\ フォローしてね /

プレゼントにもぴったり!ジュースグミの作り方

ジュースとゼラチンを使ってグミを作りませんか。火や鍋は不要です。電子レンジでチンして冷やし固めるだけなので、子供や料理が苦手な方でも心配無用。色んな形や大きさの製氷皿を使って自分だけのオリジナルグミが作れるので、プレゼントにしても喜ばれますよ。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi

ジュースとゼラチンを使ったグミの作り方をご紹介します。買わなくても、意外なほど簡単に作れるので、グミが好きな人にはぜひオススメです。

自宅のレンジでチン!と加熱するだけなので、普段料理が苦手な方やお子様と一緒でも心配いりません。

おやつとして自分で楽しむも良し。また差し入れやホワイトデーのお返しにも使えます。いろんなジュースと型を使って、自分だけのオリジナルグミを作ってみてはいかがでしょうか。

材料(3~4人分)

  • 果汁100%ジュース…120ml
  • 砂糖…大さじ41
  • 顆粒ゼラチン…20g2
  • レモン汁(省略可)…3~5滴
  • サラダ油(省略可)…適量
ゼラチンの分量について
ゼラチンは入れる量によって硬さを調整できます。オススメの割合は、ジュースとゼラチンが6:1。ジュースが60gならゼラチンは10gです。硬いグミがお好みの方は、ゼラチンを多くすると弾力は強くなりますが、果汁感がなくなります。
ジュースについて3
ここではグレープジュースを使用。オレンジやアップル、野菜ジュースなど好きなもので作ってください。炭酸は完全に抜けますが、コーラやサイダーなどの炭酸飲料でも作れます。カルピスなどの濃縮タイプのドリンクを使うと水分量が少ないため、よりもちもちとした弾力が楽しめます。
 
実際の様子は「濃縮タイプと果汁100%ジュースを使った仕上がりの差」をご覧ください。
絶対に果汁100%ジュースでなければダメなの?4
どんなジュースでも作れますが、果汁100%は香りも味も良いのでオススメです。
オススメのゼラチンは?5
ここでは森永製菓「クックゼラチン」という顆粒タイプを使用。水にふやかす手間もなく、そのまますぐに溶かして使えるので便利ですよ。先に水でふやかす必要のある粉ゼラチンや板ゼラチンを使う場合は、パッケージの指示に従って準備してください。
レモン汁は何で入れるの?6
酸味が加わることで味が引き締まるからです。レモンから直接絞ったものと市販品のレモン果汁、どちらを使っても大きな差はありません。
サラダ油は何のために必要?7
製氷皿にサラダ油を塗ることで、グミがくっつかずにキレイにはがせます。誰かにプレゼントしたいなら、塗ったほうが崩れずに安心です。サラダ油は、他の油よりも味にクセがなく、果汁の風味を邪魔しないのでオススメです。

道具

  • 製氷皿(シリコンとプラスチック製、どちらも可8
シリコン製のほうがやわらかいので、固めたグミを取り出しやすいです。

作り方

STEP1:砂糖を入れる

ボウルに砂糖を入れます。

STEP2:ジュースを加える

STEP1にジュースを加えます。

STEP3:粉ゼラチンを加えてレンジ加熱

STEP2に粉ゼラチンを加えます。スプーンなどでよく混ぜたら、ラップをかけずに500Wの電子レンジで40秒加熱します。

STEP4:レモン汁を加える

STEP3をレンジから取り出したら、レモン汁を加えて混ぜます。

STEP5:製氷皿に入れる

キッチンペーパーにサラダ油をしみ込ませ、薄く製氷皿の中に塗ってからSTEP4を製氷皿にスプーンなどを使って入れます。

油を製氷皿に塗ることで、グミがくっつかずにキレイにはがせます。

シリコン製の製氷皿ならサラダ油を塗らなくてもある程度キレイにはがれますが、どうしても多少残ってしまいます。

サラダ油を塗るというひと手間でつるっとはがれ、ストレスを感じなくて済むので面倒だと思わずにやったほうが後悔しませんよ。

もし、こびりついた場合でも、お湯を使って洗うとゼラチンが溶けて簡単にキレイになります9

STEP6:冷やし固める

冷蔵庫にSTEP5の製氷皿を入れて、30分ほど冷やし固めます。

STEP7:製氷皿から取り出して完成!

STEP6が固まったら製氷皿からはずして完成です。

うまく取り出せないときのやり方10
プラスチック製ではずしにくい場合は、ぬるめのお湯で湯煎(製氷皿は耐熱温度が低いものもあるので熱湯は禁止!)、つまようじなど尖ったものでグミと型のあいだに空気を入れる、などの方法を試してみてください。

濃縮タイプと果汁100%ジュースを使った仕上がりの差11

カルピスなどの濃縮タイプのドリンクを使った場合、分量が同じでも、よりもっちりと弾力のある仕上がりになります。

そのため大きく、分厚く作ってしまうと噛み応えはありますが、食べづらく、味にも飽きてしまいます。

カルピスなどの濃縮タイプのドリンクでグミを作る場合は、できるだけ小さく作ると食べやすくてオススメです。

ラッピング

ここではお弁当のピックを使って2つ並べ、透明の袋に入れてラッピングしてみました。

すべて100円ショップで買えるものなので、ぜひお試しください。

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

追記した箇所一覧

  • 12018年03月27日「砂糖の分量」について変更しました。
  • 22018年03月27日「ゼラチンの分量」について変更しました。
  • 32018年03月27日「ジュースの種類」について追記しました。
  • 42018年03月12日「材料・果汁100%ジュース」について追記しました。
  • 52018年03月12日「材料・ゼラチン」について追記しました。
  • 62018年03月12日「材料・レモン汁」について追記しました。
  • 72018年03月12日「材料・サラダ油」について追記しました。
  • 82018年03月12日「製氷皿」について追記しました。
  • 92018年03月27日「サラダ油の有無」について変更しました。
  • 102018年05月28日「取り出しにくい場合」について追加しました。
  • 112018年03月27日「濃縮タイプと果汁100%ジュースを使った仕上がりの差」について追加しました。
このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。