生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 上手な部屋選びのポイント

上手な部屋選びのポイント

2012年09月19日更新

 views

お気に入り

はじめに

インターネットが発達した現代では、だれでも簡単に物件情報を手に入れる事ができます。引越しをするにあたり、膨大な数の物件から、納得できる1件を選び抜かなければなりません。

そこで今回は、部屋選びのポイントを、他の人があまり書かないような視点からご紹介します。基本的なポイントは、ググれば簡単に手に入りますしね(笑)

ポイント1: 収納面積の広さで選ぶ

部屋そのものが広くても、収納スペースが狭いと、物の置き場所に困った挙句、部屋に物が溢れかえることになり、結局せまく感じてしまいます。

ベッドやテーブル、ソファなどの大きな家具とそれ以外の物が、お互い邪魔にならないようにしなければならないため、自然と部屋のレイアウトに制約ができてしまうためです。

一方、収納スペースが広ければ、多くの物をしまっておけるため、部屋が狭くても十分な広さに感じます。家具の配置等、レイアウトの自由度が高まります。

ポイント2: 4階以上の部屋を選ぶ

蚊は、自力では3階までしか上がってこられません。4階以上の部屋を選べば、少なくとも窓から侵入される事はないため、特に夏場はストレスの原因が1つ減ります。

ただし、人にくっついて上がってくることがあり、残念ながら全く出ないわけではありません。とはいえ、蚊に刺される危険性が大幅に減るのは、うれしいところです。

ポイント3: ゴミ出しが楽な自治体を選ぶ

ゴミは毎日出るもの。自治体のサイトにゴミの分別と収集日が書かれているので、部屋選びの参考にしましょう。分別は面倒なうえ、特に夏場は、生ゴミを1日でも早く処分したいものです。

たった1駅隣へ行くだけでゴミ出しが楽になるのならば、そちらを選ぶのがよいでしょう。

おわりに

これらのポイントは、部屋選びのポイントのごく一部にすぎません。他の記事・サイトも合わせて参考にしながら、自分に合った部屋を選びましょう。

引越しは手間もお金もかかるうえに、これからの生活がかかった一大事です。部屋選び、がんばってください!

この記事で使われている画像一覧

  • 20101209210453

本記事は、2012年09月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る