生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「韓国するな」とは?ネットで流行った言葉の意味と使い方

「韓国するな」とは?ネットで流行った言葉の意味と使い方

2015年02月03日作成

 views

「韓国するな」は、ガジェット通信が発表したネット流行語大賞2014にもランクインした話題のワードです。一見、とても攻撃的な表現ではありますが、一体どのような発端でこの言葉がランクインするほど話題になったのでしょうか?

この記事では、その意味と使い方をご紹介します。

「韓国するな」の意味と使い方

意味

「不正をするな」という意味です。

由来

事の発端は、2014年9月から10月にかけて韓国の仁川で開催された第17回アジア競技大会でした。この大会で行われたあらゆる試合において、韓国に肩入れした疑惑のジャッジが相次いで指摘されたのです。

日本も、バドミントン男子団体戦準々決勝で、不自然な向かい風により韓国に敗北を喫しました。空調の操作に不正があったと他国からも疑われています。

このような不正疑惑が頻発したことから「韓国するな」という流行語が生まれました。

使い方

バスケットボールの試合中に。

A「おい、今ハンドしただろ?おまえ韓国するなよ!」
B「ジャッジは何もいってませんー!」

飲み会の会計時に。

A「おい、おまえだけお金もらってないぞ。韓国するなよ!」
B「俺はもう払いましたー!」

注意点

冗談で使ったりもされる用語ではありますが、韓国の方にとってはとても不快な発言です。もちろん、韓国が好きな方も嫌な気持ちになる可能性もあります。

公の場ではあまり使わない方がいいかもしれませんね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • B7e27c1d 5f96 4223 883f 7db7500df97d

本記事は、2015年02月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る