生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 便利なネット社会だからこそ!知っておきたいサジェスト汚染の怖さと対策

便利なネット社会だからこそ!知っておきたいサジェスト汚染の怖さと対策

2015年02月23日作成

 views

「サジェスト」というワードをご存知ですか??
サジェスト機能とは、グーグルの検索エンジンで検索したい語句を入れた時に、その入力候補を自動的に表示してくれる機能のことです。例えば、「冬」と入力した場合、「冬至」、「冬アニメ」、「冬ネイル」、「冬がくれた予感」といったように、自動的に検索候補が出てくる機能をサジェスト機能と言います。「オートコンプリート」と呼ばれることもあり、ネットを使う上でとても便利な機能です。

しかし最近、このサジェストの機能を逆手に取った「サジェスト汚染」が問題になっています。サジェスト汚染とは、検索サジェストによる関連語句や検索語句が何者かによって故意的に操作されることを指します。「○○会社 ブラック企業」、「○○ 鼻 整形」といったように、特定の企業や有名人について検索しようとした際、マイナスイメージにつながるワードがサジェストに出てくることがありますよね。それは、サジェスト汚染によって行われたものかもしれないのです。

そこでこの記事では、サジェスト汚染の怖さと対策についてご説明します。

目次

サジェスト汚染の怖さ

一気に広がるサジェスト汚染

サジェスト検索に出てくるキーワードやフレーズは幅広い人の目に触れるため、その個人・会社の悪いうわさや中傷がサジェストに出てきてしまうと、それらの社会的信用を著しく落としてしまします。実際に著者も経営しているサロンがありもしない誹謗中傷で莫大な被害を受けましたが、グーグルは対処せず、裁判所も味方してくれませんでした。

サジェストの順位

サジェストは以下3つの条件から順位付けがされていると考えられます。

1.検索ボリューム(どの程度そのフレーズが検索されているか)
2.検索ユーザーの位置情報
3.キーワードとフレーズの普及

1.検索ボリューム

そのキーワードやフレーズがたくさん検索されれば、検索エンジンがその語句をサジェストすべきであると判断します。但し、1台のパソコンから何度も検索してもあまり意味がありません。広い範囲で多くの人が検索をすると、少なくともその検索した地域のサジェストではかなり上位に来るとされています。

2.検索ユーザーの位置情報

ある地域で多くの人が全く同じキーワードを検索した場合、その地域の検索サジェストだけにそのキーワードが出てきたという実験結果があります。つまり、検索ユーザーの位置情報は検索サジェストに影響するということです。

3.キーワードとフレーズ言及

検索されるだけではなく、実際にそのキーワードやフレーズがWeb上で使われているかどうかも順位に影響します。ニュースや新しい話題にそのキーワードやフレーズが使用されていると、それを見た広い範囲の人がたくさん検索しはじめるためです。

サジェスト汚染による被害の実例

法は味方してくれない

サジェスト汚染によって職を失った男性がグーグルに表示中止を訴えた事例があります。あるとき男性が自分の名前を検索すると、心当たりのない誹謗中傷の語句がサジェストに並ぶようになり、その結果、職場を追われ、再就職も難しくなったといいます。

地裁では原告のその訴えは認められ、表示差止めを命じられていたのですが、高裁では逆転敗訴となりました。高裁の鈴木裁判長は「表示による男性の不利益が、表示を削除することでグーグルや他の利用者が受ける不利益を上回るとは言えない」と述べています。つまり、個人の名誉よりも企業の利益を優先したのです。

そこでおすすめしたい対策方法

サジェスト対策PRO

日々悩まされたサジェスト汚染をどうにか改善しようと考え、依頼したのがサジェスト対策を行う、「サジェスト対策PRO」でした。こちらを選んだ主な理由は

1:業界1の実績と信頼がある
2:最短1日でサジェスト汚染によるキーワードを削除してくれる
3:コストが安い

という点でした。ネガティブワードがサジェストにあるかぎり、悩みは消えません。そこで、今回は実績がたくさんあり、信頼できるサジェスト対策PROを選びました。サジェスト対策PROは、ネガティブキーワードを最短で申込みした次の日に削除してくれます。費用はどんなビックワードでも1日1,500円で、良心的な価格のおかげで、継続してネガティブキーワードを消すことができます。

初期費用は無料となっており、万が一他社より高いことがあれば、金額交渉もしてくれると聞いています。今回こちらのサジェスト対策のおかげで、ひどい誹謗中傷はなくなり、売上は回復してきました。ネット社会だからこそ、たくさん広がる前にしっかり対策すべきです。

おわりに

誹謗中傷が出始めた当初は、誰しもありもしない噂に左右されるわけないと考えるでしょう。しかし実際は周りからの信用は徐々に下がり、ブランドイメージの低下や顧客離れなど事態は悪化していく一方です。

なので大きな損害をうける前にしっかり対策することを強くオススメします。

この記事で使われている画像一覧

  • 8b63edf0 fa77 4c49 a522 7d79c58d1b66

本記事は、2015年02月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る