\ フォローしてね /

1分で鏡餅がつきたてのお餅に!えびせんべい入りのお雑煮の作り方

お雑煮を作るとき、買ってからしばらく経った鏡餅をお餅として使う人が多いのではないでしょうか。そんな時は、電子レンジの加熱調理がおすすめです。2分弱であっという間に柔らかくなりますよ。さらに少し変わっていますが、お雑煮にえびせんべいを入れることでお麩のようになってとても良く合います。ここでは、鏡餅を使った簡単にできる「えびせんべいを入りお雑煮」の作り方をご紹介します。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • ポイント

    硬いお餅も電子レンジで加熱すればあっという間に柔らかくなる!

  • 意外と合う

    しなっとしたえびせんべいの食感とスープに溶け出たうま味がGood!

材料(2人分)

  • 鏡餅…1個
  • 水…300ml
  • 白だし…小さじ2
  • ほうれん草…2株
  • えびせんべい(みりん味)…6枚
鏡餅は100円ほどで購入できる小さいサイズを使いました。2人分の雑煮にしています。

作り方(調理時間:10分)

STEP1:鏡餅を電子レンジで加熱

鏡餅は、容器からお餅を取り出します。軽く表面を水洗いして耐熱容器に入れ、1000Wで1分20秒加熱します。

お餅がくっつかないように水でぬらすか、容器に水をたらしましょう。

とろっとして形がなくなるまで加熱してください。

電子レンジで加熱をすると、上記写真のようにつきたてのお餅のようになります!

STEP2:ほうれん草を切る

ほうれん草は根元を切り、食べやすい大きさに切ります。

STEP3:ほうれん草を茹でる

鍋の中に水と白だしを入れ、切ったほうれん草を入れて中火で2分加熱します。

STEP4:お椀に盛りつける

STEP1のお餅を手に水をつけながら一口大にちぎり、器に盛りつけます。

すごく熱いので、やけどに気をつけて手には水をつけつつちぎります。

ほうれん草を盛りつけ、白だしを注ぎます。

STEP5:えびせんべいを乗せて完成

えびせんべいを上に乗せたら完成です!

ポイント

電子レンジで調理することで、固くなっていた鏡餅もつきたてのお餅のようになります。ただ、加熱直後はすごく熱いので、手に水をつけつつちぎってみてください。

白だしがあれば、だしを取る手間もなく、すぐに食べることができて便利です。

えびせんべいは、みりん味のような定番タイプがお雑煮にも合います。ぜひ参考にしてください。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。