生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. チームラボって何?注目されている理由を徹底解説

チームラボって何?注目されている理由を徹底解説

2014年12月19日作成

 views

お気に入り

突然ですが、「チームラボ」という集団をご存知ですか?

何でも話題のプロジェクションマッピングや最新テクノロジーを駆使したアートなどを手がけている集団なんだそうですが、それだけだといまいちよく分かりませんよね。

そこで今回は、チームラボが実際にどんなことをやっているか、徹底的に調べてみました。

目次

チームラボ(teamLab)ってどういう集団?

チームラボは、最新のデジタル技術を使って今までにない新しい価値を生み出そうとする集団で、東京大学発のベンチャー企業です。具体的には、デジタル技術を使ってサイエンス・テクノロジー・デザイン・アートなどを表現するとどうなるか、という「実験と革新」をテーマにものづくりをしています。

様々な活動をしているチームラボは、プログラマ・エンジニア、数学者、建築家、デザイナー、アニメーター、編集者など、様々なスペシャリストから構成されています。それぞれの専門分野を活かし、組み合わせることで、世の中が驚くようなものづくりが実現させてるのです。

チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地

チームラボ世界初の大展覧会!デジタルアートと、体験型知育空間「学ぶ!未来の遊園地」を同時に東京で!2014/11/29(土)〜2015/5/10(日)まで、日本科学未来館[東京・お台場]にて開催!

odoru.team-lab.net

こんなの見たことない!が現実に

チームラボが注目されている大きな理由は、やはりその新しさです。今までにないものを創造し、鮮やかに世に送り出す姿は、まさに時代の開拓者といってもいいでしょう。その中でも代表的な作品をいくつかご紹介します。

「学ぶ!未来の遊園地」

こちらは、「光のボールでオーケストラ」というアトラクションです。チームラボは、子ども向けのアトラクションを数多く集めた「学ぶ!未来の遊園地」のイベントを企画しています。

こちらは、「3D お絵かきタウン」という、遊園地にあるアトラクションです。この遊園地は、共同で創造する「共創(きょうそう)」の体験を学ぶというコンセプトで作られたもの。子供たちが最新のテクノロジーに触れながら、自由に体を動かしながら体験できるように企画されました。

「佐賀城の滝」

こちらは、佐賀城にプロジェクションマッピングした作品です。コンピュータ上の空間に佐賀城を3Dで再現し、さらに佐賀城に水を落下させています。4Kの解像度で作られたため、繊細な部分もキレイに描かれています。

「花と人、コントロールできないけれども共に生きる、そして永久に」

こちらは、一瞬たりとも停滞することのない生命を表現したアート作品です。チームラボは、こうしたアート作品も多数手がけています。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではなく、リアルタイムで描かれているところにメッセージ性を強く感じますね。

日本だけじゃない!海外でも活躍中

チームラボが注目されているのは、国内でだけはありません。これまでに、台湾やシンガポールそしてアメリカのニューヨークで展覧会を開くなど、様々な活動を行い、海外からも注目を集めています。

「秩序がなくともピースは成り立つ」

こちらの作品は、2013年に行われた「シンガポールビエンナーレ 2013」で展示されたものです。ホログラムで映し出された無数の人々が、様々な動きをしています。作品中の人々は、鑑賞者が近づくと、動きを止めて鑑賞者にリア­クションをするようです。今までになかった、全く新しい世界観ですよね。

「増殖する生命– Gold」

こちらの作品は、2014年に行われた「Art Basel-Hong Kong」で展示されたものです。コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けていて、誕生と死滅を繰り返していく花が表現されています。生命は、その瞬間瞬間を切り取ってみることが出来ないというメッセージが伝わってきます。

「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点-Light in Dark」

こちらは、2014年の夏にニューヨークペース・ギャラリーで行われ、計6作品が展示された展覧会です。New York TimesやTime Out New Yorkなど、現地メディアでも紹介され、大きな話題を集めました。

イベント・作品だけじゃない!もう1つの姿

ここまで、様々なイベントや作品の数々を例にとってチームラボを紹介してきましたが、チームラボが手がけている事業はこれだけではないんです。

嵐 Feat. You

2013年に放送された、日本テレビ開局60周年記念特別音楽番組「THE MUSIC DAY 音楽のちから」。チームラボは、この番組で実施された、テレビ史上初の生放送連動企画「リアルタイム音ゲーLIVE “嵐 Feat. You”」を企画・開発を行いました。

これは、視聴者が生放送中のテレビに参加するというもの。生放送中のテレビの前で、スマートフォンやPC、テレビリモコンを使い、テレビ画面上に流れてくるアイコンを見ながらタイミング良く音を鳴らす「音ゲー」を企画しました。

チームラボカメラ

コンセプトは、撮って、拡散。リアルをネットワークにつなげるカメラ。こちらのカメラは、店頭やイベントスペースに設置する、新しい形のカメラとして開発されました。具体的には、タッチせずジェスチャーでカメラ操作ができ、さらには通常のカメラでは撮影できないようなエフェクトがリアルタイムで合成されるという、画期的なカメラです。

チームラボスタジオ

こちらは、三次元CGによる架空の世界に入り込んで、動画・写真撮影を可能にする撮影スタジオです。リアルタイムで架空の空間を自由に動き回ることができるので、これまでにない撮影スタジオと話題になりました。

今後のチームラボの動きに注目!

様々な分野で新しいもの作りに挑戦しているチームラボ。イベントや展示会、WEBサービスなど、これからどんなものを見せてくれるのか非常に楽しみですね。今後の動きに注目です!

(image by amanaimages1 2 3)

この記事で使われている画像一覧

  • 6811c533 f483 4f82 8b55 7fb87f580c47
  • F8124870 b053 4bec 98b9 68c02787a200
  • 9427a271 c263 456f 902b 7c199107c617

本記事は、2014年12月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る