生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 業界激震!ソニーが格安スマホ市場に参入するワケ

業界激震!ソニーが格安スマホ市場に参入するワケ

2015年02月05日作成

 views

お気に入り

2015年1月26日、ソニーが格安スマートフォン市場への参入を検討しているというニュースが流れました。流通大手のイオンとタッグを組み、人気のソニー製品「Xperia」シリーズを格安スマホとして早ければ今年の春にも販売する予定だそうです。

すぐにでも手に入れたいところですが、そもそもなぜソニーが格安スマホ市場に参入するのか、脳内にハテナマークが浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

なんでソニーが格安スマホに?

時はさかのぼり、2014年10月31日。総務省は、2015年内にスマホのSIMフリー化を義務付ける方針であることを発表しました。

これにより、国内の携帯会社は機種によるユーザーの囲い込みができなくなり、通信費や他サービスで競争することを余儀なくされます。これまでは通信費を釣り上げることでスマホ本体の割引サービスを行っていたものができなくなることで、本体価格が定価で高額となり、機種変更の頻度が下がり本体が売れなくなると予想されます。

こうなると困るのはスマホ本体を売るメーカーです。ソニーなどのメーカーは、携帯大手3社だけでなく、格安スマホ市場にも参入することで、本体の購入機会を増やそうと考えているのです。

買うとなるといくらなの?

ソニーの提案では、

  • 端末は「Xperia」旧作で、本体価格は最新モデルの半額程度の3万円台
  • 月額料金は通信費と本体あわせ、3千円程度
  • SIMカードはソニー子会社のSo-net社

となっています。

人気ブランドの「Xperia」なら、型落ちしたものであっても十分高性能なスペックを備えています。

「Xperia」について詳しくはコチラ
ソニーモバイルコミュニケーションズ

格安スマホは中国製や韓国製が多い中、国産の、しかも人気ブランドが参入することによって、格安スマホ市場が盛り上がることは間違いないでしょう。

知っておいて損はない!

2015年は携帯業界が大きく変動する年になるかもしれません。時代に取り残されてしまわないよう、また、知らないうちに損をしてしまわないよう、こまめにニュースをチェックしたり、自分の携帯料金を確認したりしておいたほうが良さそうです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 56f61273 9089 41c0 9f0d 75ff3ad16f05

本記事は、2015年02月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る