生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 本業で決まる?「アルバイト」と「パート」の違いについて

本業で決まる?「アルバイト」と「パート」の違いについて

2016年05月13日更新

 views

お気に入り

普段、求人広告などで何気なく見かける「アルバイト・パート募集」という言葉。でも、よく考えてみたら「アルバイト」と「パート」の違いとは一体何なのでしょうか。

今回は、知っているようで知らない「アルバイトとパートの違い」について紹介します。

「アルバイト」と「パート」の違いについて

法律上では違いはない!

厚生労働省が発表している「パートタイム労働法Q&A」の中では、アルバイトとパートの定義について以下のように書かれています。

法律上は、「1週間の所定労働時間が通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」と定められています。通常の労働者とは、多くの場合、正社員をいいます。この条件に当てはまれば、「パートタイマー」「アルバイト」「契約社員」など、呼び方は問いません。

このように、法律上ではアルバイトとパートの違いはありません。

会社によって区別の仕方はさまざま!

アルバイト 契約期間の制限があり、会社として決められた通常の労働時間より短い時間を働く労働者で、学生など本業が別にある人
パート 契約期間の制限があり、会社として決められた通常の労働時間より短い時間を働く労働者

法律上、アルバイトとパートの違いがないことは先に説明したとおりです。そのため、アルバイトやパートの呼び方や区別の仕方は会社ごとに異なるようです。とはいえ、一般的にはアルバイトとパートの区別は上記のようになっています。

一般的には、アルバイトとパートの大きな違いとして「本業が別にあるかどうか」が挙げられます。例えば、事務所に入っているお笑い芸人であれば、本業が「お笑い」になるので、就労形態は「パート」ではなく「アルバイト」になります。

おわりに

なんとなく「学生=アルバイト」「主婦=パート」というようなイメージをもっていた方が多かったのではないでしょうか。

しかしよく調べてみると、それぞれは法律上では違いがないことや一般的にどのように区別されているかがわかりましたね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 73b5d30b 4faa 4aa2 92a3 71b183d8f395

本記事は、2016年05月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る