生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 口に水を含むだけ!簡単な集中力アップの方法

口に水を含むだけ!簡単な集中力アップの方法

2015年01月28日作成

 views

お気に入り

今回はとても簡単にできる「集中力が上がる呼吸の方法」をご紹介します。

呼吸を意識するようになると、

・体内の気や血液の循環を円滑
・脳に十分な酸素がいく
・脳が正常に働く
・ストレスがやわらぐ
・集中力がアップする

などなど、様々ないい効果をもたらしてくれます。

鼻呼吸についてのあれこれ

鼻呼吸が重要な理由

鼻呼吸のほうが、口呼吸に比べて20%も多く酸素を取り込むことができるようになっているそうです!

学習中など頭をつかっているときは特に脳の活動が活発になり、血流量が増え、温度が上昇します。上昇しすぎると脳の活動が低下してしまうので、冷やす必要があります。そこで、脳の中心の温度を下げる役割をしているのが鼻呼吸なのです。

初歩的でおすすめなのは口の中に水分を含む方法

無意識に鼻呼吸にするのは、なかなか難しいですよね。そこで今回は、おすすめなのが、口の中に水分を含みながら呼吸をすることです。そうすると、当たり前ですが必ず鼻呼吸になりますよね。

もっと高度な鼻呼吸の方法!

  • 1.右鼻をおさえながら、左鼻で息を吸う
  • 2.息を吸ったら数秒止め、左鼻をおさえて、右鼻からすべて吐き出す
  • 3.そのまま右鼻で息を吸い、数秒止め、右鼻をおさえて、左鼻からすべて吐き出す
  • 4.これを10セット繰り返す
  • 5.その後脳内に酸素がいきわたるイメージをし、両方の鼻でゆっくり息を吸い、ゆっくり吐き出す

疲労をやわらげてくれる効果も!

鼻呼吸は体調や睡眠の改善となり慢性疲労が低減することもあります。また、飽きっぽいと思われている子も、呼吸を意識するだけで変わるかもしれません。お子様と一緒に呼吸のチェックや練習をぜひしてみてください!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • Efe01d1a 5501 4d51 8165 bfddcaa2714f

本記事は、2015年01月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る