパラはこれから旬の季節を迎え、とても美味しくなります。同じ季節に旬を迎えるアサリと合わせて「アスパラのボンゴレ」の作り方をご紹介します。

目次

材料(2人分)

  • アスパラ:4~6本
  • アサリ:1パック
  • パスタ:200g
  • 白ワイン:1/4カップ
  • にんにく:1片
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 粗挽き黒胡椒:少々
  • 塩:お湯1リットルに対して大さじ1

作り方(調理時間:15分)

STEP1:アスパラの下ごしらえ

アスパラの根元のかたい部分を切り落とし、下半分の皮をピーラーでむきます。

茎の部分を斜めにスライスして、穂先の部分と分けておきます。

STEP2:にんにくを炒める

冷たいフライパンに、みじん切りにしたにんにくとオリーブオイルを入れ、弱めの中火で加熱します。

ほんのりと色づくまで、1~2分程度炒めます。

STEP3:パスタを茹で始める

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。

茹でる時間は、袋に書いてある時間から少し短めにしましょう。例えば、1.6mmのパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分20秒くらいが目安です。

STEP4:アサリを炒める

殻をこすり合わせるようにしてアサリを洗い、水を切ってフライパンに入れます。

白ワインを入れて、フタをします。弱めの中火で1分ほど炒めます。

STEP5:アスパラの茎を炒める

アスパラの茎の部分を入れ、再びフタをして炒めます。弱めの中火のまま2分ほど炒めます。

STEP6:アスパラの穂先を炒める

アスパラの穂先を入れ、パスタの茹で汁をお玉1杯分入れます。再びフタをして、弱めの中火のまま1分ほど炒めます。

STEP7:パスタを入れてスープで煮る

パスタの茹で上がりの1分前になったら、フライパンにパスタを移します。ざっと和えて、スープで残りの1分を茹でます。

茹で時間の最後の1分はスープで茹でて、味をパスタに吸わせます。

STEP8:黒胡椒で味を調える

粗挽き黒胡椒を入れ、ざっと和えます。

STEP9:できあがり

お皿に盛りつけて、できあがりです。

作り方のコツ

穂先の部分は火が通りやすいので、先に茎の部分に火を通してから、時間差で穂先に火を通します。

おわりに

ボンゴレにはパセリを合わせることが多いですが、旬を迎えたアスパラも味がしっかりしていますから、アサリと合わせるととても美味しいです。

ぜひ、試してみてください。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20150302214059 54f45a5b3b057
  • 20150302214110 54f45a66b1f7d
  • 20150302214122 54f45a72d18ce
  • 20150302214133 54f45a7dc3302
  • 20150302214144 54f45a886434e
  • 20150302214156 54f45a946ecc6
  • 20150302214208 54f45aa08fab1
  • 20150302214219 54f45aab7446e
  • 20150302214249 54f45ac923e13
  • 20150302214300 54f45ad4458c5
  • 20150302214311 54f45adf1eb91
  • 20150302214322 54f45aea7744e
  • 20150302214335 54f45af76ef35
  • 20150302214059 54f45a5b3b057

本記事は、2015年03月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る