生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 見た目がガラッと変わる!ちらし寿司をワンランクアップさせる盛り付け方法

見た目がガラッと変わる!ちらし寿司をワンランクアップさせる盛り付け方法

2015年01月19日作成

 views

お気に入り

お祝いの席で食べられることの多いちらし寿司。特に、桃の節句のお祝いには欠かせない料理ですよね。

作り方も、酢飯を混ぜて具材を散らすだけでできるので、いたって簡単!ですが、それだけに見た目の良し悪しが出来を大きく左右する料理なんです。

今年のひな祭りは、いつもよりグレードアップした、華やかなちらし寿司を作って家族をびっくりさせてみませんか?

ここでは、ふつうのちらし寿司をいつもよりワンランクアップさせる、とっておきの盛り付け方法をご紹介します。

目次

ふつうのちらし寿司を美しく見せる盛り付け方

一般的なちらし寿司は、''「すし飯→きざみ海苔→錦糸卵→具材」''の順に盛り付けるのが、美しく盛り付けるポイント。

錦糸卵は一面に広げ、その上にエビなどの大きな具材から順番に乗せていきましょう。大きなものから乗せることで、具材同士の大体の間隔が決まり、その後の小さな具材の盛り付けがとてもやりやすくなります。

「散らす」ではなく、「配置する」感覚で具材を置いていくとうまくいきますよ。

詳しい作り方はこちら

花束のようなちらし寿司の盛り付け方

見た目の華やかさをより演出したいなら、具材の切り方を工夫して花束のように飾り付けるのがおすすめです。

卵、きゅうり、刺身といった具材を花束に見えるようにカットして盛り付けるだけ。切り方も単純で、思っているよりもずっと簡単にできますよ。

メインの刺身を中央に、きゅうりの緑を外回りに配置すると、より花束らしくなります。

詳しい作り方はこちら

お寿司ケーキの盛り付け方

初心者におすすめなのが、お寿司ケーキ。型に酢飯と具材を詰め込み、上に刺身などメインの具材を盛り付けていきます。中央にサーモンでお花を作って完成です!

1人前ならこんな盛り付けも素敵ですね!

押し寿司のようにご飯をぎゅっと押して作るのがポイント。こうすると型をはずしても崩れません。

詳しい作り方はこちら

ライン状に並べる盛り付け方

こちらは「散らす」というより「並べる」盛り付け方。ニンジン・菜の花・タケノコ・エビ・ホタテといったメインの具材をストライプ状に並べていきます。

その隙間に卵焼きやいくらを置き、さらにピンク色の甘酢しょうがを半分に折りたたんで花びらのようにして具の間に挟んでいくと、この通り。

統一感をだすために、並び順を決めておくといいかもしれません。整然とした美しさが高級感を感じさせてくれる盛り付けになります。

詳しい作り方はこちら

海鮮ちらし寿司の盛り付け方

魚介たっぷりの豪華な海鮮ちらし寿司です。盛り付けのポイントは全ての具材を1cm角程度に細かく切って散らしていくこと。

最初に刺身類をのせてから、きゅうり、卵、いくらの順に具材を散らしていくと、キレイに仕上がりますよ。最後に、余った刺身、あるいはなますでバラを作ってあげればさらに華やかになります。

詳しい作り方はこちら

デコレーション寿司の盛り付け方

この宝石箱のような盛り付け、実はおにぎり型を使ったデコレーション寿司なんです。

全ての具材をさいの目に切り、おにぎり型にバランスよく敷き詰めます。その上にすし飯を詰めて押し固め、型を抜くだけ。具材の配色がポイントですね。

カットされたケーキのようになるので、パーティーでの盛り付けには最適です。

詳しい作り方はこちら

手まり寿司の盛り付け方

小さな手まり寿司は、女の子らしくて可愛いさ満点。女の子に大人気です。

作り方もとっても簡単で、ラップに刺身を置き、その上にちらし寿司のご飯をのせてラップごと丸めてきゅっと締めるだけ。

ちらし寿司が余ったときも、これならうまく活用できそうですね。

詳しい作り方はこちら

お弁当にぴったりな盛り付け方

祝い事の日は、お弁当まで特別仕様に!外側から卵、鮭、そして中央には豪快にいくらをたっぷりのせちゃいましょう。

周りに枝豆を配置すると彩りがぐっとよくなります。

詳しい作り方はこちら

ハートと星のちらし寿司の盛り付け方

子どもに喜ばれる盛り付けNo.1!

ケーキ寿司の要領でハート型にすし飯を詰め、きゅうり、ハム、チーズ、パプリカを星型に抜いて錦糸卵と刺身の上にのせます。見てるだけでわくわくしてくる盛り付けですね。

型を抜くだけだから、不器用な方でも可愛く仕上げられます。

詳しい作り方はこちら

お内裏様とお雛様の盛り付け

ひな祭り用にもっとスペシャルな盛り付けがしたいなら、ちらし寿司のおにぎりで作るお内裏様とお雛様の飾りなんてどうでしょうか。

うずらの卵と海苔で顔を作ってあげましょう。固定するピックを冠にしたり、きゅうりを半月切りして扇にしたり、ちょっとした工夫で可愛いお人形が完成。

メインのちらし寿司の上に置いて、ひな壇のようにするのがおすすめです。

詳しい作り方はこちら

「お重に入れる」or「型に詰めて押し寿司」

ちらし寿司にもいろんな盛り付け方があっておもしろいですよね。お重に入れて盛り付けるか、型に詰めて押し寿司のようにするのが、初心者でも失敗せず盛り付けをグレードアップできる秘訣です。

やってみると案外簡単なのに、びっくるするほど見栄えがよくなりますよ。ぜひ挑戦してみてください。

(image by ゆん無料画像)

この記事で使われている画像一覧

  • 9ae90b58 5ab7 4438 b2ed e27ebdef6e78

本記事は、2015年01月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る