生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 自分のことは自分で守る!新歓コンパでお酒を断る方法まとめ

自分のことは自分で守る!新歓コンパでお酒を断る方法まとめ

2015年03月03日作成

 views

お気に入り

4月は大学へ進学し、夢に見たキャンパスライフが始まる方もいるでしょう。

そこで気になってくるのは、サークルや新歓コンパのこと。楽しいサークルに入って、充実した大学生活を送りたいと考える人は多いはずです。もちろんそれは間違っていないのですが、未成年飲酒の問題などが常につきまといます。

未成年の方はもちろん、パッチテストなどでお酒が飲めないとわかっている方にむけて、この記事では、新歓コンパでお酒を断る方法をご紹介いたします!

目次

大前提と現状

未成年者は飲酒禁止

これは誰もが知っている大前提ですね。「未成年者の飲酒」は法律で禁じられています。また、未成年者にお酒を飲ませたり、強要するのも同様に犯罪となります。

未成年者は飲酒NG!

現状

しかし、現実では未成年者の飲酒が後を絶たず、死亡事故などにつながってしまったケースが多くあります。ニュースで取り上げられているのを見た方もいるでしょう。

新歓コンパ=お酒という悪しき風習が根強く残ってしまっていることもあって、何の疑いもなく新歓コンパでお酒を出すサークルが今もあります。

ですので、大学の新歓コンパに参加したとしても、自分の体や将来を守るために、お酒の断り方を知っておきましょう。

お酒の断り方8選

事前にお酒が飲めないことを伝える

まずはこれです!言っても伝わらないと思うかもしれませんが、1人の先輩だけでなく多くの先輩に飲めないことを知っておいてもらいましょう。

空気が読めないと思われるのでは、と心配な人もいるかもしれませんが、伝え方次第で受け取られ方は変わってきます。固くなりすぎないよう、「私(僕)、体質的にお酒ダメなんです…」とちょっとトーンを落として伝えると効果的です。

ノンアルコールの飲み物でごまかす

新歓コンパが始まり、お酒が回ってくると、「どうしてもお酒飲まないの?」と勧めてくる人が出てきます。そういった状況では、相手もなかなか理解してくれないですし、断りづらいですよね。

その場合は、グラスの中の飲み物を見せて、「ちょうど飲んでました!いやーでもキツいですね…」と明るく答えると相手も気を良くして、それ以上追求されることもないはずです。

ウーロン茶やジンジャエールなど、お酒の割り材に使われやすいものを選び、「お酒入ってないじゃん!」と追求されたときは、「薄めで頼んであるんですよー!」とかわすといいでしょう」

親を使う

実家から通学している方や女性の方が使いやすい方法です。

  • 「お酒を飲んで帰ったら、親に絶対怒られちゃうので…」
  • 「私(僕)の家、そういうのかなり厳しいんです」

といったフレーズを使うと、酔った先輩たちもさすがに保護者に怒られてまで飲ませたいとは思わないので、勧めるのをやめるようです。

会話の中で一人暮らししていることを伝えてしまっている場合は、この方法が使いにくいので、自分の行動を振り返ってみましょう。

服薬中であることを伝える

こちらもよく使われる方法です。例としては、以下のような言い回しがあります。

  • 「昨日まで熱があって、今も薬を飲んでるので、すみません」
  • 「薬飲んでるんですけど、今飲んだらまずいですよね…?」

1つ目のようにビシッと言い切るのも手ですが、2つ目のようにあまりお酒に関する知識がなくて、先輩に質問する形も自然で効果的です。

お酒の味がダメだと伝える

お酒に弱い人は、アルコールの味に敏感だったりします。

お酒を勧められたら、「それさっき飲んだんですけど、ちょっと苦手な味でした…」と言ってみましょう。

コンパやお酒は楽しんでいるけれど、そのお酒の味が口に合わなかったことにしてしまえば、周りの人も「このお酒嫌いなのか」と思い、勧めてこなくなるでしょう。

お酒が勧められるのが怖いことを遠回しに伝える

新歓期間は、複数のサークル・団体の新歓コンパに参加すると思います。そこを利用し、他の新歓コンパでひどい経験をしたように振る舞えば、新入部員を獲得したいサークルの人たちは、「うちはそんなことしないよ!」とアピールするためにお酒を勧めてこなくなります。

「この前他のサークルの新歓行ったんですけど、めっちゃお酒勧められて怖かったです…」と言う際、サークルの名前が分かるとより効果的です。

具体名を出したサークルにも所属している先輩がいると、話がこじれる場合がありますので、他大学のインカレサークルなどにしておくのが無難でしょう。

翌日の予定などを伝える

翌日に重要な用事やお酒が入っているといけない予定があることを伝えましょう。これは先輩たちですら使っている方法なので、わかってくれる人が多いと思います。

  • 「明日、朝早く家出なきゃいけないので…」
  • 「明日、朝から車運転するのでごめんなさい」

など断り方はさまざまです。特に、車の運転はかなり効果的です。免許を持っている方は一度試してみてくださいね!

酔っているふりをする、もう飲めないふりをする

もうどうしようもないとき、既に飲まされてしまったときなど、後がないときに使う方法です。酔ったことがない人が酔ったふりをするのは案外難しいので、演技力が必要とされます。

コツとしては、ものすごく眠そうにしたり、話さなくなったりということが挙げられます。机に肘をついて頭を支えながら、「めちゃくちゃ眠い…もう飲めないです」というとそれっぽくなりますよ。

こんなユニークな断り方も

こちらは、サントリーが公開している適正飲酒の啓発運動で使われている画像です。

相撲の四十八手をもじって、お酒・飲み会の断り方をレクチャーしてくれています。実際に使うにはハードルが高いですが、知っている人に出会ったら使ってみると、雰囲気を悪くすることなく断ることができそうですね!

新歓コンパはサークルを見極める好機

新歓コンパ、お酒と聞くと怖い印象を抱きがちですが、主催のサークル側は新入生に楽しんでもらってサークル・団体に入ってほしいというのが目的ですので、嫌がることを強制することはめったにないと考えていいと思います。

それでも強要するようなら、それがそのサークル・団体の本質ですので、その後は距離を取るようにしましょう。流されて事故になってしまうよりはよっぽどいいと割りきって、ポジティブに新歓コンパにのぞんでみてはいかがでしょうか!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 5e57292c 1453 4605 ac65 3db478cc5cd6

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る