生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 子供の結婚式、母親が着るべきは黒留袖?それとも洋装?

子供の結婚式、母親が着るべきは黒留袖?それとも洋装?

2015年02月08日作成

 views

お気に入り

結婚式での新郎新婦の母親の服装といえば、昔から黒留袖というのが一般的でした。ところが、最近では洋装にする人が増えています。

どうして洋装が人気なのか?

洋装のメリットは?

洋装には、

1:着付けがいらない。着崩れを気にしなくていい。
2:締めつけがないので、着ていて楽。
3:和装より若々しく見える。
4:洋風の式場と相性がいい。

などの利点があります。そうした理由で洋装が人気になっているようです。

ですが、実際に結婚式にふさわしい、新郎新婦の母親としてのファッションを知っている人は、意外と少ないのではないでしょうか?そこで次では具体的な洋服の選び方についてお話します。

母親の正礼装はアフタヌーンドレス

母親の立場としてふさわしいフォーマルファッションのマナーに即した洋装は”アフタヌーンドレス”です。

アフタヌーンドレスというのは、フォーマルファッションでいうと、女性の昼間の正礼装にあたります。肩や胸元の露出を控えたもので、長さは膝下からくるぶし丈までのものを指し、大きく分けてスーツタイプとロングタイプとの2種類があります。

スーツタイプは上下共布が条件

フォーマルドレスレンタル DS-07アフタヌーンドレス | 結婚式の母親ドレス・フォーマルドレスのレンタル|M&V for mother

上品な光沢感あるグレーのドレス。ウエストラインのオーガンジーレースとビーズがポイントです 【通常レンタル期間5泊6日】 【お届け】ご利用日の2日前 【ご返却】ご利用日の翌々日の午前中必着

www.mama-bridal.jp

スーツタイプのアフタヌーンドレスのお手本は、皇室の人たちが公務などで着るスーツです。スーツタイプの場合は、スカートとジャケットが上質な生地の上下共布でできていることが条件です。

デザインは、スリーピースやワンピースジャケット、またはワンピースのデザインでも構いません。

フォーマルの場でよく見かける、黒の長めのスカートにシルバーなどの色のジャケットというスタイルは、準礼装にあたります。上下共布でないので、正礼装よりワンランク格が下の準礼装の扱いになるのです。旦那さまの衣装が正礼装であるモーニングの場合、奥さんが準礼装だと、格が揃わなくなってしまうので気をつけてください。

ロングドレスは落ち着いた色とデザインで

フォーマルドレスレンタル L-15ブライダルマザードレス | 結婚式の母親ドレス・フォーマルドレスのレンタル|M&V for mother

細かくて特殊加工されたケミカルレースとスパンコールが全身に施されています。ウエスト部分には斜めの切り替えが入っていて、それがウエストをほっそりと見せます。当店でも人気No.1のドレス。全体的に縦長のシルエットで、気になる体形をうまくカバーしてくれる秀逸なデザインです。 【通常レンタル期間5泊6日】 【お届け】ご利用日の2日前 【ご返却】ご利用日の翌々日の午前中必着 お客様の実際の装いはコチラからご覧ください

www.mama-bridal.jp

ロングドレスタイプは、必ずしも長袖でなければいけないことはありませんが、肩や胸元を隠したスタイルがふさわしいでしょう。

ロングドレスの場合は、色はネイビー、グレー、ベージュ、ブラック、ブラウンといった控え目な色が主流ですが、最近では「お祝いの席だから。」ということでで明るい色を好む人もいます。

濃い色を選ぶ場合は、あまり寂しい印象にならないように、ビジューやスパンコール、レースなどをあしらった上品で華やかさの感じられるデザインを選びましょう。また、アクセサリーで胸元を飾るなど、明るい印象になるよう工夫してください。

式場を考慮する

式場がカジュアルなレストランスタイルだったり、ご親族だけで挙げるような場合は、スーツタイプのアフタヌーンドレスでもいいでしょう。ホテルなどの式場で来賓が来る場合は、ロングドレスが無難でおすすめです。

おわりに

結婚式では、花束贈呈などでご両親が前に出る機会が多く、参列者の注目を浴びますよね。

そうとなれば、衣装は重要。やはり「ステキなお母様ね」と言われるよう、上品でエレガントな装いをして、華やかな気分で結婚式を楽しみましょう。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • F9da7150 0723 4363 9235 42c6ac9789ed

本記事は、2015年02月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る