生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3. 今年こそは彼との関係もステップアップ!心にとどめておきたい恋愛名言集

今年こそは彼との関係もステップアップ!心にとどめておきたい恋愛名言集

2014年12月18日作成

 views

「恋愛が思い通りにいかない……」「なんか停滞気味……」というモヤモヤ、女性なら抱えがちです。は誰もが苦しむ恋愛の悩み、はっきりした解決方法はなかなか見つからないものです。

悩みをズバリ解決してくれる方法を見つけるのは難しいものですが、ヒントを得ることはできるはず。過去の名言が、あなたを助けてくれるかもしれません!

ここでは、2014年より好きな人との関係をステップアップさせて、新たな段階に進みたい!という人にオススメの名言をまとめてご紹介します。きっとあなたの背中を押し、新たな助言を与えてくれるでしょう。

目次

恋人が欲しい人へ ~女優たちの名言集~

今年こそは恋愛したい、恋人が欲しいと思っている方にオススメの名言をまとめてみました。恋愛の酸いも甘いも踏み分け、波乱万丈の人生を送ってきた女優たちの言葉をどうぞ。

マリリン・モンロー

私はこれまでの人生でずっと「私は愛されない人間なんだ」と思ってきたの。でも私の人生にはそれよりもっと悪いことがあったと、はじめて気がついたの。私自身、心から人を愛そうとしなかったのよ。

マリリン・モンローはその華やかなイメージとは裏腹に、子供のころは孤児院で貧しい生活を送っていました。両親が幼いころに離婚し、生きるために数多くの男性のもとを渡り歩いた彼女は、愛の本質を長いこと知らなかったのかもしれません。心から愛されるためには、心から愛することが必要ですね。

ジャンヌ・モロー

名声も知性もお金もみんな私が持っている。だから男は美しいだけでいい。

なんだかんだと理想ばかり高くなってしまっている自覚がある方は、潔く男の人に求めるものを1つだけにしてしまったほうがいいかもしれません。特に最近は仕事もお金も持っている自立した女性が多いですね。男性にそんなに多くを求めなくてもいいのです。

オードリー・ヘップバーン

美しい唇である為には美しい言葉を使い、美しい瞳である為には他人の美点を探す。

他人の悪口を言ったり欠点ばかりが目に付いてしまうこともあるかもしれませんが、それは傍で見ている人にとっては決して「美しい」光景であるとは言えませんよね。人のいいところばかり見ていれば恋に落ちる確率も高くなることでしょう。

恋愛に悩み始めた人へ ~岡本敏子の名言集~

恋愛をしているときに、ついネガティブな気持ちになってしまう人は多いと思います。「あの人は私のこと本当に愛してるの?」「私はこんなに好きなのにあの人は……」と辛い悩みを抱える方には、岡本敏子さんの言葉をおすすめします。彼女の人生、そして言葉は、「愛とは何か?」を人に考えさせます。

岡本敏子

自分は自分で立っていること。そうでないと、いつまでたってもその恋愛はむなしいままね。

岡本敏子は岡本太郎の養女でした。養女と言っても、岡本太郎のそばで彼を支え、世話をし、愛した、実質的には妻でした。岡本太郎は結婚に価値を見出さなかったので、敏子は太郎が死ぬまで養女の関係のままでした。

そんな関係の中で彼女が凛々しく生きられたのは、自分を見失わなかったからでしょう。男性によりかかるだけでなく、自立した女性として生きることが、恋愛においては必要なのかもしれません。

愛情があるかどうかを確認しないと、成り立たない関係なら、やめたほうがいいわね。彼のことをすきなんでしょう? いいじゃない、それで。

敏子は死ぬまで養女でしたが、「結婚」という形がなくても、死ぬまで一緒にいることができた2人は、なんとも羨ましい関係です。必要だったのは、お互いを好きでいることと、それを疑わないこと。これは恋愛においても、結婚においても大切な要素ですね。

美談でもないし、恋でもなかったかもしれない。ただ、本当に、好きで、好きで、好きで、好きで、なんでもやってあげたい。

敏子の言葉を見ていくと、1つの信念を持って太郎を愛していたのだということがよく分かります。それは「相手には何も求めずに自分が愛する」ということ。2人の間の決まりごとも愛の言葉さえも求めなかった敏子が、一番太郎の愛を受けていたというのは、不思議な話ですが真実です。

今年こそは結婚したい人へ ~男性の名言集~

「結婚をしないで、なんて私は馬鹿だったんでしょう。これまで見たものの中で最も美しかったものは、腕を組んで歩く老夫婦の姿でした。」―グレタ・ガルボ

グレタ・ガルボのみならず、人の幸せそうな姿を見て結婚したくなったという経験のある方は多いのではないでしょうか。しかし、結婚は相手あってのもの。男性がどういう結婚観を持っているのかを知るために、男性からの名言をまとめてみました。

アーサー・ゴッドフリー

結婚するとき、私は女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。今考えると、あのとき食べておけばよかった。

結婚すると女性は変わってしまうのですね。自宅にいるときとデートでのギャップが激しい方などは、美しい思い出のままにしておこうか、と思われないように普段から美容やオシャレに気をつけておくことが大事かもしれません。

アレクセイ・ノヴィコフ=プリボイ

よい女房をもらおうと思ったら、ダンスの輪の中から選ばずに、畑で働いている女性の中から選ばなくてはならない。

明日への保障が何もないこの時代、女性にも働いてほしいと思っている男性は多いようです。結婚においては、キレイ・カワイイといった外見の評価は二の次三の次。ちゃんと働いてくれて一緒に家庭を守ってくれる女性が選ばれるのです。

スタンダール

恋においては、われわれの虚栄心はあまりにたやすい勝利を軽蔑するものであり、どの種類の恋でも、男は向うから差し出されたものの価値を誇大視するものではない。

付き合っているからって、彼氏の身の回りのことなど、何でもかんでもやってあげている人はいませんか?それが普通になってしまうと、彼氏が愛情にあぐらをかいて、「結婚しなくてもこのままで幸せかも」と思ってしまいます。少しは反抗したりわがままを言ったりするのも、彼の所有欲を煽るのには有効です。

あとは気の持ちようだけ

偉大なる人生の先輩の名言には、はっと気付かされることも多いですよね。今年こそはダメな恋を卒業したい、今年こそはいい恋を成就させたい、という方は、これらの名言を新年の目標に掲げてみてはいかがですか?

気の持ちようで、悩みが解決することもあります。2015年は駆け抜けてください!恋愛面でのすばらしい結末が待っていることでしょう。

(image by 1 2 3 4

この記事で使われている画像一覧

  • 20141215114553 548e4b619920b
  • 20141215113424 548e48b056fc1
  • 20141215113152 548e481870d9e
  • 20141215112941 548e4795ab7b8

本記事は、2014年12月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る