生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 2015年流行の予感!「ミルフィーユ」の基礎知識

2015年流行の予感!「ミルフィーユ」の基礎知識

2015年02月24日作成

 views

ミルフィーユというケーキ、オシャレですが食べにくそうで、ちょっと手を出しにくいというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。実際、きれいに食べる方法を知っている人は少ないかもしれませんね。

そんなミルフィーユですが、2015年流行ると言われています。なんとなく避けてしまうのはもったいない!おいしいだけでなく、おしゃれで見た目も楽しめるスイーツ「ミルフィーユ」、今年こそはたっぷり楽しんじゃいましょう。

ここでは、ミルフィーユの基礎知識から食べ方、おいしいお店まで、まるっとご紹介します!

目次

ミルフィーユってどんなもの?ざっくりご紹介!

ミルフィーユとは、サクサクとした食感のパイ生地とクリーム、そしてイチゴが層になったお菓子です。多くは表面に粉砂糖か、フォンダンという白いクリーム状の砂糖菓子がまぶされています。

フランスの「偉大なる古典」

ミルフィーユが初めて作られたのはフランスで、1807年、現代で言うところのミシュランにあたる「食通年間」にその名が記されています。作った人は有名な菓子職人・料理人であったアントナン・カレームだと言われてます。

ミルフィーユはフランス語で「millefeuille」。発音はミルフイユ、となります。「mille」は「千」、「feuille」は「葉」という意味で、「千枚の葉っぱ」を意味します。パイ生地が何重にも折り重なった層を見て落ち葉が重なる様子を思い起こすとは、さすがフランス人。オシャレですね。

超手間がかかる生地

ミルフィーユの特徴といえばそのパイ生地ですが、作るのにはかなり手間がかかります。小麦粉・塩・バター・水で生地のもとを作ったら、生地を折っては伸ばし、折っては伸ばしを繰り返します。

しかも折る向きや順番も決まっていて、折る向きや順番を間違えると、きれいな層ができなくなってしまいます。パティシエさんたちの苦労がしのばれますね。

2015年なんでミルフィーユが流行るの?

2015年は「15」なのでイチゴの年!そのため今年はイチゴを使ったスイーツが続々と発売されています。ミルフィーユも苺が使われているものが定番なので注目を浴びており、今年は特に人気が出るのでは、と言われています。

この流れをうけて、「ミルフィーユにしては手軽に食べられるお菓子」もいくつか発売されている模様。名店「マキシム・ド・パリ」は、「ミルフィーユキュイ」を発表しました。

マキシム・ド・パリ定番の「苺のミルフィーユ」をもっと多くの人に食べてもらいたいとの思いから、ミルフィーユを焼き菓子にして、手でも食べられるようなお菓子に仕上げているのだとか。

ミルフィーユのきれいな食べ方

切り分けた後の断層がとても美しいミルフィーユですが、それを楽しみながら食べるのはものすごく難しいですよね。普通にナイフを入れるとぼろぼろとくずれ、クリームもぺちゃんこになってしまいます。どうやって食べればいいのでしょうか。

切る前に、倒す!

切りにくい、ぺちゃんこになる……ならば、倒してしまえばいいのです。上に乗っているトッピングや巻いてあった薄いビニールをはがし、まず倒します。

横にすればケーキが安定するので、簡単に切り分けることができます。

おすすめミルフィーユ3選

ミルフィーユは日本でもかなりメジャーなスイーツですが、現在でも「本場の味」を提供してくれるお店はまだまだ少ないのではないでしょうか。今回は本場の味を楽しめる店舗とそのミルフィーユを紹介します。

マキシム・ド・パリ「苺のミルフィーユ」

  • 場所:東京都中央区銀座5-3-1 ソニービルB2F

パリの有名なレストラン「マキシム」のメニューや雰囲気を再現した「マキシム・ド・パリ」。苺のミルフィーユは名物で、つやつやしたジューシーな苺、厚みのあるパイ生地、オリジナルリキュール入りのクリームのハーモニーは、もはや三位一体とでも言うべき領域。

ロートンヌ「ミルフィーユ」

  • 場所:東京都東村山市秋津町5-13-4

カスタードクリームが濃厚でしっかりした味の、安定感のある一品です。パイ生地上部がカラメル加工してあり、少しほろ苦い大人のスイーツになっています。

ピエール・エルメ・パリ「ドゥミルフィーユ」

  • 場所:東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山1・2F

7段構造の複雑な味のミルフィーユ。茶色が濃い「プラリネ・フィユテ・ドゥ ミルフィーユ」の部分にはヘーゼルナッツがふんだんに使われ、クリームながらも香ばしい風合いに仕上がっています。

2015年はミルフィーユを押さえておこう!

古くから作られている、フランスの伝統的なお菓子、ミルフィーユ。見た目も美しいお菓子ですから、贈り物にも喜ばれるのではないかと思います。スイーツ好きな方は、2015年はミルフィーユの動向をぜひチェックしてみてくださいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • Eff02af9 edd6 4899 8c2b 28cfe7745839

本記事は、2015年02月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る