生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. しっかり子供に教えることができますか?女の子の行事「ひな祭り」の基礎知識

しっかり子供に教えることができますか?女の子の行事「ひな祭り」の基礎知識

2015年01月06日作成

 views

お気に入り

3月3日は桃の節句、ひな祭りです。お雛様を飾って、ちらし寿司を食べて……と定番の行事ですが、そもそもひな祭りとは何のお祭りなんでしょうか?

自分の子どもや知り合いの子どものひな祭りをお祝いするとき、その由来や意味を知っているのと知っていないのでは大違いです。せっかくなら、お祝いする意味を知っておきたいもの。

そこでここでは、ひな祭りの由来や起源、食べ物の持つ意味など、基礎知識をご紹介します。しっかり学んで、ひな祭りをより楽しみましょう!

目次

ひな祭りの由来ついて

現代のひな祭りとは?

ひな祭りは、皆さんご存知のとおり毎年3月3日に行われる、女の子の健やかな成長を願うイベントです。

飾られた雛人形を見ながらおやつにひなあられを食べたり、「あかりをつけましょ、ぼんぼりに~♪」の歌いだしで有名な「うれしいひなまつり」を歌ったりして過ごすのが一般的です。最近は、ケーキを食べたり、パーティーをしたりする家もあるようです。

毎年当たり前のように行われているひな祭りの起源、なんと平安時代に遡ると言われています。どのような経緯で現在のようなひな祭りに落ち着いたのでしょうか。

そもそも女の子の行事ではなかった!?

平安時代に日本で始まったひなまつりは、もともとは邪気祓いのための行事でした。季節の変わり目には邪気が入りやすいという言い伝えから、3月上旬の巳の日に行われる「上巳の節句(じょうしのせっく)」に邪気祓いをしていたのです。

その邪気払いに使われていたのが「流し雛」というものです。流し雛は今でも行われている風習の一つで、紙やわらでつくった人形に自分の邪気を移して海や川に流すものです。

この流し雛の人形は、時代を経るにつれ質が高くなっていきます。そして、「こんなに立派な人形を流すのはもったいない!」という理由で、飾られるようになったと言われています。

そこに、平安時代から女の子が人形を使って雛遊び(ひいなあそび)をしていたことも合わさって、現在のひな祭りができあがっていきました。

雛遊び(ひいなあそび)をするときには、その人形に野山など見せてあげるために外に出る風習がありました。そのときに持っていく、携帯食料が「ひなあられ」だったそうです。

どうして、「桃の節句」と言うの?

ひな祭りの代名詞として「桃の節句」という言葉が使われるのは、旧暦の3月3日、つまり現在の4月頃が桃の花が咲く季節だったためです。

ほかにも、桃の木は邪気を祓う神聖なものだと考えられていた、という理由もあります。鬼退治をしに行く民話の主人公の名前が桃太郎なのは、ここからきているのです。

また、桃の節句が女の子の節句になったのは、江戸時代からです。それまでは、男女関係なく行われていた行事だったのですが、徳川幕府が「上巳の節句」を「五節句」の一つに定めたことがきっかけで、女の子の行事へと変わりました。

昔から小さな女の子が「雛遊び」をしていたということもあって、男の子の節句である「端午の節句」と対になるものとして、女の子の健やかな成長をを祝う行事になりました。

ひな祭りに食べるものはどんなもの?

ひなあられ

ひな祭りといえば、ひなあられですよね!上述の通り、雛遊びの際に持っていく携帯食料がひなあられでした。

ちなみに、関東のひなあられは甘く、関西のひなあられはしょっぱいです。ひな祭りの日に、試しに食べ比べしてみるのも楽しそうですね!

はまぐりのお吸い物

はまぐりは2枚の貝がぴったりと合い対になっているため、他の貝殻とは絶対に合いません。このことから、相性の良い相手と結婚し一生仲良く暮らせるようにという意味で食されています。

季節的にも旬なので、とてもおいしいはまぐりが食べられます!

ひし餅

ひし餅の色の意味には2つの説があります。

1つ目は、雪の下から新緑が芽吹いて桃の花が咲く、春の情景を表すという説です。一番下の緑は新緑、真ん中の白は雪、一番上のピンクは桃の花を表しているということです。

2つ目は、ピンクは魔除け、白は清浄・純潔、緑は健康・長寿を表すという説です。ピンクは解毒作用のあるくちなし、白は血圧を下げる菱のみ、緑は厄除けになるよもぎをイメージしているようです。

どちらが有力というわけではないのでどっちも正しい説として扱っているようです。また、ひし形は「心臓」を象徴していると言われており、食べることで災厄を取り除くという意味があります。

白酒

もともとは、桃が百歳を表すということで桃の花を清酒にひたした「桃花酒」が飲まれていたのですが、江戸時代からはみりんに蒸した米や麹を混ぜて作った、「白酒」が定着しました。

子供はお酒が飲めないので、「甘酒」を飲むのがポピュラーです。

ちらし寿司

ちらし寿司には、ひな祭り関連のしっかりとした理由はないのですが、えびには長生き、れんこんには見通しがきく、豆には健康でまめに働けるという意味があるので、縁起が良いということで食されています。

また、三つ葉や人参などが春の華やかさを表しているということで、ひな祭りの定番となりました。

ひな祭りをめいいっぱい楽しもう!

ひとえに「ひな祭り」と言っても、案外奥が深くて知らないこともあったのではないでしょうか?実は平安時代に起源がある伝統行事のひな祭り、しみじみとお子さんの成長を祝うにはぴったりのイベントです。

年に1度しかないの行事なので、お子さんがいる方はぜひ一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

Twitterで紹介!

(image by amanaimages1 2 3 4)
(image by スムース / PIXTA(ピクスタ))

この記事で使われている画像一覧

  • 20141209130244 54867464380ce
  • 20141209102051 54864e738ff0c
  • F61ae053 80db 48cc 828b 8c19e900ea14
  • 20141209131336 548676f03424d
  • 20141209130441 548674d9b62a9

本記事は、2015年01月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る