生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. クロネコメール便廃止!これから何を使えばいい?代替サービスまとめ

クロネコメール便廃止!これから何を使えばいい?代替サービスまとめ

2015年01月22日作成

 views

クロネコヤマトのサービスの1つであったメール便が、2015年3月31日をもって廃止されることになりました。今までメール便を頻繁に使っていた人の中で、困惑の声が上がっています。

メール便がなくなったら何を使えばいいの?そもそもなんで普通郵便じゃなくてメール便を使っていたんだっけ……?普通郵便にしたら何が困るの?

と、お悩みの方に、今回は改めてクロネコメール便の特徴と、廃止された後に使えそうな代替サービスをご紹介します。

目次

クロネコメール便って?

クロネコヤマトが提供するサービスです。

長辺34cm以内・厚さ2cm以内の縦+横+厚さの合計が60cm以内で重量1,000g以内のもの(引用:クロネコメール便

を送ることができました。全国一律で、厚さ1cmまでなら82円、厚さ2cmまでなら164円で届けてくれ、安価なサービスとして人気。この安さなのに追跡サービスもついており、安全にものを送りたいときに便利でした。

書類やちょっとした商品など、「荷物だけど宅急便にするほどではないもの」を届けるときに使っていた人も多いのではないでしょうか。

なぜ廃止になるの?

「信書」と「非信書」の区別が難しいかったためです。

簡単に言うと、「信書」とは手紙のことです。「受取人に差出人の意思や事実を通知する文書」が「信書」と呼ばれています。「信書」以外が「非信書」ということになります。

クロネコメール便では、信書を送ることができないと郵便法にて決められています。これに違反した場合は、荷物を預かった運送事業者も送った客も罰せられる、と法律で定められています。

しかし信書か否かの判断は難しく、クロネコメール便で信書を送った疑いで書類送検、もしくは警察から事情聴取されたケースが、計8件にのぼりました。

こうした事態を重く見たクロネコヤマトは、2015年3月31日をもって、クロネコメール便を廃止することにしたということです。

クロネコヤマトの新サービスは?

クロネコヤマトは、メール便の代替サービスとして

  • 1:小さな荷物を専用BOXでリーズナブルな運賃で送れる
  • 2:薄くて小さな荷物をポストに届ける

という2つのサービスの展開を発表。しかし今現在出ている情報を見ると、1のサービスは対面手渡しになり、また送料も400円台とメール便よりも割高な印象になります。

2のサービスは、メール便のようにポストに投函してくれ、値段も安くなるそうですが、個人だとクロネコヤマトと契約のあるサービスの利用者でなければ利用できないそうです。

新サービスの詳細は2015年3月に発表されるそうですが、便利さや楽さを考えて、ほかの類似サービスの利用も考えてみたほうがよさそうです。

メール便の類似サービスまとめ

メール便の代わりとして便利に使えそうな、日本郵便のサービスをご紹介します。

「クリックポスト」

最もメール便に似ているサービスだと思われるサービスです。休日の配達も可能なのがうれしいところ!ただし、Webでの申し込みや印刷、またクレジットカード決済など、メール便よりやや手軽感は薄れます。

まず「クリックポストWebサイト」にアクセスし、利用登録の申込みと、運賃決済の手続を行い、自宅等のプリンターからクリックポスト専用の宛名ラベルを印字します。

そのラベルを荷物に貼り付けたら、郵便ポスト等に差し出せば完了です。あとは宛先の郵便受箱に投かんしてくれます。信書は不可です。

「ゆうメール」

クリックポストはちょっと面倒、という方には、こちらがおすすめ。重さによって値段は変わりますが、比較的安価に小さいもの・薄いものを送ることができるサービスです。こちらも信書は送れません。

普段郵便を送るときのように宛先を書いたら、外装にわかりやすいように「ゆうメール」と書くだけで、ゆうメールとして配達してくれます。ただし、内容物確認の必要があるため、無色透明の包装紙を使う、切り込みを入れておくなど、一手間が必要になります。

速達・書留などの追加サービスもあるので、用途にあわせて幅広く利用することができますね。

詳しくはこちら!ゆうメール - 日本郵便

「郵便書簡(ミニレター)」

メール便やクリックポストに比べて、薄いものしか送ることができないというデメリットはありますが、より安価で手軽なサービスです。便箋なので、信書ももちろん送ることができます。

ミニレターは便箋です。手紙を書いて折りたたむと封筒になる仕組みで、封筒の中には物を同封することができます。厚さに決まりはありませんが、しっかり封をできる常識的なサイズのものなら大丈夫。

重さが25gを超えると定形外郵便扱いになって料金が変わるので、要注意です。

「レターパック」

専用の封筒を買っておけば、一律料金でなんでも送ることができるサービスです。こちらも、信書を送ることができます。

レターパックライトだと、360円で厚さ3cmまでしか対応していませんが、レターパックプラスなら510円で厚さは関係なく送ってくれます。なお、レターパックプラスは対面手渡し、レターパックライトは郵便受けへの投函となります。

詳しくはこちら!レターパック - 日本郵便

類似サービスの比較

サービス名 料金 厚さ サイズ 重さ 追跡 配達方法
クリックポスト 全国一律164円 3cmまで 縦34cm・横25cm以内 ~1kg 郵便受け投函
ゆうメール 重さによる※1 - 縦+横+厚さが1.7m以内 ~3kg × 郵便受け投函
ミニレター 全国一律64円 封をできる厚さ 専用封筒のサイズ ~25g × 郵便受け投函
レターパックライト 全国一律360円 3cmまで A4サイズ以内 ~4kg 郵便受け投函
レターパックプラス 全国一律510円 封をできる厚さ A4サイズ以内 ~4kg 対面手渡し

※1:ゆうメールの送料は以下の通りです。

重量 ~150g ~250g ~500g ~1kg ~2kg ~3kg
運賃(全国一律) 180円 215円 300円 350円 460円 610円

なお、配達方法が「郵便受け投函」になっているものでも、サイズが大きく郵便受けに入らないものは、対面での手渡しになることがあるようです。また、これらすべてポストへの投函、窓口での投函が可能です。

郵便を便利に使おう

今まで使っていたサービスがなくなると、ちょっと戸惑いますよね。クロネコメール便を頻繁に使っていたという方は、参考にしてみてください。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 409ff8db 29e3 4952 996b 2b6b1f8c33b9

本記事は、2015年01月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る