生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ふっくら炊ける!つやつや煮豆(黒豆)の作り方

ふっくら炊ける!つやつや煮豆(黒豆)の作り方

2015年01月13日作成

 views

お気に入り

ここでは、ふっくら炊ける「お多福豆」の作り方をご紹介します。今回は材料にもこだわって、豆は丹波の黒豆、砂糖はダイエットや体にいいテンサイ糖を使いました。

黒豆はおせち料理にもなりますよね。これはのどにもいいので風邪予防にもなります。老若男女によい、正月の健康食品です。

目次

材料(多めの分量)

  • 黒豆:600g
  • テンサイ糖:450g
  • 塩:大さじ1
  • しょうゆ:1/2カップ
  • 重曹:小さじ1
  • 水:20カップ
  • さびくぎ(10cmくらいの長さ):7本くらい
  • 布袋(くぎ用)
筆者は近所や親戚におすそ分けしていますので、分量は毎年多めにしてあります。そうでなければ分量は半分にして作ってもよいでしょう。

作り方(調理時間:丸1日炊く)

STEP1:下準備

黒豆は大粒のそろったものでよく乾燥したものを選び、ごみを除いて洗い、水気を切ります。さびくぎは洗って布でまいて縛るか、または布袋に入れておきましょう。

さびの鉄分が豆を黒くするそうなので、さびたくぎを使用します。

STEP2:なじませる

深なべに水20カップを煮立て、テンサイ糖、塩、しょうゆ、重曹、STEP1の黒豆とくぎ袋を入れます。火を止め、そのまま4~5時間以上おきましょう。一晩おいてもよいです。

なべは、厚手のシチューなべなどがよいでしょう。

STEP3:アクをとる

ねかせた後、蓋をしないで強火にかけ、沸騰したら中火に弱めます。

そのとき、上に浮くアクや泡を上記写真のように丁寧にすくい取りましょう。

STEP4:差し水をする

火を強め、煮立った中に差し水1カップをします。差し水はもう一回行いましょう。

出てくるアクや泡はこの間も丁寧にすくい取ります。

STEP5:気長に煮る

落とし蓋と鍋蓋をし、ごく弱火にします。煮汁がヒタヒタになるまで(豆の一部が煮汁から出ているくらい)、8時間以上気長に煮ましょう。8時間煮ても煮汁が多いときは、さらに煮続けます。

時間がたたないのに煮汁がなくなるのは火加減の強すぎることが多いです。煮汁が減ってきたら、湯を加えるとよいでしょう。

STEP6:しばらくおいて味を含ませる

火を止め、そのまま一昼夜おき、味を含ませます。

STEP7:完成

盛り付けて完成です。盛り付けはスプーンを使うとよいでしょう。

作り方のコツ・注意点

1日くらい煮ます。完成まで時間がかかるので、余裕をもって計画を立てましょう。

おわりに

ぜひ参考にしてください。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141231185758 54a3c8a60fb29
  • 20141230131543 54a226efc175a
  • 20141230132212 54a2287488760
  • 20141230170543 54a25cd77367e
  • 20141231094802 54a347c28e179
  • 20141231095243 54a348db06c56
  • 20141231095933 54a34a7543543
  • 20141231184543 54a3c5c75d565
  • 20150113165657 54b4cfc9745e4

本記事は、2015年01月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る