生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. これさえやれば億万長者?!買う前に知っておきたい宝くじトリビア

これさえやれば億万長者?!買う前に知っておきたい宝くじトリビア

2014年12月22日作成

 views

お気に入り

年末ジャンボ宝くじ……2014年も何人がその慕わしい響きに引き込まれ、また身を滅ぼしていったことでしょう。「年末ジャンボ宝くじ、あれは女と一緒だ。手にしようと近づいていけば離れていき、しかし自分から動かなければ向こうから来てくれるはずもない。一度夢中になれば身を滅ぼされ、何もかも失ってしまうのさ……」と言い残し去っていった人もいるとかいないとか。

運命の女神に微笑まれたものだけがその栄光をつかむことができるという年末ジャンボ宝くじ。しかし、「運命」という言葉で片付けるにはあまりにも大きすぎる7億円という輝き。私たちが年末ジャンボ宝くじを制するためには、何の手立てもないのでしょうか?

いいえ、「相手を制するには相手を知ること」と孫子も言ってます。私たちは年末ジャンボ宝くじについて知らなければなりません。今回は、宝くじトリビアをもとに、当せんするためにやっておくべきことや豆知識をまとめてみました。この記事を読み終わったときには、きっと運命の女神の気配を感じることができるはずです。

目次

STEP1:当たりやすいと噂の販売店舗に行こう

宝くじの販売店舗には、「当たりやすい」と言われている販売店舗がいくつかあります。何気なく家や職場の近くの売り場で買うのではなく、ジンクスを持つお店に足を運んでみましょう!

西銀座チャンスセンター

・住所:東京都中央区銀座4-1 数寄屋橋公園内
・営業時間:平日9:00~20:00(ジャンボ期間は20:30まで)/土日祝10:00~19:00

これまで一番多くの年末ジャンボ当せん者を出し、合計当せん金額は563億円にものぼるそうです。名前からして幸運の予感を感じさせてくれる店舗です。

布施ポッポアベニューチャンスセンター

・住所:大阪府東大阪市長堂3-1-1-24 ポッポアベニュー商店街24 1番館
・営業時間:10:00~19:00

テレビでも紹介され有名になった店舗。大黒さん、恵美須屋さん、福徳さん、大富さん、富田さん、吉永さん、吉田さん、というおめでたい名前の「福娘」たちが売り子をしているこの店舗で買えば、あなたも億万長者に?!

(有)鈴木たばこ店

・住所:静岡県静岡市葵区御幸町9-12
・営業時間:9:00~19:00

昭和15年創業の歴史あるタバコ・宝くじ店です。店頭には、昔一等が当たったお客さんから頂いたという大きなベルが飾られており、宝くじを購入したお客さんがそのベルを鳴らすのが恒例行事になっているとか。

STEP2:当せんしやすくなる夢を見よう

縁起のいい夢というと、一富士、二鷹、三茄子という代表的なものがありますが、宝くじに当たりやすくなるという特別な夢があります!宝くじを買ったら、これらの夢を見ることができるよう、頑張って寝てみましょう。

動物の夢

動物は動物でも、弁財天が化身するといわれる蛇、そのほかにも牛、魚、蛙、豚などの夢は金運があるとされる夢です。龍、虎の子の夢も縁起がいいそうです。

自宅にトラが何度もやってくるという夢をみたら、年末ジャンボで1等2億円の大当たり。
黒と金の縞模様の大きなヘビがでる夢を見る。そうしたら、ドリームジャンボ1等前後賞の3億円が大当たり。(引用:宝くじを買うべき運が良い夢を6種15事例

火事の夢

火事の夢なんか見たら不安になってしまうと思いますが、実はこの夢も吉夢で、金運だけでなく恋愛運、仕事運などの向上も意味します。

3~4回もたて続けに火事の夢を見た。そしたら、グリーンジャンボの1等前賞2500万円に大当たり。(引用:宝くじを買うべき運が良い夢を6種15事例

STEP3:宝くじの日まではあきらめないで!

全くかすりもしなかったという方も、宝くじの日である''9月2日''までは諦めないで!受託銀行と宝くじ販売元の優しさにより、まだチャンスは残っているんです。

宝くじの日とは?

なんとももったいないことですが、宝くじに当せんしているのに換金しに行かず、「時効当せん金」になってしまうことが結構あるらしいのです。宝くじの日は「時効当せん金ゼロ」を目指して、発売元と受託銀行が制定しました。

ハズレくじ再抽選も!

はずれてしまったからと言ってハズレくじを捨ててしまうのは、9月2日までは待ってください。この日にはハズレくじの再抽選を行い、当せんすれば商品が当たるという「宝くじの日記念お楽しみ抽せん」(宝くじ敗者復活戦)があります。

この企画も時候当せん金ゼロを目指す活動の1つで、宝くじを再度確認してもらうために始まったそうです。

トリビア1:宝くじは非課税である

宝くじの賞金には税金がかかりません。何千円、何億円当たろうと、非課税なので税金は1円たりともかかりません。嬉しいですね!

なぜ非課税なのか?

宝くじを買うことで税金を払っているからです。宝くじの収益金の40%は各地方自治体の収益となり、残りの60%で事務経費と配当金を支払っているため、賞金から税金を取ってしまうと、二重課税の問題が出てきてしまうのです。従って、日本の宝くじの賞金は非課税になっています。

トリビア2:宝くじの高額当せん者だけがもらえる本がある

もらえる本の名前は、「その日から読む本」。本の内容はまとめると以下の3つです。

  • 当せんしたときにやっておきたいこと、やってはいけないこと
  • 当せん者にしかわからない悩みや不安への対処法
  • お金の使い道が決まったら考えること

大きなお金を手にしたときに、自分を見失わないための本になっています。

年末ジャンボはもう終わった、しかし夢は終わらない

2014年の年末ジャンボは12月19日が販売締切日でした。もはや夢を見ることもできないじゃないか、という人がいるかもしれませんが、夢はこれからも続きます。年末はまたやってきますし、1月には初夢宝くじ、新春運試しくじもあります。まだまだ、夢は続くのです。

さあ、ここまで記事を読んでくれた方は年末ジャンボ宝くじを、いえ宝くじを制したも同然。運命の女神がきっと微笑んでくれているはず。さあ、希望(宝くじ店舗)に向かって走り出しましょう!

(image:宝くじ 東日本大震災復興宝くじ by Kentaro Takahashi)
(image by Presenpic1 2 3

この記事で使われている画像一覧

  • 20141217182555 54914c23ac6a4
  • 20141217185603 549153337a3ef
  • 20141217170041 54913829e08a4
  • 20141217165727 54913767682ab

本記事は、2014年12月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る