生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. この春は巻かれたい!3タイプのラップスカートでひとクセ&こなれ感コーデ

この春は巻かれたい!3タイプのラップスカートでひとクセ&こなれ感コーデ

2015年02月16日作成

 views

お気に入り

春ファッションのプランを立てるにあたって、「ハイウエストもミモレ丈もブームが終わって、じゃあ次はどんなスカートが流行るの?」と気になっている人も多いのでは?そんな人におすすめなのがラップスカートです!

ラップスカートはちょっぴりエッジを効かせたいとき、シンプルコーデにアクセントをつけたいときに使え、さらに今トレンドの「アメリカンテイスト」と「リラックスムード」が共存しているアイテムなのです。今季にラップスカートを扱うショップは多く、「JOURNAL STANDARD」「BEAMS」「aquagirl」などでもプッシュされています。

そこでこの記事では人気が高まってきているラップスカートを、

  • 定番のシンプルな無地タイプ
  • アクセントになる柄タイプ
  • こなれ感のある異素材系

に分けてご紹介します。「気になってたけど、情報が少なくて買おうかどうか悩んでて……」という人はぜひチェックしてみてくださいね!

目次

ラップスカートのブームには2つの理由がある

アメリカンブームに人気ショップが注目したから

CHANELの『2013/14 メティエダール コレクション』をきっかけに、ファッション業界では「ウエスタン」「ネイティブアメリカン」がテーマの、土っぽいワイルドフェミニンなスタイルが話題になっています。

そこからネイティブアメリカンの女性が愛用しているラップスカートに注目する人が増え、『MARC BY MARC JACOBS』『MM6 Maison Martin Margiela』『3.1 Phillip Lim』などの人気ブランドで扱われるようになったのです。

トレンドのリラックスムードにハマるから

シンプルな中にもひとクセあるラップスカートは、自然体だけれど玄人っぽさもある今のリラックスムードにとても合うアイテムです。さらにラップスカートは人気の「トップスをボトムにインするコーデ」にもぴったりなので、今まさにIN!なアイテムと断言できるのです。

それでは次で、さまざまなタイプのラップスカートをチェックしてみましょう。

定番のシンプルな無地タイプ

ミニマムなブラック

こんなシンプルなブラックなら、どんなコーデにも合わせやすいですね。ただのブラックのミニかと思わせておいて、実はひとクセあり!というのがラップスカートの魅力です。

春らしいアイボリー

春にはこんな明るい色もいいですね。これはラップスカート風になっていてカジュアル過ぎないので、私服としてだけではなく、オフィスカジュアルとしても楽しめそうです。

リボンベルト

シックになりがちなブラックの膝丈も、リボンベルトで大人キュートなイメージに。足元は明るめの色にすると、スタイルよく&春らしい軽やかなイメージに仕上がりそうです。

トレンチ風

ハリのある素材の、トレンチコートのようなラップスカート。Aラインで女性らしさ満点です。トップスは必ずインして、ウエストのベルトを見せるのがコーデのポイントです。

アクセントになる柄タイプ

チェックミニ

去年から人気のチェック柄。ウール素材でも寒色系のチェックなら、春先まで十分楽しめます。ラップのおかげで大人っぽいタイト寄りのシルエットになっているので、大人の女性にも合いますね。

ドレープチェック

布を裏返しにしたような、ぼんやりしたチェックがおしゃれです。布が垂れる部分が多いので、ドレープがきれいに出てコーデのアクセントに。春は素足×ソックス×シューズで决まりです。

ストライプ 

根強い人気のストライプ柄。こんなコントラストが強い色合いなら、すっきりスタイルよく見えますね。トップスは無地にして、スカートが目立つようにスタイリングするとナチュラルに。

花柄キルティング

リゾート気分をストリートに落とし込んだ、カラフルなキルティングスカート。スニーカーを合わせてラフに着こなしましょう。寒い時期はカラフルなざっくりニットを合わせても。

セットアップネイティブ

2015年大ヒットと言われているネイティブ柄。ブーティーでフェミニン、ドレスシューズでマニッシュなど、コーデしやすいのが魅力。素足でこなれた感じで履きこなすのが今の気分です。

こなれ感のあるデザイン・素材系

ベルト付き膝丈

ウエストのベルトがアクセントになっているので、タックインして見せるようにしましょう。膝丈でフェミニンな印象になりやすいので、あえてスエットなどのカジュアルなトップスを合わせてハズしても。

スエード素材

ナチュラルネイティブな雰囲気のスエードスカート。細いヒモのようなベルトがおしゃれです。トップスはシンプルにし、スカートが主役になるようにコーディネートしましょう。

デニムミモレ

珍しこんな濃い色なら、デニムでもシックな印象になりますね。トップスをコンパクトにまとめて、シルエットで遊ぶと楽しそうです。足元は引き算をして、すっきりまとめるのがポイント。

マキシ丈ホワイト

珍しいマキシ丈のラップスカート。ボタンが縦のラインを強調して、全体のシルエットをいい感じに締めていますね。サンダルだと寒い時期は、ヌードカラーのシューズを合わせるのがおすすめ。

シャツ×ラップスカートワンピ

こんな変形ラップスカートも。コーデを考えなくてもおしゃれになるので楽チンですね。小柄な人は、細めのベルトでウエストにアクセントをつけるとバランスが良くなります。

この春は巻かれたもの勝ち!

手持ちのスカートに飽きてしまった人は、ラップスカートをワードローブに加えてみては。きっと着慣れたトップスも、見違えるように変化するはずです。

春はニットやシャツをインして、大人リラックスなラップスカートコーデを満喫しましょう!

(image by 写真AC)

この記事で使われている画像一覧

  • 835ca78f 35e2 4d30 95f1 5dfbddccee56

本記事は、2015年02月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る