生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 引越先で困らないような荷造りをする方法

引越先で困らないような荷造りをする方法

2010年12月09日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

「あれ?どこにしまったかな?」
引越し先で、お目当ての荷物が見つからずに困った経験はありませんか?

引越しの時、一番大変な作業は荷造りです。荷造りには、荷造りの全てを業者にお任せするコースと、自分で荷造りを行うコースの2通りがあります。

少しでも引越し費用を抑えたい方は、自分で荷造りをすることになるのですが、やはり所詮は素人です。

ポイントをしっかり抑えておかないと、新居に引越してから困ってしまうこともあります。そこで今回は、引越し先で困らない荷造りをする方法をご紹介します。

方法1: 新居ですぐに使うものは専用ダンボールに

引越し当日に、全ての荷物を解いて片付けるのは無理です。しかし荷物が片付けられなくても、引越しをした当日から生活はスタートします。

そこで、引越しをしてすぐに使うものだけを入れる専用ダンボールを作っておきましょう。

引越しをしてすぐに必要な雑貨

  • はさみ・カッターナイフ(ダンボールを解体する時)
  • ガムテープ、ひも(解体したダンボールを片付ける時)
  • 雑巾(軽く掃除をする時)
  • 鉛筆・マジック(メモを取る時)

引越しをしてすぐに必要な生活用品

  • 下着
  • タオル
  • 衣類
  • 石鹸

方法2:ダンボールには新居の部屋の番号を記入

新居に荷物を運ぶ時、引越し業者は、各荷物をどこに持っていけばいいのかわかりません。

そこで新居の間取り図をコピーして部屋ごとに番号を書き、荷物を置いてもらいたい部屋の番号をダンボールの上に書いておきましょう。

引越し当日に、業者の方に間取り図のコピーを渡せば、荷物を置く場所が一目でわかるので、とても便利です。

方法3:食器棚や書斎は写真をとって控えておく

毎日、目にしている食器棚や書斎ですが、全てを片付けた状態から元の配置に戻すのは、なかなか難しいです。

そこで、食器棚に収納している食器の状態を写真に写し、食器が入っているダンボールに一緒に入れておきましょう。

新居では写真を見ながら片付ければいいので、とても便利です。

おわりに

いかがでしたか?この3つの方法は、筆者が引越しをした際に実際に行った方法で、どれも引越し業者にはとても好評でした。

新居先ではいかに効率よく荷物の片づけができるかが、ポイントです。是非お試し下さい。

本記事は、2010年12月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る