生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 初詣どこに行く?人出ランキングと2015年に初詣するべき神社&お寺まとめ

初詣どこに行く?人出ランキングと2015年に初詣するべき神社&お寺まとめ

2014年12月11日作成

 views

お気に入り

年末も近づいてきたこのごろ、年賀状やおせち、新年のご挨拶の親戚まわりなど、いろいろなことが気になってきますよね。そんな中で考えておきたいのが、初詣はどこにお参りしようか?ということです。

またそれに関して、「いつもはご近所の神社にお参りするけど、来年は大きいところに参詣してみようかな?」「人気の神社仏閣ってどこなんだろう?」という素朴な疑問を抱いている方も多いはず。

ここでは、2015年の初詣人手予想ランキングを15位までご紹介いたします!

目次

初詣は神社?お寺?

初詣は、神社に参詣することが一般的です。特にその神社にゆかりのない方でも、初詣に訪れることは問題ありません。

そして、初詣はお寺に参詣してもOK。こちらも、特に檀家でなくても大丈夫です。

初詣は自分の好きなところに参詣してOK。悩むなら、一般的なのは神社なので、神社に参詣することをおすすめします!

2015年の初詣人気予想ランキングトップ15

15位:橿原神宮(奈良県)

奈良県の橿原市・畝傍山にある橿原神宮は、明治時代に創建された神社です。50万平方メートルにもなる神域が圧巻。本殿は、元京都御所の賢所が移築されたもので、重要文化財に指定されています。

ご祭神は初代天皇である神武天皇と、その皇后である媛蹈韛五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)。明治天皇によって創建され、現在でも皇族の参拝が行われています。

橿原神宮
例年の人手:約90万人

14位:湊川神社(兵庫県)

兵庫県神戸市にある湊川神社は、地元神戸で「楠公さん」と呼ばれ親しまれている名社です。智・仁・勇の三徳を備え、鎌倉時代に活躍した名将・楠木正成公をお祀りしています。

湊川神社の初詣はそのご利益だけではありません。お守り・破魔矢といった授与品が約50種類、おみくじは約10種類と、その種類が豊富なことでも有名です。

湊川神社
例年の人手:約90万人

13位:豊川稲荷(愛知県)

愛知県の豊川市にある豊川稲荷は室町時代に創建され、日本三大稲荷のひとつとして信仰を集めています。徳川家康・大岡越前守忠相・渡辺崋山といった名だたる武人や文人たちから保護を受け、江戸時代には立身出世・商売繁盛・盗難避けの神様として民衆からも広く支持されてきました。

ちなみに豊川稲荷の正式の寺号は「妙厳寺」。伏見稲荷を総本社とする稲荷神社ではなく、仏教の神様「吒枳尼天(だきにてん)」を信仰対象とするお寺です。1000体以上の狐の石像を安置している「霊弧塚」は特に有名です。

豊川稲荷
例年の人手:約100万人

12位:宮地嶽神社(福岡県)

福岡県福津市にある宮地獄神社は、全国に鎮座する宮地嶽神社の総本宮です。ご祭神は神功皇后で、日本一の大きさを誇る「大注連縄」をシンボルとしています。この大注連縄は直径2.5メートル、長さ13.5メートルもあり、重さは5トンにも達するほどなんだとか。

金成・商売繁昌・開運の神として知られているほか、全国でも最大級の横穴式石室古墳や黄金の屋根を持つ本殿を有するなど、さまざまな面で有名な神社です。

宮地嶽神社
例年の人手:115万人

11位:生田神社(兵庫県)

兵庫県神戸市にある生田神社は、「神戸」という地名の元にもなった非常に歴史のある神社として、地元を中心に篤い信仰をあつめています。

ご祭神は稚日女尊(わかひるめのみこと)です。この神様については、あの天照大神の幼名とも、妹・和魂とも言われています。必勝祈願のご利益があるとされており、プロスポーツ選手も参拝に訪れます。

