生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 入学祝いのお返しには何を?予算相場や選び方のポイント

入学祝いのお返しには何を?予算相場や選び方のポイント

2016年11月21日更新

 views

お気に入り

子どもが新たに学校に入学する時期、様々な人から入学祝いをもらう機会もあります。しかし、そのお返しを考えるのも簡単ではありません。

この記事では、入学祝いのお返しの予算相場や選び方のポイントについてご紹介します。

お返しを考える前に

お返しの物を考える前に大切なのは気持ちであるということを忘れないでおきましょう。そもそも、入学祝いは物でお返しをしなくても良いものです。

入学祝いを送ってくれる相手は、血縁関係のある人や子どものことをよく知る方である場合がほとんどでしょう。

その入学祝いを送る相手が考えていることは何より、入学した子どもが充実した学校生活を送ることです。そのため、お礼として返すべきは子どもからのお礼の言葉や「頑張ります」という意思表示なのです。

お返しの贈り物と一緒に子どもからのメッセージカードや入学式の写真を送るなど、気持ちを加えるひと手間があると相手も満足するお返しになるでしょう。

「内祝い」と「お返し」

「内祝い」と「お返し」は混同されがちですが、本来の意味は異なります。

本来の「内祝い」は内輪で行うお祝いのことで、「家(うち)」でめでたいことがあった際に、報告を兼ねて親族や親しい人の間で宴席を設けました。そして、来た人に感謝を込めて手土産を渡しました。

そのため本来の「内祝い」は、お祝いをいただいてもいただかなくても、家の中でめでたいことがあったら自発的に宴席を設けたり、贈り物をしたりすることを意味するのです。

それがいつしか「いただいたもののお返しではなく、あくまで内祝いとして贈っているんですよ」という名目のお返しが一般的になり、「内祝い」という名前のみが残ったのです。

このような歴史から「内祝い」はお返しの意味合いが強くなり、「内祝い」を贈ると「お返しなんていいのに」と思われてしまいます。

入学祝いのお返しの選び方

お返しの予算の相場

入学祝いのお返しの相場はいただいた物の3割〜5割程度が相場のようです。なので、現金で1万円の入学祝いをいただいた場合は3000円〜5000円のものをお返しすると良さそうです。

良いものを返そうと考え、高価なものを贈ってしまうと逆に贈った相手へのプレッシャーになってしまうので注意が必要です。

もし価格のわからないものをいただいた場合は、インターネットで価格を調べて3割〜5割の値段のものを贈るのも1つの方法です。

選び方

お返しは相場の通り、いただいたものの3割〜5割程度の金額のもので、お菓子類やギフトセットなどから、相手の好みを考えて選ぶようにしましょう。

お返しの贈り物としては、食べ物や消耗品などの「消えもの」が良しとされます。

お金や肌着、腰から下に身につけるものはマナー違反とされているので注意が必要です。

お返しの例

お菓子

お菓子は、「内祝い」として熨斗(のし)をして贈るのが一般的なお返しです。風呂敷付きというのも上品さを際立たせていていいですね。

お菓子と一緒に、子どもの写真やお礼のメッセージを贈ると心のあたたかさが伝わる贈り物になるでしょう。

消えものとしてはお菓子の他に、タオルや洗剤、調味料の詰め合わせなどが含まれます。

ギフトカード

Amazon等のネット通販や百貨店のギフトカードです。商品券は様々なものを買うことができるので、贈った物自体の好き嫌いに左右されにくい点もよいでしょう。

商品券は値段がそのままわかってしまうので、相手によっては遠慮されてしまうかもしれません。

花束に手紙を添えて

こちらはレター・ローズという、短いメッセージを花びらに入れる事ができるギフトサービスです。別に手紙を添えることもできるので、子どもが文面を考えて贈るのも良いでしょう。

このような花束の場合は「内祝い」という名目で贈ることは難しく、お礼の「お返し」という形での贈り物になります。

注意・ポイント

先述の通り、重要なのはあくまでも気持ちなので、お返しをする場合は出来る限り子どもからの言葉を伝えられるようにするのがポイントです。

物でのお返しを贈らない場合も、電話などで直接子どもからのお礼を伝えるようにしましょう。

大切なのはお礼の気持ち!

入学のお祝いは贈る側は喜んでもらいたいという気持ちで贈っているはずです。その気持ちに答えられるよう、気持ちの込められるお返しを考えてくださいね。

(image by PresenPic)

この記事で使われている画像一覧

  • 4c6ea8da a5a7 4af3 a6ee f2dfaee10391

本記事は、2016年11月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る