生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. おもてなし料理に最適!ミニちらし寿司ケーキの作り方

おもてなし料理に最適!ミニちらし寿司ケーキの作り方

2015年01月06日作成

 views

お気に入り

おもてなしや、イベントに最適の華やかなちらし寿司ケーキのレシピです。直径9㎝のセルクル型を使ったミニサイズのちらし寿司ケーキなので、とりわけも楽ちんです。

そのまま1人用として食べることができる食べきりサイズなので、大勢で集まるときにぴったりのスペシャルレシピです。ぜひ作ってみてください。

目次

材料(縦9㎝×横9㎝×高さ3㎝セルクル型・5個分)

  • ご飯(2合)
  • 酢飯のもと(粉末、大さじ2杯)
  • 鮭(切り身、2切れ)
  • いくら(30g)
  • かに缶(缶詰半分)
  • 人参(大、1本の半分)
  • 水(1カップ、人参の煮物用)
  • かつおだしのもと(5g、人参の煮物用)
  • 昆布(2枚、人参の煮物用)
  • 砂糖(小さじ1杯半、人参の煮物用)
  • しょうゆ(小さじ1杯、人参の煮物用)
  • みりん(小さじ1杯、人参の煮物用)
  • きゅうり(1本の3分の1)
  • 白ごま(大さじ2杯)
  • 椎茸昆布(佃煮、びん詰め。40g)
  • アボカド(1個の3分の1)
  • レモン汁(少々、アボカドの変色防止のため)
  • ほうれん草(冷凍ほうれん草20g使用。生だと1束の5分の1程度)
  • 卵(Mサイズ、3個)
  • 砂糖(大さじ1杯半、錦糸卵用)
  • 片栗粉(小さじ2杯、錦糸卵用)
  • 水(小さじ2杯、錦糸卵用))

鮭は切り鮭ではなく、時間短縮のために鮭フレークを使う方法でも代用可能です。椎茸昆布が手に入らない場合は、ごま昆布や松茸昆布、しそ昆布等、昆布の佃煮であれば、これも代用可能です。

ミニちらし寿司ケーキの作り方

STEP1:錦糸卵を作る

卵3個をボウルに割り入れ、分量の水で水溶きした片栗粉を入れ、さい箸でよく混ぜます。

小さじ1杯の油をひいたフライパンに片栗粉を溶いた卵を薄くひき、両面弱火で1分ずつ焼き上げます。薄焼き卵ができたら、5㎝程度に折りたたみ、包丁で薄く千切りにします。

錦糸卵の完成です。

STEP2:人参の煮物を作る

ちらし寿司のご飯にまぜる具として人参の煮物を作ります。人参を5〜6枚、幅5㎜ほどにスライスして、残りはすべてみじん切りにします。

5㎜ほどの厚さにスライスした人参の輪切りから、好きな抜型で型を抜きます。筆者は、星型にしましたが、型はお好みのもので大丈夫です。抜き方で抜いた周りの人参もすべてみじん切りにすると無駄なく使いきることができます。

人参のみじん切りと型で抜いた人参を鍋に入れ、水を1カップほど入れて火にかけます。かつおだしのもとと、昆布をいれ、中火で沸騰するまで1、2分待ち、砂糖、しょうゆ、みりんの順番で調味料を入れ、弱火にします。

弱火でそのまま水がなくなるまで10分弱煮つめます。煮つまったら、星型を別の皿に形が崩れないように移しておきます。

STEP3:鮭をグリルで焼いて、鮭フレークを作る

鮭を魚焼きグリルで弱火で10分ほど焼きます。鮭が両面焼けたら、グリルから取り出し、骨と取り除いて、鮭フレークのように細かく刻んでおきます。
鮭フレークをそのまま買ってきてこの工程を省いても大丈夫です。

STEP4:野菜、昆布をカットする

きゅうりは、1本を3分の1の長さにきり、縦にピューラーでスライスします。スライスが切れてしまわないように、注意しながら作業しましょう。

ほうれん草は、茹でて柔らかくなったら、3㎝ほどの長さに切りよく水気を絞ります。そこにしょうゆを少しかけておひたしにしておきます。

筆者は既にカットしている冷凍ほうれん草を20グラムほど使用しています。冷凍ほうれん草の場合は、電子レンジ(1000Wのもの)で1分ほど解凍し、しょうゆをかけるだけで作業は完了です。

