生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 冷凍卵だからできる!「黄身が入った大きな鶏つくね」の作り方

冷凍卵だからできる!「黄身が入った大きな鶏つくね」の作り方

2015年01月30日作成

 views

お気に入り

インターネットを中心に話題となっている「冷凍卵」を知っていますか?殻ごと冷凍庫に入れて作ることができ、解凍するともっちりした黄身になります。

これを利用して作ったのが、今回ご紹介するレシピ「黄身が入った大きな鶏つくね」です。黄身を触っても崩れないので、1個分をまるごとつくねの中に入れて調理ができます。

材料(2個分)

  • 鶏ひき肉・・・200g
  • 小麦粉・・・大さじ1
  • 卵・・・1個
  • おろししょうが・・・小さじ1/2
  • おろしにんにく・・・小さじ1/2
  • 味塩こしょう・・・少々
  • しょう油・・・大さじ1程度
  • 冷凍卵(黄身)・・・2個
冷凍卵の作り方は、一手間だけで新食感!話題沸騰中の「冷凍卵」の作り方を参考にしてみてください。

作り方(調理時間:15分)

STEP1:つくねを作る

ボウルに鶏ひき肉、小麦粉、卵、おろししょうが、おろしにんにく、味塩こしょうを入れて混ぜてつくねのタネを作ります。

全体が混ざったらOKです。

STEP2:冷凍卵の黄身・白身を分ける

冷凍卵の黄身と白身を分けます。

白身は別の料理に使ってください。

STEP3:つくねを作る

STEP1のつくねのタネにSTEP2で分けた黄身を入れて、黄身入りのつくねを作ります。フライパン(今回は卵焼き用を使用)に分量外のサラダ油を入れて、加熱します。

中火で5分程度加熱します。きつね色になったら裏返します。

STEP4:裏も焼く

つくねの裏も中火で5分程度。きつね色になるくらいまで焼きます。

STEP5:しょう油の入ったボウルに入れる

つくねをしょう油の入ったボウルに入れて、タレを絡ませます。

STEP6:完成

器に盛りつけて、「黄身が入った大きな鶏つくね」が完成です!

作り方のコツ・注意点

コツは、黄身を包んだら手早くフライパンに入れることです。崩れやすいので手のひらでつくねを作ったらすぐにフライパンに入れてしまいましょう!

断面を見ると黄身が半熟卵のように、とろっとしているのがわかるはずです。こうやってつくねの中に黄身を入れることができるのも、冷凍卵のなせるワザ。鶏ひき肉に味をつけているので、外のタレはしょう油のみでもおいしくいただけます。

ぜひ参考にしてくださいね。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20150127135303 54c719af2365d
  • 20150127135328 54c719c8e7fac
  • 20150127135345 54c719d9a5073
  • 20150127135354 54c719e29ab0f
  • 20150127135405 54c719ed2f8cc
  • 20150127135416 54c719f866ed5
  • 20150127135428 54c71a04c0513
  • 20150127135445 54c71a15c1575
  • 20150127135303 54c719af2365d
  • 20150127135316 54c719bc37c93

本記事は、2015年01月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る