生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 「天下第一」の高遠桜が楽しめる高遠城址公園内スポットまとめ

「天下第一」の高遠桜が楽しめる高遠城址公園内スポットまとめ

2015年02月17日作成

 views

お気に入り

高遠桜を知っていますか?古くから「天下第一の桜」として有名な桜であり、私たちが慣れ親しんでいるソメイヨシノとは違う、少し濃い目のピンク色が鮮やかな桜です。

そんな高遠桜がモコモコ咲いている場所があるのが長野県の伊那市、その伊那市にある高遠城址公園です。春ともなれば数百本の桜がこれでもかと咲き乱れ、園内はピンク色で埋め尽くされます。

今回はそんな高遠桜がきれいに見える高遠城址公園内の名所の紹介です。

高遠桜とは?

長野県伊那市の高遠城址公園の中、またはその近くに咲く桜です。「タカトオコヒガンザクラ」という種類で、少し小ぶりで赤みのある花を咲かせます。満開時には公園全体が薄紅色に染まり、白いソメイヨシノとは一味違った桜を楽しめます。桜の樹林は県の天然記念物です。

古くから「天下第一の桜」と称されて全国的に有名で、「さくら名所100選」にも選ばれています。見頃は4月中旬、城址公園がピンクに染まる花のシーズンには、25万人以上の観光客が訪れます。

高遠さくら祭りとは?

桜が咲き誇る観桜期になると、高遠城址公園では「高遠さくら祭り」が開催されます。花を見るだけでも十分満足できるのですが、地元伝統芸能(高遠囃子巡行)、篠笛、江戸かっぽれなどイベントも満載、また売店も出るので、お花見の気分を盛り上げてくれます。夜になると桜のライトアップもあり、朝から晩まで高遠桜を堪能できます!

住所 長野県伊那市高遠町東高遠2295
高遠城址公園へのアクセス 高遠駅から徒歩約15分
入園料 一般500円/小中学生250円

ちなみに、さくら祭り期間中に伊那市内の協賛宿泊施設に泊まると、高遠城址公園の1日分の入園料が無料になるか、もしくはその他特典が受けられます。

特典については詳しくはこちら「高遠城址 泊まって観よう!!キャンペーン

高遠城址公園の桜スポット

高遠城址公園とは、長野県伊那市の高遠町にある高遠城を中心とした公園です。

明治時代、廃藩置県の折に無用の長物になった城は樹木が競売にかけられ、荒れほうだいになっていました。その有様を何とかしようと、もともと城に使えていた武士たちが馬場に咲いていた桜を城址に移植し、現在の高遠城址公園のような姿になりました。

園内には数多くの石碑や櫓など歴史的遺物があり、それらと共に桜を楽しむことでタイムスリップしたかのような思いに浸れます。

桜雲橋

かなり桜がモコモコしていてなんだこれは?という感じですが、「桜雲橋」という、その名の通り桜が雲のようにたなびいている橋です。

高遠閣

桜に埋もれているオレンジ色の屋根の建物が高遠閣です。高遠閣の中に入って外の風景を見ることもでき、そこからも桜の花びらの海のような光景を見ることができます。

法憧院曲輪

曲輪(ぐるわ)とは、城内をお堀や城壁、または自然の崖や川などで仕切った区画のことです。高遠城址の南ゲートを入ってすぐのところにあるこの曲輪では、観桜期になると散策したり、ベンチに腰をおろして桜を見たりと、多くの人でにぎわいます。

高遠美術館の桜

高遠城址公園の中には「信州高遠美術館」という美術館があります。美術館内の喫茶店には見晴らしのいい大きな窓が設置されており、斜面に咲いた数十本の桜とその先に流れる天竜川、というそれ自体ひとつの絵のような風景を楽しむことができます。

太鼓櫓

藩政時代に時を知らせるために使われていたという太鼓櫓。今は中に入って四角い窓のような部分から写真が撮ることができる、写真スポットになっているようです。

おまけ 六道の堤

高遠城址公園から少し離れたところにある堤。公園の賑わいに疲れた人が訪れる穴場だそうです。幕末に作られた農業用の巨大なため池で、晴れた風のない日には堤の水の中に桜が映り、写真家にも人気のスポットだとか。

場所 長野県伊那市美篶笠原1424
アクセス 高遠駅から徒歩約40分、自動車で約5分

桜の中で異世界感に浸ろう!

写真でわかっていただけたかと思いますが、満開になると桜意外何も見えないような、一面ピンク色になってしまいます。桜の密度がかなり高いです。別世界に来たのではないかと錯覚するほどですので、浮世のことを一瞬でも忘れたいという方にはかなりオススメです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 32ce6e26 df46 4a2e b4aa 8037b77e6404

本記事は、2015年02月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る