生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. クリームたっぷり!洋風いちご大福の作り方

クリームたっぷり!洋風いちご大福の作り方

2015年02月12日作成

 views

子供も大人も大好きなイチゴをあんこと一緒に包んだ苺大福、なんだかウキウキしちゃう組み合わせですよね。そんな苺大福を、ふわふわした洋風のスイーツにアレンジしてみました!

材料(8個分)

  • 苺・・・(大福の数だけ)ここでは8個
  • 市販のカステラ・・・適量
  • ホイップクリーム・・・適量

求肥

  • 白玉粉・・・150g
  • 砂糖・・・150g
  • サラダ油・・・小さじ1/2
  • 水・・・200cc
  • 片栗粉(打ち粉用)・・・適量

作り方(調理時間:40~60分)

STEP1:求肥を作る

レンジ対応のボウルを用意し、白玉粉と砂糖を入れます。

そこへサラダ油全部と、水を少しずつ加えながら、ホイッパーで混ぜます。

ラップをかけず、500wのレンジで3~5分加熱します。

STEP2:求肥を捏ねる

STEP1の状態を見て少し固まった状態になったらレンジから取り出します。

冷めないうちにヘラ等で力いっぱいかき混ぜるように、粘りがでるまで捏ねます。餅のように粘りが出て、ひとまとまりになったら手を止めます。

STEP3:求肥をバットにあける

大き目のバットを用意し、片栗粉を多目にしきます。

片栗粉を敷いたうえにSTEP2の求肥を全部ながしいれます。このように指を使ってバット一面に広げ冷めるのを待ちます。

STEP4:苺とカステラを切る

苺を用意し、ヘタの部分を切りおとし、キッチンペーパー等の上に置き、水けをしっかりきっておきましょう。

市販のカステラは厚さ5mm、3㎝四方に切ります。

STEP5:求肥を伸ばす

STEP3の求肥を6~7㎝四方に切り、打ち粉したまな板の上にのせ、直径10㎝位になるように伸ばす

STEP6:クリームをのせる

STEP5の上にホイップクリームを二巻ほど絞りだし、その上にイチゴをのせます。

苺を隠すように再びホイップを二巻ほど絞りだします。

カットしたカステラを乗せます。

STEP7:求肥で包む

STEP6の四方にある求肥で包みます

包み終えたらそーっと持ち上げて形を整えるように軽く握ります。

完成

完成です!

出来上がった大福はお弁当のカップ等に入れると持ちやすいのでお勧めです。

作り方のコツ・注意点

求肥を伸ばすのは結構大変ですが、打ち粉をたっぷりつけて作業するとスムーズに作業しやすいと思います。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20150203115040 54d0378092f79
  • 20150201171327 54cde0274a6d8
  • 20150201171504 54cde08883bfd
  • 20150201171540 54cde0ac20703
  • 20150201171557 54cde0bd4becf
  • 20150201171611 54cde0cbd57c8
  • 20150201171627 54cde0db5957a
  • 20150201171635 54cde0e385e41
  • 20150201171656 54cde0f8b323a
  • 20150201171711 54cde107a6048
  • 20150201171727 54cde1170b939
  • 20150201171739 54cde1231b69e
  • 20150203114801 54d036e1ba334
  • 20150203114836 54d03704aff68
  • 20150203114858 54d0371ad0c07
  • 20150203114907 54d03723daf96
  • 20150203114928 54d0373887699
  • 20150203114937 54d0374111aef
  • 20150203114945 54d03749bfddf
  • 20150201171017 54cddf69bdce7
  • 20150201170956 54cddf5425910

本記事は、2015年02月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る