アボカドは、皮をむき、種を取り除き、縦横1〜2㎝ほどの厚さにスライスしておき、変色防止にレモン汁をかけておきます。

椎茸昆布の佃煮は、長さが1〜2㎝の長さになるように、細かく刻みます。

STEP5:炊いておいたご飯に具材を混ぜ酢飯にする

炊いておいたご飯を大きい器に入れ冷ましておき、そこに酢めしの素と、先ほど作っておいた人参の煮物、刻んだ椎茸昆布、白ごまを加え、よく混ぜあわせます。具材がしっかりとむらなくご飯になじんだら、五目ちらし寿司が完成です。

STEP6:セルクル型に五目ちらし寿司と具材を敷きつめていく

セルクル型に五目ちらし寿司を3分の1の高さほど敷きつめていきます。

鮭と、ほうれん草をのせます。

その上にまた五目ちらし寿司を、セルクル型の高さギリギリまでのせます。

STEP7:飾り付けする

五目ちらし寿司の上に、錦糸卵を敷きつめます。五目ちらし寿司がすけて見えないようにたっぷりと散らすと良いでしょう。

その上にきゅうりのスライスをお花模様になるように、5枚中心から放射方向に飾りつけします。

きゅうりの上に、かにの缶詰を4㎝程度の穴の空いたドーナツ型になるように飾りつけします。

中心にあいている部分にアボカド2、3個と、人参の型抜き1個、いくらを適量飾りつけします。いくらは、中心に飾った後、周りにも散らすときれいです。

STEP8:完成

ちらし寿司ケーキの完成です。

複数を一緒に盛り付けして飾りつけするのもきれいです。

作る際の注意点

セルクル型にご飯を敷きつめるときには、ご飯が型から崩れないようにするために、ぎゅっとスプーンの背で押し込みながら敷きつめるのがポイントです。しっかり型押しするようにご飯を押し込んで敷きつめると、セルクル型から外したときも崩れにくく、仕上がりもきれいです。

また、セルクル型を外すときは、ゆっくり具材がこぼれ落ちないように慎重に外すようにしましょう。場所を移動させるときは、ちらし寿司ケーキの下にフライ返しやパレットナイフのような平らなものを差し込むようにしていれ持ち上げ移動させると、崩れにくくきれいなまま移動させることができます。

おわりに

このちらし寿司ケーキは、見た目が華やかなだけでなく、食べ応えもあるのが魅力のひとつです。具材も豊富なので、メイン料理としても十分満足を得ることができるかと思います。

飾り付けの具材は、オリジナルで何かを加えたりしても美味しく出来上がるかと思うので、ぜひいろいろ工夫して作ってみてください。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141225015301 549aef6d0b444
  • 20141225015825 549af0b1e9d05
  • 20141225020924 549af344ba367
  • 20141225021042 549af3921231c
  • 20141225021315 549af42bdd00a
  • 20141225021418 549af46a259ee
  • 20141225021718 549af51e259c3
  • 20141225021841 549af5719c794
  • 20141225022716 549af774a2c76
  • 20141225022935 549af7ff1dedf
  • 20141225022948 549af80c82ffa
  • 20141225023136 549af878988c6
  • 20141225024119 549afabf8da37
  • 20141225023512 549af95031fd7
  • 20141225023757 549af9f51ad89
  • 20141225024305 549afb2933ea1
  • 20141225025156 549afd3caf799
  • 20141225025254 549afd7625ade
  • 20141225025418 549afdcad41c8
  • 20141225025520 549afe08a18bf
  • 20141225025751 549afe9fb0d36
  • 20141225025941 549aff0dbfd79
  • 20141225031236 549b0214d3915
  • 20141225030610 549b00922d4ae
  • 20141225030651 549b00bb18a3d

本記事は、2015年01月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る