生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. もちもちの食感が癖になる!水漬けパスタの作り方とトマトソースパスタのレシピ

もちもちの食感が癖になる!水漬けパスタの作り方とトマトソースパスタのレシピ

2015年01月23日作成

 views

お気に入り

水に漬けておくだけで、普通のパスタが生パスタのようにモチモチになると噂の水漬けパスタ。元ネタは NHKで放映された「ためしてガッテン」だそうで、ネットでも噂になりました。

ここでは、そんな水漬けパスタの作り方と、水漬パスタを使った定番トマトパスタのレシピをご紹介します。

水漬けパスタについて

材料(2人分)

  • パスタ:180g
  • 水:パスタが漬かる程度

作り方

乾麺のパスタを1時間半から2時間くらい水に漬け、水気をきって、沸騰したお湯で1分から1分半茹でたら完成です。

メリット・デメリット

一番のメリットは、茹で時間が短くて済むことです。茹で時間が短いので、光熱費の節約になります。今回、6分程度で茹で上がる1.7mmのパスタを使用しましたが、通常では10分以上茹でる必要がある太めのパスタやショートパスタでも、十分に水に漬けることで1分もあれば茹で上がるようになります。

逆に、茹で時間は短くて済みますが、つるんとした食感は無くなってしまいます。あくまでもお好みですが、あっさりめのソースや冷製パスタには向かないと思います。

漬ける時間

持ち上げたときに、パスタが曲がる程度まで水に漬けてください。1.7mm のパスタで1時間半から2時間くらいです。

上記写真は、奥から乾麺の状態、30分、1時間、1時間半水に漬けた状態のパスタです。1時間を超えたあたりから、立てかけただけでパスタがしなるようになります。

パスタの断面です。先ほどの画像と同じように、左から、乾麺の状態、30分、1時間、1時間半水に漬けた状態のパスタです。1時間半水に漬けておいても、多少芯が残っていることが分かります。少しだけ芯が残った状態にしておかないと、食べたときの食感が悪くなってしまいます。

試しに一晩水に漬けてみたパスタです。完全に水を吸ってしまい、指で軽く触っただけで崩れてしまいます。漬け過ぎには注意しましょう。

調理まで時間が空く場合には、水から出して軽くほぐしてから冷蔵庫で保存してください。

容器

通常、売られているパスタは22~23cmくらいの長さがあります。この長さがそのまま入る容器は、意外と家庭にはないと思います。半分に折って漬けても良いのですが、短くするとフォークで巻いて食べるときに、微妙に食べづらいです。

家庭にありそうなものでは、麦茶を作るときのポットや1.5~2リットルのペットボトルなどが使いやすいと思います。

トマトソースパスタの作り方 (調理時間:約2時間)

調理時間の大部分は、パスタを水に漬けておく時間です。

材料(2人分)

  • トマト:1個
  • 玉ねぎ:1/4個
  • ソーセージ:2本
  • にんにく:1片
  • 輪切り唐辛子:少々
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 塩:お湯1リットルに対して大さじ1/2
通常のパスタよりも塩分を吸いやすいので、茹でるお湯に入れる塩は少なめにしましょう。

STEP1:パスタを水に漬ける

パスタを水に漬けます。

1.7mmのパスタで1時間半から2時間くらい漬けておきましょう。

STEP2:材料を切る

にんにくはみじん切りにします。玉ねぎとソーセージは薄切りにします。トマトは適当な大きさのざく切りにします。

STEP3:ソーセージと玉ねぎを炒める

温めたフライパンにオリーブオイルを少々ひいて、ソーセージと玉ねぎを弱めの中火で炒めます。ソーセージに焼き色がつき、玉ねぎがしんなりするまで2~3分くらい炒めましょう。

STEP4:にんにくを炒める

ソーセージと玉ねぎをフライパンのわきに寄せ、オリーブオイルを大さじ1とにんにく、輪切り唐辛子を入れて、弱火でじっくりと炒めます。

ほんのりきつね色に色づくまで、2~3分ほど火を通します。

STEP5:トマトを加熱する

トマトを入れて、中火で炒めます。

あらかたのトマトの形がなくなる程度まで1~2分くらい炒めましょう。

STEP6:パスタの水をきる

水に漬けたパスタをざるにあけ、水気を軽くきります。

STEP7:パスタを茹でる

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹でます。

お湯に入れると、白っぽかったパスタが普通の黄色っぽい色に戻ります。沸いた状態で、パスタをほぐすようにしながら1分から1分半くらい茹でましょう。

STEP8:パスタとソースを和える

茹で上がったパスタをフライパンに入れ、オリーブオイルを少々まわしかけ、茹で汁をお玉半分入れます。

中火にかけたまま、菜箸かトングで激しくかき回すようにして、パスタとソースを和えます。

STEP9:できあがり

お皿に盛り付けてできあがりです。

おわりに

生パスタと同じというわけにはいきませんが、乾麺の表面についている小麦粉が水に溶けた状態でソースをからめとり、もちっとした食感が濃いめのパスタソースに合うと思います。

本当にあっと言う間に茹で上がってしまいますので、忙しい朝やお昼などのときに便利です。是非、試してみてください。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20150121011124 54be7e2c201f4
  • 20150121011159 54be7e4f9cd08
  • 20150121011233 54be7e7186f01
  • 20150121011658 54be7f7ae1426
  • 20150121011713 54be7f89255e9
  • 20150121011732 54be7f9cc5aef
  • 20150121011751 54be7faf4f842
  • 20150121011316 54be7e9cc7619
  • 20150121011233 54be7e7186f01
  • 20150121011344 54be7eb877d20
  • 20150121011402 54be7ecac1a72
  • 20150121011419 54be7edb8ba3f
  • 20150121011431 54be7ee7e5244
  • 20150121011447 54be7ef7911aa
  • 20150121011502 54be7f0620698
  • 20150121011521 54be7f195d3b0
  • 20150121011545 54be7f31aee31
  • 20150121011600 54be7f406bec2
  • 20150121011621 54be7f55539dd
  • 20150121011638 54be7f6621d69
  • 20150121011124 54be7e2c201f4

本記事は、2015年01月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る