生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 錦織選手ってどのくらい凄いの?テニス「4大オープン」「グランドスラム」の基礎知識

錦織選手ってどのくらい凄いの?テニス「4大オープン」「グランドスラム」の基礎知識

2015年01月22日作成

 views

2014年、男子テニス界では錦織圭選手が世界中を驚かせる年となりました。大きな大会での快勝が続き、今や世界ランキング5位!メディアで連日取り上げられ、国民の期待も日に日に大きくなっていますよね。

ですが、錦織選手のニュースでよく耳にする「4大オープン」や「グランドスラム」という言葉、どういうものなのかしっかり理解できていますか?正直、どのくらいすごいことなのかあまりわかっていないという方は意外に多いのではないでしょうか。

そんな方のために、この記事では4大大会の基礎知識についてご紹介します。最低限のことを知っておき、今後さらに大注目の錦織圭選手の話題についていきましょう!

目次

4大オープンってなに?

  • 全豪オープン
  • 全仏オープン
  • ウィンブルドン選手権(全英オープン)
  • 全米オープン

4大オープンとは、国際テニス連盟が定めた上記の4大大会のことで、グランドスラムともいいます。世界最大規模であり、男女ともに開催されている世界最高峰のテニストーナメントです。

「4大オープン」=「グランドスラム」

かつてはアマチュア大会でしたが、1968年にプロ選手の出場を解禁するオープン化が実施されたことで、「〇〇オープン」という名称になりました。なお、それぞれの大会は開催地のテニス協会が主催・運営しています。

それぞれの大会の特徴は?

全豪オープン

時期 毎年1月後半
開催地 メルボルン
コート ハードコート
センターコート ロッド・レーバー・アリーナ(収容人数:約1万5千人)
「センターコート」とは、主要な試合を行うコートのことを指します。

全豪オープンは毎年1月にメルボルンで開催される、シーズン最初の大会です。4大大会の中で唯一南半球に位置し、開催期間は夏真っ盛りなので、季節が真逆のヨーロッパ選手にとってはコンディションの調整が難しい大会と言われています。

そのため全豪オープンには、「エクストリーム・ヒート・ポリシー」というルールがあります。気温が摂氏40度、もしくは湿球黒球温度(気温、湿度、風速などを加味した体感気温)で32.5度を上回る気象予報が発表された場合には、試合を延期するというものです。この独自ルールによって熱中症対策をしています。

また、会場には開閉式屋根も設置されており、大会が雨や猛暑などに左右されないようになっています。2015年に改修工事が終わるマーガレット・コート・アリーナは、以前は屋根がついていませんでしたが、改修により開閉式屋根が設置されました。

そして、全豪オープンはハードコートというコンクリートにゴム加工を施しているコートを採用しています。ボールが高く弾むことと、選手の足腰への負担が大きいことが特徴です。維持費が比較的安価であるため、近年はハードコートでの大会が増えています。

全仏オープン

時期 毎年5月末~6月初め
開催地 パリ
コート クレーコート
センターコート フィリップ・シャトリエ・コート(収容人数:約1万5千人)

全仏オープンの特徴はなんといってもそのコートです。全仏のクレーコートはアンツーカーコートとも呼ばれ、レンガを砕いて作った赤土が撒かれています。

このコートはボールがバウンド後に失速するため、高速サーブなどを得意としている選手には不向きです。また、ボールが遅くて拾いやすい分、ラリーが長く続く過酷なコートとされています。

実際、この大会では上位シード選手の早期敗退もよくあります。ローラン・ギャロス・スタジアムという会場は、そのあまりの番狂わせの多さに、「ローラン・ギャロスには魔物が住んでいる」と言われるほどです。全仏オープンは4大大会の中でも最も過酷とされている大会なのです。

ウィンブルドン選手権

時期 毎年6月末~7月初め
開催地 ロンドン
コート グラスコート
センターコート センターコート(収容人数:約1万5千人)

ウィンブルドン選手権は140年近い歴史を持つ、4大オープンの中で最も由緒ある大会です。伝統を重んじているため、練習、試合に関係なく白いウェアと靴を着用することが義務付けられています。女子の第1回大会が開催された1884年大会に優勝したモード・ワトソンが白のウエアで登場、注目を集めたことに由来するそうです。

会場になるのは全面が芝生で覆われたグラスコートで、センターコートは年間でウィンブルドンが開催中の2週間だけ使用します。4大大会会場のセンターコートにはそれぞれ名称がありますが、ウィンブルドンだけはありません。ウィンブルドンは歴史や伝統、誇りを重んじているため、ほかの大会のように人物名はつけず、「センターコート」という名称で呼ばれているのです。

コートはグラスコートで、整備するのに手間もコストもかかります。大会開催直後は綺麗に整備された状態ですが、試合が開催されるにつれだんだんと芝がはげてきてしまいます。そのためイレギュラーが目立つ、繊細なコートです。

全米オープン

時期 毎年8月末~9月初め
開催地 ニューヨーク
コート ハードコート
センターコート アーサー・アッシュ・スタジアム(収容人数:約2万3千人)

観客動員数、賞金総額ともに世界最大のテニストーナメントが、この全米オープンです。現在はハードコートですが、グラスコートとグレーコートを採用していた時期もあり、開催場所も何度か移転しているという、他の大会に比べて珍しい歴史があります。

全米オープンの最大の特徴は、ファイナルセットもタイブレーク方式を採用しているということです。ファイナルセット、つまり第5セットに6対6になったら、2ポイント差が開くまで試合が続くので、最終セットでの熱い戦いを観ることができます。

2014年、錦織圭選手が注目された最大の要因はこの全米オープンではないでしょうか。準決勝で世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手を破り、日本人として初めて決勝進出を果たしました。

グランドスラムって?

以上、4大オープンの基礎知識をご紹介しました。これらは別名グランドスラムと呼ばれますが、4つの大会全てを制覇することもグランドスラムと言います。

「キャリア・グランドスラム」と呼ばれることもあります。

歴史上、男子シングルスでキャリア・グランドスラムを達成したのは1938年のドン・バッジと1962年、1969年のロッド・レーバーの2人しかいません。

日本人では、女子の杉山愛選手がグランドスラムまであと全豪オープンを残すのみというところまでいきましたが、惜しくも決勝で敗れてしまいました。

ちなみに、ゴールデンスラムという言葉もあります。ゴールデンスラムとは、グランドスラムに加えてオリンピックの金メダルも獲得するという偉業のことです。歴史上、男子では4人しか達成しておらず、そのうちの一人は2014年の全豪オープン4回戦で錦織圭選手を下した、世界ランキング3位のラファエル・ナダル選手です。

2015年はグランドスラムに注目!

4大オープン以外にも大きな世界大会はたくさんあります。錦織圭選手は4大大会ではまだ2014年の全米オープン準優勝しか有名な記録はありませんが、他の大会では何度も優勝と準優勝を果たしています。2015年は更なる活躍に期待ですね。

色々な大会を楽しむためにも、まずは今回ご紹介した4つの大会を押さえて、今後のテニス界を見守っていきましょう!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 43c49f64 5214 4af9 bf21 96984914c83a

本記事は、2015年01月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る