生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3. 熟成肉に「俺の」にパンケーキまで!2014年もっともアツかった食トレンド8選

熟成肉に「俺の」にパンケーキまで!2014年もっともアツかった食トレンド8選

2014年12月16日作成

 views

お気に入り

2014年はいろいろな出来事がありましたが、食から1年を振り返ってみるというのもおもしろいのでは?

先日、株式会社カカクコムが運営する「食べログ」で、2014年に話題となった食トレンドに関するアンケートが実施されました。

その結果いくつかのホットキーワードが浮かびあがり、今回はその中でもメディアで特に露出の多かったもの上位8つをご紹介します。

2014年もっともアツかった食トレンド8選!

いまや割烹に焼き肉まで!「俺の」シリーズ

「俺の株式会社」が経営する、「俺の」シリーズ。銀座のフレンチ1号店を皮切りに、イタリアン・割烹・焼き肉・そば屋など、32店舗を展開しています。

「俺の」シリーズの魅力はなんといってもその価格で、例えば「俺のフレンチ GINZA」では、牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニを、他のお店ではあり得ない1,598円で提供しています。しかも料理を作るのは名店でキャリアを積んだ凄腕のシェフばかりというから驚き。

この低価格のヒミツは数量限定回転率の良さなんだそうです「俺の」シリーズのお店ではほとんどの席がスタンディングなので、食事を済ませたらすぐに帰るお客さんがほとんど。これにより次のお客さんをすぐに案内することができ、お店の回転率が良くなるのです。

なのでサクッと食事を済ませたいときは「俺の」、ゆっくり食事と会話を楽しみたいときは通常のレストラン、というようにうまく使い分けるといいですね。

霜降りはもう古い?熟成肉

2014年2月に六本木に上陸した「ウルフギャング・ステーキハウス」が人気の火付け役となった、熟成肉ブーム。今では東京近郊に40近い熟成肉の取り扱い店があります。熟成肉はエイジングビーフとも呼ばれますね。

輸入肉は和牛と比べて淡白でうまみが少ないという特徴がありますが、熟成という手法が登場したことで、輸入牛からも旨味を引き出すことに成功しました。そしてこれによって日本人の「和牛こそ最上」という既知の価値観が崩れつつあるのです!

昨年流行った燻製と同じように、手間と時間をかけて丁寧に作った深い味わいが、舌の肥えた人たちに支持されているのかもしれません。

もはや定番!パンケーキ

もはや言うまでもない人気のパンケーキ。パンケーキは今年急成長というより、去年から引き続き人気といった印象です。

ただブームも少しづつ変化していて、以前は生クリームやフルーツが「これでもか!」と乗っているタイプが人気でしたが、最近では、パンケーキにソースかかっただけのシンプルなものがウケているそうです。

近頃は日本人だけでなく海外からの旅行者の姿も多く見られるので、行列はまだしばらく続くでしょう。

高くてもオシャレでおいしければOK!リッチなポップコーン

今年東京・原宿で勃発した「ポップコーン戦争」。原宿では短期間のうちに、

  • 「Garrett Popcorn Shops(ギャレットポップコーンショップス」
  • 「KuKuRuZa Popcorn(ククルザポップコーン)」
  • 「doc popcorn(ドックポップコーン)」
  • 「POP! gourmet popcorn(ポップグルメポップコーン)」

という4つものポップコーン専門店が出店し、休日には数時間待ちの行列ができています。どのお店も決してお手頃ではないのですが、パッケージのかわいさとおいしさで、自分用はもちろん、お土産にと買っていく人が後を経ちません。

これまで映画館や子供のおやつというイメージが強かったポップコーンが、こんなに市民権を得るとは驚きですね。

食べれば美肌・美ボディが手に入る!アサイー

ミランダ・カーさんや平子理沙さんがお気に入りとのことで人気に火がついたアサイー。アサイーはアマゾンで採れる栄養満点のフルーツで、その高い美容・栄養効果から「奇跡のフルーツ」と呼ばれています。

少しクセがあるので、他のフルーツと混ぜてジュースにしたり、アサイーボウルで食べるのが定番となっています。都内だけでもいくつかのアサイースタンドがあり、いつもたくさんの女性たちで賑わっています。

ビール職人のこだわりが光る!家庭で飲めるクラフトビール

ビール業界では2013年の「第3のビール」ブームに続き、2014年にはお家で楽しめるクラフトビールブームが起こりました。

クラフトビールとは、小規模なビール醸造所で職人さんが丹精込めて造ったビールのことで、おおまかに分けると7種類あります。「よなよなエール」や「COEDOビール」などが有名で、コンビニなどでもたまに見かけますよね。

こだわり派の人、普通の発泡酒では物足りなくなってしまった人に、個性のあるクラフトビールはしっくり来るようです。

女性にも大人気!ウイスキー

今年は雑誌などでウイスキー特集がとても目につきました。

ウイスキーといえば、こだわり派の人やある程度年齢を重ねた男性が嗜むイメージがありましたが、実は近年のハイボール人気からの流れで、若い人や女性の間にも愛飲者が増えています。

ウイスキーは他のお酒に比べてカロリーが低く、糖質もありません。しかもハイボールやカクテルなどにして割って飲むことができるので、気軽に楽しむことができます。

ウイスキー特有の琥珀色と、きれいにカットされた氷の輝きがグラスの中でアートのように見えるオシャレ感も、ヒットの一因になっています。

実は高知県から始まった!LUNCH PASSPORT(ランチパスポート)

ランチパスポートはその名のとおりランチライムに使える割引パスポートで、掲載されているお店の人気メニューを500円で食べられます。

ただパスポートといっても無制限に使えるわけではなく、期限付きで各店3回までという制限があります。来店ごとにパスポートにハンコを押してくれるので、本物のパスポートの審査みたいでおもしろいですよ。

ランチパスポートは実は高知県が発祥で、現在は37都道府県49都市を扱っています。お得にランチを食べられて、新しいお店に出会うきっかけを作ってくれるランチパスポート。2015年はますます人気が高まりそうです。

はたして2015年に流行るものは?

ここでご紹介したキーワードがすべてチェック済みだったという人は、かなりのグルメ通。もし知らないものがあった人は、これからでも遅くないのでチェックして味わってみましょう。

皆が大注目の食トレンド、「2015年は何が流行るかな?」と予想してみるのもいいですね!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141212162519 548a985f1f656

本記事は、2014年12月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る