生田神社
例年の人手:約152万人

10位:太宰府天満宮(福岡県)

太宰府天満宮はご祭神として菅原道真公を祀っている、福岡県太宰府市の有名社です。京都の北野天満宮と並んで、全国に鎮座する天満宮の総本宮といわれています。

太宰府天満宮は「学問・文化の神様」「受験生の聖地」として有名で、毎年全国から学業祈願を願う多くの学生たちが参詣に訪れます。その歴史は非常に古く、1100年を越すほどです。

太宰府天満宮
例年の人手:約200万人

9位:武蔵一宮 氷川神社(埼玉県)

埼玉県さいたま市にある氷川神社は武蔵国の総鎮守でもあり、東京・埼玉を中心に約200社以上鎮座している氷川神社の総本宮です。ご祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)、稲田姫命(いなだひめのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)です。

約3万坪の広さの境内を有しており、約2kmにわたって伸びる「氷川参道」と呼ばれる表参道には、美しいケヤキ並木が生い茂っています。回廊や楼門も非常に美しい神社として知られています。

氷川神社
例年の人手:約207万人

8位:熱田神宮(愛知県)

三種の神器のひとつ「草薙神剣」の鎮座から創祀が始まった熱田神宮は、2013年で創建1900年を迎えるほど歴史深い神社です。広い境内には本宮・別宮に8つの摂社と19の末社が鎮座しており、年間を通してさまざまな神事が行われています。

「熱田さん」と呼ばれて愛知県内外の人々にひろく親しまれており、初詣だけでなく年間を通して約650万人の人が参拝に訪れるんだとか。あの織田信長も必勝祈願のため参拝したとされており、そのお礼にと信長が寄進した「信長塀」は今なお現存しています。

熱田神宮
例年の人手:230万人

7位:住吉大社(大阪府)

摂津国のなかで、その地域の中で最も社格の高いとされる神社「一の宮」として古くから篤い信仰を得ている住吉大社です。大阪の人からは「すみよっさん」と呼ばれ、親しまれています。

全国に約2300社以上もある「住吉神社」の総本社。本殿の様式「住吉造」は神社建築史上最古のものであり、国宝にも指定されています。開運・商売繁盛・縁結び・安産など多くのご利益があり、年始からも多くの行事が控えているため、訪れる方は時間帯などを調べてから行ってもいいかもしれません。

住吉大社
例年の人手:約235万人

6位:鶴岡八幡宮(神奈川県)

神奈川県にある鶴岡八幡宮は、古都鎌倉のシンボルとも言える神社です。京都の岩清水八幡宮を現在の「元八幡」へと勧請し、そのあと源頼朝により現在の地へ遷座されたのが始まりといわれています。鎌倉の街と源氏の守り神として、地元民だけでなく全国的にも信仰されています。

ご祭神は応神天皇と比売神、応神天皇の母・神功皇后です。恋愛成就、健康長寿、学業成就、交通安全など幅広いご利益を持っているとされており、初詣の時期は多くの人でにぎわいます。

鶴岡八幡宮
例年の人手:255万人

5位:伏見稲荷大社(京都府)

全国に約3万社あると言われている稲荷神社の総本社であり、毎年の初詣では近畿地方にある寺社のなかで最多の参詣客を集めています。外国人観光客からの人気も非常に高く、トリップアドバイザーにおける2014年の「外国人に人気の日本の観光スポット」では1位を獲得しています。

境内には稲荷神の眷属であるキツネの石像が多く見られ、また崇敬者から奉納された鳥居は約1万基にものぼります。狭い間隔で鳥居が多数建てられた「千本鳥居」はとても有名で、五穀豊穰・商売繁盛・交通安全といったご利益があるとされています。

伏見稲荷大社
例年の人手:270万人

4位:浅草寺(東京都)

東京都最古のお寺である浅草寺は、「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と呼ばれ親しまれています。観光地としても非常に有名で、表参道の雷門や風神雷神・仲見世通り・五重塔などは、東京のランドマークとも言えます。

