生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3. あったか・簡単・エコ!ミネストローネの作り方

あったか・簡単・エコ!ミネストローネの作り方

2015年01月13日作成

 views

寒い日が続いていますね。こんな時こそ、身体の中から温かくなるスープはいかがでしょうか?

身体を冷やさずにトマトのリコピンを摂取できるメニューとして、手軽に作れて美味しいと、家族、友人に好評です!簡単、エコ、そして美容にもいいミネストローネの作り方をご紹介します。

目次

材料(6人分)

  • トマトピューレ(カットトマト缶詰)…400mlを1缶
  • セロリ…2本(お好み)
  • タマネギ…小2個(お好み)
  • しめじ…1パック
  • ベーコン…2枚
  • クスクス…適量
  • コンソメ…2個
  • 水…600〜800ml
  • オリーブオイル…適量
  • クレイジーソルトまたは塩…適量
クスクスがなければ動物パスタなどでも構いません。大人の一品にしたいときはクスクスで、お子さんがいるご家庭にはかわいい動物パスタやアルファベットなど、使い分けるのはいかがでしょうか。

作り方(調理時間:70分)

STEP1:材料を切る

下ごしらえとして、まずは材料を以下の通り切ってください。

  • セロリは小口切り
  • たまねぎは色紙切り
  • ベーコンはぶつ切り
  • しめじはほぐしただけでもいいですが、食べやすい半分程度にカット

セロリの大きさはお好みの食感によって調整してください。筆者は煮込んでくたっとするくらいが好きなので、5ミリ程度の薄めに切っています。ベーコンもお好みで構いません。

食べやすさ、火の通りに関係してきますので、それぞれの材料を同じくらいの大きさに切るのがポイントです。

STEP2:材料を炒める

熱した鍋にオリーブオイルを入れ、まず中火でベーコンを炒めます。

ベーコンから脂が出てきたら、タマネギ、セロリ、しめじを加え、全体にざっくり火を通してゆきます。タマネギに半透明になるかくらいの火の通り具合で構いません。

STEP3:トマトを加える

トマトピューレを加えます。

トマトのリコピンは、加熱しても壊れにくい性質を持っているそうです。リコピンは抗酸化作用が高く、健康・美容のために積極的に摂りたいもの。
また、加熱したトマトには身体を温める作用があります。オリーブオイルと調理することで身体への吸収率も高くなるので、一石二鳥ですよ!

STEP4:水を加える

トマト缶で水を計量して加えます。400ml缶なので、1杯=400ml。

濃厚な感じがお好みなら1杯半=600mlだけ入れてください。さらっとした感じがお好みであれば2杯=800mlまで入れるとちょうど良いです。

トマト缶で水を計量する事で、ピューレを無駄なく使う事ができるのでぜひ活用してみてくださいね。

STEP5:コンソメを加える

続いてコンソメを加えます。今回は水600mlに対し、2個入れます。水の分量に応じて量を調整してください。

STEP6:一煮立ちさせ、保温鍋で煮込む

一回沸騰させ、その後、保温鍋にセットして煮込みます。保温鍋を使う事で光熱費を押さえる事ができます。1時間ほど煮込みましょう。

STEP7:味付けをし、クスクスを投入する

1時間煮込んだ後、味見をしてクレイジーソルトか塩で味を整えます。クレイジーソルトでなくともいいのですが、数種類のハーブが加えられている分、風味が豊かになります。

セロリへの火の通り具合をみて、固いようなら再度沸騰させ、また保温鍋にセットします。筆者はセロリをくたっとさせるために、2回沸騰させ、再度保温鍋で30分〜40分煮込みます。

最後に、クスクスをここで入れます。事前に蒸す事なくそのまま加えます。その他のパスタの場合も同じです。

火が通ることでトマトのうまみ成分がでていますので、塩分は控えめにすることができます。必ず味見をしてから塩加減を決めてください。

完成

具だくさんの、おかずスープの出来上がりです!

作り方のコツ・注意点

ポイントは、それぞれの材料を同じくらいの大きさに切ること。食べやすさ、火の通りに関係してきます。

塩加減は必ず味見をしてから。トマトのうまみ成分、コンソメを利用することで減塩がはかれます。

トマト缶で水を計量することで、材料を手軽に無駄なく使い切ることが出来ます。

保温鍋がない方は、バスタオルなどで簡易保温鍋に挑戦してみてはいかがでしょうか?時間はかかりますが、光熱費を押さえる事ができますし、鍋の世話を省く事ができます。

おわりに

もっとパワーメニューにしたい場合は、ニンニクを1かけら加え、オリーブオイルで炒めてください。さらに風味が高まります。

以前、このミネストローネを差し入れした方から「クリスマスに家族に作ってあげたいから教えて欲しい」と言われた一品。

その際の動画を公開。ご覧になった方も、手軽で美味しかったとコメントをくださいました。

あったか・簡単・エコ!ミネストローネで、この冬、ココロも身体も温かくなってくださいね。

(image by筆者 )

この記事で使われている画像一覧

  • 20150108232651 54ae93ab1bb52
  • 20150108232735 54ae93d7c93b1
  • 20150108232803 54ae93f3c65ad
  • 20150103204524 54a7d654de66b
  • 20150103204858 54a7d72ad308b
  • 20150103204942 54a7d756cf40f
  • 20150103205107 54a7d7ab6a9fa
  • 20150103205827 54a7d9632a7e4
  • 20150103210031 54a7d9dff3b54
  • 20150103210234 54a7da5a3cc1d

本記事は、2015年01月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る