生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 若い世代は知らない!?80年代が生み出したスター「中森明菜」の軌跡

若い世代は知らない!?80年代が生み出したスター「中森明菜」の軌跡

2015年01月26日作成

 views

お気に入り

昨年末のNHK紅白歌合戦で注目を集めたアーティストの1人が、中森明菜さんです。2010年に体調不良により、多くのファンに惜しまれながら活動を休止してから、公の場で歌を披露したのは4年ぶりでした。

アイドル全盛期といわれた80年代に大ブレイクした彼女は、今もなお多くのファンから根強い人気を誇っています。2015年、中森明菜さんが復活するといわれ、テレビにかじりつきながら熱い視線を送っていたかつての若者たちが胸を高鳴らせています。

とはいえ、若い世代の人のなかには「中森明菜って名前は聞いたことあるけどよく知らない」という人も多いはず。ここでは、そんな80年代の伝説のアーティスト「中森明菜」の軌跡をさくっとご紹介します!

80年代のアイドルの奇跡!伝説の「中森明菜」とは?

中森明菜さんの誕生は、昭和の人気オーディション番組「スター誕生!」がきっかけでした。

同じオーディション番組で輩出された小泉今日子さんが友達の付き添いがてら来て合格した「天才タイプ」なら、中森明菜さんは2回落ちてもめげずに挑戦してきた「熟成タイプ」

中森明菜さんは、不合格となった1回目のオーディションで「幼すぎる」といわれた反省点を活かし、次のオーディションでは髪型を変えています。そして司会者にコメントを求められると、「まだ幼く見えますか?」と審査員に尋ねるシーンも。ひたむきな努力と聡明さが伝わってきますね!

1982年にデビュー曲「スローモーション」をリリースし、16歳で見事デビューを果たした中森明菜さん。ちょっとエッチな美新人娘(ミルキーっこ)というキャッチコピーでファーストアルバムを販売します。

そして、2枚目にリリースしたシングル「少女A」で即ヒット!アイドル全盛期といわれる時代のなか、あどけなさの残った愛らしいルックスとツヤのある大人っぽいハスキーボイスで一気に注目を集め、「山口百恵の再来!!」などと叫ばれていました。

歌唱力にも定評があり、ルックスだけのアイドルではなく歌手としても努力し、実力を培ってきた中森明菜さん。デビュー2年目である18歳のときには、自らが作曲家を指名し、曲名や振り付けも自分で考えた「北ウィング」を発表します。

そんな中森明菜さんの転機となる曲といえば、名曲「飾りじゃないのよ涙は」です。

井上陽水が楽曲提供したこの曲によって、アイドルだった中森明菜さんはがらりとイメージを変え、本格的なアーティストとしての道を歩み始めます。自らアルバムをプロデュースするなど、アーティストとしての本領を発揮。こうなるともう、彼女の勢いは誰にも止められません。

「ミ・アモーレ」「DESIRE」で、2年連続してレコード大賞を受賞。女性ソロ歌手としては史上初となる快挙でした。さらに、「TANGO NOIR」「難破船」「BLONDE」の3曲が、オリコン年間シングルでそれぞれ2位、6位、7位を記録。オリコン年間アーティストトータルセールスでは、歴代最多となる4度目のトップを獲得します。

また、音楽番組「ザ・ベストテン」では、69週もの間1位を獲得しつづけ、番組史上最多の回数を記録しました。この番組内で1位を獲得した曲は17曲にものぼり、ベストテンの女王と呼ばれました。

同世代の女性を中心に、次第に中森明菜さんのファッションも支持されるようになりました。

こちらは1986年に発売された14枚目のシングル。彼女の強い希望で着物のジャケットになったようですが、今でも色あせず、かなりおしゃれに見えますね。

こちらは1987年に発売されたシングル「難破船」。これは作曲家の加藤登紀子さんが”明菜ちゃんにしか歌わせない!"とご指名した曲でした。

シンプルなライトグレーのジャケットをまとい、黒のスカートと合わせています。ほかにも毛糸で編んだドレスやレースをあしらったドレスなど、衣裳も自分でプロデュースすることが多かったとか。アイドルにしては小さめだといわれた目を、アイラインで美しく囲んだことで、セクシーな雰囲気に見せていました。

当時の中森明菜は、歌唱力や表現力はもちろん、存在感やカリスマ性、ファッションセンスにおいてもずば抜けていたのです。

綺麗だしかっこいい、と思っていた方も多いのではないでしょうか。

そんな「伝説の中森明菜」は、1989年に当時交際していた男性アイドル・近藤真彦さんとトラブルが起こり、1年間芸能活動を休止しています。静養したのちに行った記者会見ではこんなコメントを残しています。

「みなさん生きていらっしゃる限り、ひとりひとり色んな悩みを抱えて生きていらっしゃると思います。それを一生懸命乗り越えて頑張ってる方も沢山いると思います。私も自分なりに必死に耐えましたし頑張ったつもりです。(略)テレビの向こうで来年を迎えようとしている私の大切なファンのみなさん、ごめんなさい。これからは辛いことに負けないように明るい私でいきたいなって思います」

多くのファンに愛されていた彼女の、ひとりの女性である姿が垣間見えるシーンでした。

そんな「中森明菜」がついに復活!?

復活盤CDを販売

2010年に無期限休止を宣言した中森明菜さんですが、休業中でありながらも2014年8月に発売された集大成であるアルバムの売り上げは25万枚を突破。CD不況といわれる現代の歌謡界に激震が走りました。発売当初は10万枚と読んでいたものの、予想を大きく上回った売り上げに、急遽特別編のCDを限定生産で販売したほど。

ちなみにこちらのアルバムタイトル「Rojo」はスペイン語で「赤」、サブタイトル「Tierra」は「大地」を意味しているそう。中森明菜さん自身の復帰への意欲が伺えます。

山口百恵やちあきなおみの復活盤CDが売れたこともありましたが、中森明菜の売り上げ枚数には及ばなかったそうです。

2014年「スペシャルゲスト」として紅白歌合戦に登場

そして2014年12月31日。多くの人がテレビ画面にかじりつくなか、中森明菜さんはスペシャルゲストとしてニューヨークのレコーディングスタジオから生中継で新曲を披露。見事、4年ぶりに芸能界復活を果たしました。これにはファンも大喜び!さらにマツコ・デラックスやミッツ・マングローブといったオネエ界隈の人からも歓喜の声があがりました。

Get up,Get up,Get up!!

というわけで、中森明菜の復活によって日本も再び80年代の頃の活気を取り戻していくかもしれません。過去にひたって懐かしむもよし、知らない80年代の扉を開けてびっくりするのもよし。「DESIRE」しか知らない……という方も、今年は中森明菜さんの楽曲を聞いてみませんか?

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • Ce1e9408 4626 4033 8b47 d6c0ff5dc3e6

本記事は、2015年01月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る