生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 高級クリーニング店に聞いた、ワイシャツを長持ちさせるための正しい手入れ法

高級クリーニング店に聞いた、ワイシャツを長持ちさせるための正しい手入れ法

2015年03月04日作成

 views

ビジネスや冠婚葬祭で必須なのが、ワイシャツです。デイリーユースのものとは違い「ここぞ!」というときに使用するワイシャツほど、きちんと手入れして、長持ちさせたいものですよね。

ワイシャツは、正しい手順で手入れすれば長持ちさせることができます。

そこで今回は、ワイシャツを自宅で手入れするときの正しい手順を、高級衣料クリーニング店「レジュイール」代表・古田陽祐さんに聞きました!

目次

自宅で洗えるワイシャツ、洗えないワイシャツ

自宅で洗えるワイシャツと、洗えないワイシャツがあります。洗濯を始める前に、まずは自宅で洗えるものかどうかをチェックしましょう。

洗える素材

  • 綿
  • ポリエステル

上記の素材は、基本的に自宅で洗うことができます。

洗えない素材

  • 絹(シルク)

上記の素材は洗濯表示上で「洗える」となっていても、基本的に自宅で洗うことはおすすめしません。絹素材は水に濡らすと特有の風合いが失われてしまう可能性があります。

ドライクリーニングに出すことをおすすめします。

その他

  • レーヨン
  • アセテート
  • キュプラ

これらの再生繊維や化学繊維は、織り方や配合によって自宅で洗えるもの・洗えないものがあります。不安であれば、ワイシャツの販売店もしくはクリーニング店で確認してみましょう。

ワイシャツを自宅で洗うときの正しい手順

用意するもの

  • 40~60度のお湯
  • 洗面器orたらい
  • 食器用洗剤
  • 歯ブラシ(あれば)
  • 洗濯ネット
  • 洗濯洗剤(固形・粉末・液体など)

STEP1:洗面器やたらいに40~60度のお湯をはり、ワイシャツを入れる

ワイシャツを洗濯機に入れる前に、まずは襟元と袖口の部分洗いをします。

洗面器やたらいを用意し、40~60度のお湯をはります。そこへワイシャツを入れましょう。

40~60度のお湯は、洗剤に含まれる酵素の働きを最大限に引き出してくれます。また、お湯は洗剤をワイシャツの生地へしっかり浸透させ、汚れを根こそぎ落としやすくしてくれる作用もあります。

STEP2:襟元や袖口に食器用洗剤をつける

ワイシャツの襟元や袖口に、食器用洗剤を直接つけます。

ワイシャツの汚れの多くが「汗汚れ」「皮脂汚れ」です。汗汚れは水溶性のため水洗いで落とせますが、皮脂汚れ=油性汚れのため、水洗いだけでは完璧に落とすことはできません。また、洗濯用洗剤より食器用洗剤のほうがこういった汚れを分解してくれます。

STEP3:もみ洗いするなどして、襟元・袖口の汚れを落とす

STEP2で食器用洗剤をつけた部分をもみ洗いし、しっかり汚れを落としましょう。

汚れが目立つ部分は、歯ブラシなどを使って叩くようにして洗います。ただし、強くこすると生地が傷んで毛羽立ちの原因になるため、あくまでもやさしく洗いましょう。

目に見える汚れがなくても、首や手首に一番触れている部分は洗うようにしましょう。

STEP4:ワイシャツを洗濯ネットに入れる

STEP3で部分洗いしたワイシャツを洗濯ネットに入れます。

洗濯ネットは、ワイシャツが中でよれないサイズのものを選びましょう。大きすぎるとネットの中でワイシャツが偏ってしまい、生地にダメージを与えてしまうことがあります。

STEP5:ワイシャツを洗濯機に入れる

STEP4のワイシャツを洗濯機に入れます。洗濯機のコース設定は以下のようにしましょう。

  • 「標準」設定にする(洗う時間が短縮されていないもの)
  • すすぎの回数は多くする
  • 脱水時間は短くする

時短やスピードコースは、洗濯用洗剤のすすぎ残しなどの原因になってしまうことがあるので避けましょう。

汚れの原因の1つとして「洗濯用洗剤のすすぎ残し」が挙げられます。すすぎ残された洗剤が酸化して、黄ばみの原因となってしまうことも。特に冬場はすすぎ残しが多くなるので、夏場よりすすぎの回数を多くしましょう。

また、脱水時間が長いとワイシャツにキツめのシワが入ってしまいます。これはアイロンがけで手間がかかるほか、生地を傷める原因にもなります。目安として、洗濯したワイシャツから水が滴らない程度にとどめましょう。