観音菩薩を本尊としており、聖観音宗の総本山でもあります。ご利益としては商売繁盛・家内安全・学業成就・厄除け・病気平癒などが挙げられるようです。

浅草寺
例年の人手:約281万人

3位:川崎大師 平間寺(神奈川県)

神奈川県川崎市にある真言宗智山派の総本山である平間寺は、「川崎大師」の愛称で広く親しまれています。平間兼乗が海から引き上げた弘法大師空海の木像を本尊とし、1182年に建立されました。

「厄除けのお大師様」と呼ばれるとおり、厄除けが大きなご利益となっています。毎年初詣の時期には、神奈川県で第1位となる参詣客数を誇っています。

川崎大師
例年の人手:約298万人

2位:成田山新勝寺(千葉県)

千葉県成田市にある成田山新勝寺は、3位の平間寺と派を同じくする真言宗智山派のお寺であり、大本山のひとつです。940年に寛朝大僧正により開山されたこちらは、千葉県内で第1位、関東でも有数の、人気と知名度の高いお寺です。

本尊は不動明王。額に印を押してもらうという授与方法が楽しい「新春不動明王御印紋」は、無病息災だけでなく学業成就にもご利益があると、受験生から人気です。空港に近いため外国人の姿も多く、年明けも大きな賑わいをみせるのではないでしょうか。

成田山新勝寺
例年の人手:約300万人

1位:明治神宮(東京都)

東京都渋谷区にある明治神宮は、毎年全国No.1の参詣者数を誇る、日本を代表する神社です。明治天皇と昭憲皇太后をご祭神として祀っており、そのご利益は皇室弥栄・家内安全・縁結び・厄除け・合格成就・世界平和・家内安全など多岐にわたります。

都会の真ん中にありながら広大な敷地を誇る代々木の杜は、全国から献木されたおよそ10万本を植栽した人工林であり、都会のオアシスとして愛されています。「おみくじ」が存在しないのも特徴で、くじを引いて吉凶のふだをもらう代わりに明治天皇・昭憲皇太后が詠まれた和歌を「大御心」として授かります。

今年も日本一の看板に違わず非常に多くの参詣客がおとずれ、新年のお参りをすること間違いありませんね!

明治神宮
例年の人手:約313万人

今年の初詣におすすめ神社

毎年人気の神社だけでなく、2015年だからこそ参拝したい・参詣客が増えそうな神社というものもあります!

羊神社

愛知県名古屋市にあるのが「羊神社」です。ご祭神は天照大神と火乃迦具土神(ひのかぐつちのかみ)。小さな氏神様ですが、2015年の干支が羊であるということからも、まさに新年のお参りにピッタリの神社ではないでしょうか?

未年はいつも数多くの参詣客が訪れ、混雑が予想されます。神社としても、未年にかぎってはベビーカーやシルバーカーを使用しての参拝を自粛するよう求めているようですので、気をつけましょう!

松陰神社

今年初詣に訪れたいのが、明治維新の精神的指導者であった幕末の教育者であり思想家・吉田松陰を祀る「松陰神社」です。というのも、2015年の大河ドラマはかの吉田松陰の妹であり、自身も松下村塾を切り盛りしていた「杉 文(すぎ ふみ)」が主人公なんです。

1月4日の初回放送以降には参詣客がグッと増えるかもしれないため、それよりも一足先に松陰神社を参拝してみてはいかがでしょうか?東京・世田谷区にあり、都内でありながら自然豊かなのんびりとした風景を楽しめます。

新年のお参りはどこに行く?

全国の人気の神社はもちろん、家の近くの氏神様にお参りしてもいいですよね。新年を気持ちよく迎えるために、どこに初詣をしにいくか、今から考えておいてもいいかもしれませんね!

(image by 写真AC)

この記事で使われている画像一覧

  • 3be5bbfd 7dfc 4275 b82f 95cd95a24bd5

本記事は、2014年12月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る