生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 卒業・入学シーズンに幅広く対応!普段使いもできるママ向けフォーマルファッションの選び方

卒業・入学シーズンに幅広く対応!普段使いもできるママ向けフォーマルファッションの選び方

2014年12月26日作成

 views

春先は入学・卒業とイベント盛りだくさんの時期です。そんな時期にママさんが一番悩んでしまうのはフォーマルファッションについてではないでしょうか?

イベントは式典のようなかっちりしたものからパーティーのようなカジュアルなものまでといろいろなので、「イベントごとに洋服を新調しなきゃいけないのかな……?」といろいろな面で不安になってしまいますよね。

けれど上手にフォーマルファッションを選べば複数のシーンで使いまわせますし、さらに普段づかいも楽しめます。そこで今回は「デイリー使いもできるフォーマルファッション」についてご紹介します。

目次

フォーマルファッションをうまく選ぶコツ

フォーマルファッションには、式典にも参加できるくらいの高級感や季節感が必要です。

フォーマルファッションをデイリーでも楽しむときは、アイテムの組み合わせでフォーマル感を弱め、アイテム自体の高級感は損なわないようにするのがポイントです。

濃い色は極力避ける

「フォーマルでシック」と聞くとブラックやダークグレーなどをイメージする人も多いと思いますが、晴れやかな式に全身ダークトーンは重い印象なので不向きです。

また、セレモニーは春先がほとんどなので、季節感という点でも明るい色のファッションを選ぶようにしましょう。

奇抜なものは避ける

フォーマルファションは数多く購入するのは大変なので、いくつかの席で使い回しできるとうれしいですよね。

奇抜なものは印象に残りやすいので、「あの人また同じジャケット着てる!」と気づかれてしまいがちです。なので服自体はシンプルなものを選び、小物などでアクセントをつけるのがおすすめです。

素材感に気をつける

フォーマルファッションは素材感がとても重要です。同じシルエットのものでも、生地が変わると印象がガラッと変わります。最近の一般的なマナーでは、

  • フォーマル向き……シルク・シフォン・化繊でやや光沢感のある素材・厚手のウール
  • フォーマルに不向き……コットン・麻

という傾向がありますので、これを参考に選んでみてください。光沢感が強い生地は夜ならOKですが、学校行事などでは避けた方がいいでしょう。

フォーマルスーツをデイリーでも活用するパターン

幼稚園や学校によっては、スーツ着用が義務付けられているところもあるかと思います。スーツはお受験の面接のときには必須なので、そういった予定があるのなら持っておいて損はありません。

しかし、わりといいお値段がするのに、節目にしか着られないのはもったいないですよね。そこでおすすめなのが素材に高級感がありつつ、普段も着られそうなデザインのものを選ぶということ。

そうすればジャケットとボトムを別々に楽しむことができ、普段のちょっとしたお出かけのときなどに大活躍してくれます。

ツイードのセットアップ

ノーカラーのツイードジャケットは、デイリーでもカジュアルなインナーやボトムに合わせてフェミニンなコーデを楽しめます。少しレトロな印象があっておしゃれですね。

またスカートもシンプルなデザインなので、ニットやGジャンなどと組み合わせやすいと思います。

ツイードジャケット×シフォンスカート

ジャケットは上と同じツイードで、スカートが春らしいシフォンのスカートのセットです。セレモニーに参加するときは、スカート丈はひざくらいのを選ぶといいでしょう。ダークカラーでもグレーなら、ほどよく軽い印象に。

着回しやすさナンバーワンのシンプルなパンツスーツ

襟元に差し色があると、ブラックの分量が多めのスーツでも地味な印象になりません。パンプスで甲を見せればすっきり足長効果が期待できます。

デイリーのちょっといい服をフォーマルに格上げするパターン

わざわざセレモニースーツを買わなくても、デイリー使いのワードローブの中からフォーマルなものを選べば、ほとんどのセレモニーに問題なく参加できます。

  • ツイードジャケット
  • テーラードジャケット
  • ミモレ丈スカート
  • テーパードパンツ

は普段づかいもできてフォーマルな席にもオシャレに参加できる、特に優秀なアイテムです。

ツイードジャケット

ママさんのフォーマルファッションの中でも、特に根強い人気のツイードジャケット。光沢のある化繊やシルクのボトムを合わせれば、きちんとしたセレモニーファッションに。パールのネックレスをつけたりスカーフを巻いたりすれば、襟元もさみしくありません。

フェミニンなフォーマル感があるのに、デニムなどにも合わせやすい使えるアイテムです。

テーラードジャケット

「ツイードジャケットよりマニッシュな印象がいい」という人におすすめのテーラード。テーラードもいろいろなアイテムと相性がいいので、カジュアルなファッションを組み合わせやすいですよね。

ボトムはある程度フォーマル感があればどんなものとでも合います。丈の長いタイプをテーパードパンツと合わせて着てもおしゃれです。

ミモレ丈スカート

今年人気のミモレ丈のスカートはフォーマルファッションにぴったりです。ハリのある素材のややかっちりしたタイプのスカートとジャケットを合わせれば、フォーマルファッションのできあがりです。小柄な人はショート丈のジャケットと合わせると好バランスに。

ブラックのボトムのときは、トップスをホワイトやベージュなどの明るい色にすると華やかな印象になります。

テーパードパンツ

シルエットのきれいなテーパードパンツは1つ持っていると重宝します。シルクやツイードはもちろん、ウールでも厚みがあってセンタープレスが入っているものならフォーマルな席に合います。シルエットがコンパクトなので、どんなジャケットとも相性がいいです。

明るい色のパンツも華やかで素敵ですね。パステルカラーは相性のいいホワイトやアイボリーのジャケットに合わせましょう。

フォーマルファッションを格上げしたいときに使える小物たち

前の「フォーマルファッションをうまく選ぶコツ」で奇抜なものは避けましょうとお話しましたが、シンプルを通り越して地味になってしまうとセレモニー感が弱くなってしまいます。そんなときは小物でアクセントをつけましょう。

また、「妊娠してお腹が出ているけど、今の状態に合わせて服を新調するのはもったいない。」など、手持ちの服で済ませたいケースもありますよね。そんなときにお役立ちのアイテムをいくつかご紹介します。

コサージュ

シンプルなジャケットでも、コサージュを付けるだけでグンと華やかな印象になります。コサージュを選ぶときはジャケットより色が淡いか明るいものを選ぶと、おしゃれにすっきりまとまります。

スカーフ

シンプルで質のいいスカーフはいろいろなシーンで活躍してくれます。ジャケットの襟の形に合わせて、巻き方を変えてみましょう。

パールのネックレス

冠婚葬祭にふさわしいパールはフォーマルファッションにもしっくり来ます。ロングネックレスはややカジュアルな印象なので、長くても鎖骨で収まる位の長さのものを選びましょう。

お気に入りのファッションでセレモニーに参加しよう!

以前のフォーマルファッションはあまり気に入ってなくても格式を優先して選ぶことが多かったと思いますが、最近のママさんたちは思い思いのフォーマルファッションを楽しんでいます。

ぜひこの記事を参考にしてお自分の好みに合うものを選んで、デイリーにも活用してみてくださいね。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)
(image by 写真AC)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141209170858 5486ae1aa423d
  • 5ba00688 b841 4c79 8495 372ac1d954ab
  • Bcc42341 e154 407b 9efb 9e4c1f096cc8

本記事は、2014年12月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る