生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「り」とは?ネットでよく使われる言葉の意味と使い方

「り」とは?ネットでよく使われる言葉の意味と使い方

2014年12月26日作成

 views

お気に入り

みなさんは「り」と言われて意味が理解できますか?

ひらがなの「り」一文字ですが、若者の間では当たり前のように使われているネットスラングなんです。その証拠に、「女子高生の流行語2014」の第4位にランクインしています。

その意味と使い方をご紹介します。

「り」の意味と使い方

意味

「了解」という意味です。

由来

「了解」→「りょうかい」→「りょ」→「り」というように、どんどん省略されて生まれた言葉です。

これ以上省略するとしたら、「r」とかでしょうか。そこまでいくともうワケがわかりませんね。

使い方

待ち合わせのやりとりのなかで。

友人「18:30に新宿東口改札前で」
自分「り」

遅刻の連絡を受けて。

友人「ごめん15分遅れるわ」
自分「り」

さらに遅れる連絡を受けて。

友人「ごめんやっぱ1時間遅れるわ。先店入ってて」
自分「り」

このように使います。1秒以内に返信できます。

注意点

友人「明日の飲み会、田中も誘っといてー」
自分「り」
友人「なに、りって?」

省略したつもりが余計面倒になってしまったパターンです。こうならないためには普段の会話から「り」を使って相手に意味を伝えておくことが重要です。

関連語

  • おk……「OK」を全角入力したもの。「おけ」と読む。
  • うぇーい……承諾・同意・挨拶など、軽い返事をする際に使う。

おわりに

間違っても上司に「り」なんて使っちゃダメですよ。きちんと「かしこまりました」と返しましょう。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141215132846 548e637ea7d0d

本記事は、2014年12月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る