STEP6:洗濯用洗剤を入れ、40~60度のお湯で洗う

洗濯用洗剤を入れ、40~60度のお湯で洗いましょう。

部分洗い同様、洗剤に含まれる酵素の働きを最大限に引き出すことと、洗剤の浸透を高めるためにもお湯で洗うことをおすすめします。

洗濯用洗剤は適量を入れましょう。多すぎると、すすぎ残しの原因になります。事前に部分洗いしているので、軽く洗うイメージでOKです。また、お湯の温度は高いほど、洗剤の浸透力が高まり汚れが落ちやすくなります。
株式会社レジュイール・古田陽祐さん(以下、古田さん)「ワイシャツについた汚れを分解してくれるのが、洗濯用洗剤に含まれている『酵素』です。この酵素が活発に働いてくれる水温が40~60度です。そのため、冷たい水でいくら洗ってもそれほど作用がみられないのです」

ワイシャツを干すポイント

ワイシャツを干す上で大事なのが「引っ張ってシワを伸ばす」ことです。

干すときのこの一手間が、後々のアイロンがけを楽にします。ここでは、ワイシャツを干すポイントをご紹介します。

ポイント1:襟元、カフス、正面のボタン部分(前立て)は布目の方向にしっかり引っ張る

襟元やカフス、前立てと呼ばれるワイシャツ正面のボタン部分は固くパリっと仕上げたい部分です。この部分には芯地という、熱によって縮みやすい性質の素材が使われています。そのため、布目の方向へ引っ張って伸ばし、元の状態に戻すことが大切です。

軽く・・・ではなく、力を入れてしっかり引っ張りましょう。この部分は補強されていることもあり、多少力強く引っ張ってもよれることはありません。

古田さん「特に、機械的なクリーニング店でくり返し処理されたワイシャツは毎回熱いお湯で洗われ、芯地が縮んだ状態のまま、プレス機にかけられています。そのため、クリーニング店に何回も出しているワイシャツの場合、だいぶ縮んだ状態で固まっていることがあります」

ポイント2:縫い目・ステッチ部分は布目の方向にしっかり引張る

縫い目やステッチ部分も洗い終わった直後では縮んで固くなっています。ポイント1と同様、縫い目やステッチ部分も布目の方向へそって引っ張りましょう。

ポイント3:ワイシャツ全体は軽く叩く

ワイシャツ全体は軽く叩くなどして、細かいシワをとりましょう。

ポイント4:風通しのいい日陰に干す

直射日光を避けて、風通しのいい日陰に干しましょう。

ワイシャツのような白物衣類は、水分を含んだ状態で日光に当てると痛みや黄ばみの原因になってしまいます。できるかぎり直接日が当たらない場所に干しましょう。

水分が含まれた状態のままでアイロンを当てると、ワイシャツの生地にダメージを与えてしまいます。乾いていることを確認してから取り込みましょう。

ワイシャツをアイロンがけする方法

用意するもの

  • アイロン(スチームのパワーが強いタイプ)
  • アイロン台(脚付き舟型タイプ)
  • 霧吹き
  • アイロン用スプレー糊

アイロンは、できるかぎりスチームのパワーが強いものを選びましょう。また、アイロン台は脚付き舟型タイプがおすすめです。

古田さん「洋服は着物と違って立体的に作られています。脚付き舟型タイプのアイロン台であれば、ワイシャツを立体的に仕上げることができますよ」

STEP1:袖口のカフス部分を開き、アイロンをかける

まずは縮みやすいカフス部分にアイロンをかけます。

袖口のカフス部分を開き、裏から霧吹きとアイロンスチームをあててふやかし、布目にそって引っ張りながら伸ばしましょう。その後、さらにシワを伸ばすように、アイロンをかけます。

最後にひっくり返し、表からアイロン用スプレー糊を吹きかけ、再度アイロンをかけます。これでパリっとした仕上がりになります。

古田さん「アイロン用スプレー糊は量が多すぎると生地の風合いが変わってしまうので注意してください」

STEP2:襟部分を開き、アイロンをかける

襟の裏側から霧吹きとアイロンスチームをあててふやかし、布目にそってしっかり引っ張りましょう。襟部分が伸びたら、アイロンをかけてシワを伸ばします。続いて、アイロン用スプレー糊を吹きかけ、さらにアイロンをかけましょう。

上記が終わったらひっくり返し、折り曲げたときに外側になる部分(上襟部分)にアイロン用スプレー糊をかけ、アイロンをかけます。折り曲げたときに内側になる部分・首元に触れる部分(台襟部分)は肌に触れる部分なので、霧吹きのみで、アイロンを掛けましょう。

最後に襟を山折りにして形作り、折り目に軽くアイロンをかけます。

STEP3:袖口はボタンを留めている状態にしてからアイロンをかける

袖口は、手首あたりにあるボタン部分(剣ボロ部分)の端を合わせ、ボタンを留めたときのような状態にします。袖口の折り目になっている部分(タック部分)は折りたたみ、形をととのえておきます。

上記の形を崩さないように霧吹きをし、上からアイロンをかけます。

袖口をかけ終わったらひっくり返し、袖下の縫い目部分を起点にして袖の筒部分の形を作ります。その状態で霧吹きをかけ、袖下からアイロンをかけましょう。

線をつけるのは袖下の縫い目部分のみで、そのほかはシワを伸ばす・霧吹きの水分を乾かすイメージでかるくアイロンをかけます。終わったらさらにひっくり返し、同様にアイロンをかけましょう。

