生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 2015年は水素が燃料に!噂の「燃料電池車」ってどんな車?

2015年は水素が燃料に!噂の「燃料電池車」ってどんな車?

2015年01月20日作成

 views

2014年12月15日トヨタ自動車から「水素」を燃料に使った新しい自動車「燃料電池車MIRAI」が一般発売されました。2002年にはさまざまな問題があり、発売まで至らなかった燃料電池車がついに発売されたのです。

さらには、ホンダや日産でも燃料電池車の開発が進んでいるとあって、2015年には燃料電池車へ大きな関心が寄せられることになるでしょう。

そんな燃料電池車について、ここではわかりやすく説明していきます。

目次

燃料電池車とは?

燃料電池車とは「燃料電池(化学反応によって電気を取り出す装置)」を使用して走る、新しい車です。

燃料電池に使われる燃料には様々なものが考えられていますが、主に開発が進んでいるのが水素と一酸化炭素。自動車ではこの水素を使った燃料電池車が主です。

水素と酸素を化学反応させて電気を取り出し、その電気を使ってモーターを動かします。水素を燃料として走りながら電気を生み出すので、感覚としてはガソリンが水素に置き換わったと考えるといいでしょう。

燃料電池車もスタンドで水素が補給できます。

燃料電池車のメリットとデメリット

燃料電池車のいいところは?

燃料電池車は大きなメリットがあるからこそ長年研究されてきました。

  • 一酸化炭素や二酸化炭素などの有害なガスをださない
  • 発電しても騒音が出ず、走行もモーターであるためとても静か
  • 電気自動車よりも航続距離が長く、ガソリン車よりもエネルギー効率がいい
  • 充電が必要ではない
  • 燃料となる水素は様々なものから製造できるため枯渇の心配がない

このようにたくさんのメリットがあり、エコでクリーンな社会を目指すうえで燃料電子車には大きな期待が寄せられています。

燃料電池車の悪いところは?

そんなにいいなら、もう燃料電池車だけに絞れば?とも考えてしまいますが、もちろんデメリットも存在します。

  • 燃料電池そのものに高いコストがかかる
  • 水素の貯蔵や搬送にも高いコストがかかる
  • 水素を補給するためのスタンドを整備する必要がある
  • ガソリン車ほどは航続距離で及ばない

ここでは4つ上げましたが、上3つはコストの問題と言えるでしょう。燃料電池を作り出すためのコストも多く、多くのエネルギーを内臓するだけにガソリンと同様危険な物質でもあります。

また、水素スタンドの設置もネックになります。「道路の整備も途中な新興国ではコストがかかりすぎるため普及しないのでは?」という懸念もあります。

走りはどうか?

エコカーというと環境性能や燃費がいいなどの面に注目が集まりがちですが、燃料電池車は走りの部分でも革新が見られます。

燃料電池車は、車の内部機構の配置における自由度が高いのが特徴。そのため、中心でかつ低い位置に重たい機構を置くことによって車の重心バランスがよくなっています。それにより揺れの少ない快適で安定した走りを手に入れられます。

また、駆動はモーターで行われるため、加速性能にも優れています。

走行音は静か過ぎない!

燃料電池車では、モーター音以外に水素を使うためのポンプが作動。うるさく感じない程度に音で走りの気持ちも高まるものとなっているのは、車好きには嬉しいポイントです。

普及するのか?

トヨタの発売したMIRAIは、セダンタイプ4人乗りで税込み723万6000円。これではさすがに高くて売れないということで、国が補助金を出し、実際に払う金額は500万円台になるそうです。

さらに気になる水素スタンドも国が支援して数を揃えていきます。どのくらい普及していくのか見えない部分はありますが、日本を基点に世界に広がりを見せるといいですね!

終わりに

水しか出さない夢の自動車、燃料電池車がついに発売しました。

これまでにない未来を感じさせるものに心踊りますね。ハイブリット車がそれほど海外で普及を見せていないことを受けて、燃料電池者では海外の自動車メーカーと提携して開発にあたるなど、世界を見据えてしっかりと動いています。

トヨタに続いてホンダや日産もそろそろ燃料電池車の発売の兆しが見えてきました。ワクワクする未来の自動車、気になった方はお店で体験してみてはいかがでしょうか?

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • F94a6ddf d6f8 4f40 9069 0813a1d6ad16

本記事は、2015年01月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る