古田さん「とにかく袖口・袖ははじめにしっかり手でかたちを作っておくのがポイントです。特に袖口の剣ボロ・タック部分。最初はここの部分のかたちを作るのが一番難しいと思いますが、このポイントをきれいに仕上げれば一気に見栄えがよくなります」

STEP4:アイロン台の先端部分を使って、肩周りにアイロンをかける

肩周りはアイロン台の先端部分を使って、立体的に仕上げましょう。

まずは霧吹きをかけ、前身~肩上のライン~後肩周り(生地が二重になっている部分・ヨーク部分)へとアイロンをかけていきます。

生地が二重になっていたりステッチの縫い目がある肩周り部分(ヨーク部分)は、とても縮みやすい部分でもあります。しっかりと布目方向に引っ張りながらアイロンをかけるようにしましょう。

STEP2で仕上げた襟部分に霧吹きの水がかかると、形がくずれてしまいます。手でカバーするなどして、襟部分に霧吹きの水がかからないように注意してください。

STEP5:ワイシャツの胴部分(身頃)にアイロンをかける

最後に、ワイシャツの胴部分(身頃)にアイロンをかけます。

ポイントは、前立て部分です。この部分がピシっと決まるかどうかで、印象が変わります。

まずは前立て部分を伸ばしてシワをとります。次に、霧吹きとアイロンスチームで生地をふやかし、両手で両端を持ってしっかり引っ張りましょう。ある程度シワがとれ、形が整えられたらアイロン用スプレー糊を吹きかけ、アイロンをかけます。このとき、アイロン用スプレー糊が胴部分にかかるとパリパリになってしまうので、手でカバーしながら吹きかけましょう。

前立て部分が終わったら、続いて胴部分にアイロンをかけていきます。(左右どちらか)前部分~背中全体~(もう一方の)前部分、という流れでかけましょう。胴部分はあまり力を入れず、軽くアイロンをかけます。特にポケット部分は力を入れ過ぎると生地が偏ってしまったりシワが入ったりするので注意しましょう。

STEP6:シワを入れないように注意しながらハンガーにかけて、完了

ワイシャツなど、生地にはアイロンなどをかけ終わった後に、冷える過程の中で形が定着する性質があります。そのため、アイロンをかけ終わったら、シワが入らないように注意しながらハンガーにかけましょう。

古田さん「しっかりとアイロンをかけておけば、その後に軽いシワがついても簡単にとることができます。当日、ちょっとシワが気になるようであれば、ハンガーにかけたまま、アイロンのスチームを軽くかけて引っ張ってみてください。キレイに戻ると思います」

ワイシャツの「買い替えどき」ポイント

どんなに丁寧に手入れをしていても、劣化を避けることはできません。以下の部分に変化が出始めたら、それはワイシャツの「買い替えどき」です。

  • 襟元
  • 袖元

襟元は最も汚れやすく、部分洗いすることも多いため、劣化しやすい部分です。折り目となっている部分が擦り切れてきたら、買い替えどきです。

袖口は襟元同様に汚れやすく、上着による摩擦が起きやすい部分でもあります。そのため、端部分が擦り切れるなどの劣化が起こります。

また、袖は洗濯時に引っ張られ、破れやすい部分です。ほつれが見られたら、買い替えどきです。

今回、お話を伺ったのはこの人!

株式会社レジュイール代表・古田陽祐さん

東京・麻布十番にある高級洋服ケア専門店。機械を使わず、1つひとつすべて手作業で仕上げるなどの独自ケアシステムを採用している。「服のお医者さん」とも呼ばれ、常連客たちから厚い信頼を集め続けている。「生地によっては専門店に任せたほうがいい場合もあります。しかし、思い入れのあるものだからこそ、自宅で手入れしたほうがより愛着がわき、長く着られるのではないかと思います」と古田さん。

(イラスト:Guu
(ライター:野口飛鳥)

この記事で使われている画像一覧

  • 0785f1ab baeb 4604 814e 6cbeb1458513 thumbnail
  • 44b90888 3116 41a1 826e 28cd4c3d339c thumbnail
  • 8587bf8c b1ee 4ed7 a3dc 5d6ba0fc3ff0 thumbnail
  • 20b04ad4 9f7a 49ac 92fc 99c9c27da350 thumbnail
  • 39aec850 b4dc 4f7c a314 01bbaf856064 thumbnail
  • 3fb26792 be37 4c38 a09e 0d3534474d9a thumbnail
  • 0d45d73f f343 4765 b84f 92bfde92a1e5 thumbnail
  • 4c02cdb6 72ba 4ea8 852c ee4644678c26 thumbnail
  • Dea2a97e a6e6 49d9 8ca4 08ff41e6eee2 thumbnail

本記事は、2015年03月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る