生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. US滞在時の飲食費を安上がりにする小ワザ

US滞在時の飲食費を安上がりにする小ワザ

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

海外旅行はお金がかかるものですよね。エアー、ホテル、レンタカー、食事、ショッピングなど。

エアーやホテルはいまや、ネットでも安いプランやチケットを探せるようになっていますし、レンタカーはそれほど差はありません。

部屋での食事について、少しでも安くあげる小ワザを紹介します。

ポイント

その1:冷蔵庫を手に入れる

ホテルによって、部屋に冷蔵庫がある場合とない場合、あっても中に物が入っている場合とない場合があります。空の冷蔵庫がすでにある場合にはそれを使います。

部屋に冷蔵庫がない、もしくはあるけどそこにはビールやジュースが入っている場合には冷蔵庫を借りましょう。

フロントに電話して「フリッジを貸してくれ(I would like a fridge)」と言いましょう。冷蔵庫は「refrigerator」ですがこれは多分うまく発音できないし通じません。

その2:スーパーに買い出しにいく

現地の人が使うようなスーパーに買い出しにいきます。地域毎にそのエリアにあるスーパーのブランドは違います。

ホテルの人に「スーパーに行きたい(I would like to go some supermarkets)」と言えば場所や店名を教えてくれるでしょう。

ちなみにCA(カリフォルニア)だと、Albertson'sやRalphsなどを良く見かけます。

スーパーで滞在中に消費するであろう量のビールやジュースやミネラルウォーター、その他を買い込みましょう。

たとえばコーラなどは、店頭で買うと$2以上するのがスーパーでまとめて買えば1/4以下で買えたりします。

余談ですが英語でジュースはBeveragesですがSodaといったほうが通じるかもしれません。

その3:チャイナデリなどを活用する

海外にはチャイナデリ(デリカテッセン)のような、安くテイクアウトできるお店がたくさんあります。

たとえばチャイナデリだと、だいたい$6-8くらいで3items、つまりご飯や麺のほかに3品えらぶことができます。

チャイナデリのChomin(やきそば)などは、だいたいどのお店でもとても美味しいです。ボリュームがすごく多いので、だいたい3itemsで二人分くらいあると思います。

ちなみに、英語でイートインはfor here、テイクアウトはto goと言います。よく「for here or to go?」と聞かれますよね。

おわりに

もちろん食事も旅行の醍醐味のうち、おいしくて豪華なものを綺麗なレストランでたべるときは我慢することはないと思います。

ですが、とりあえず部屋でくつろぎながら適当に食べる、というのであればバカ高いルームサービスではなくスーパーやデリを活用してお金を節約し、その分外食や買い物で使うほうが賢いかもしれませんよ。

ただ今回の方法は自分でレンタカーを借りる人向きではあります。

(photo by http://www.flickr.com/photos/hyougushi/93858783/ )

この記事で使われている画像一覧

  • 20101209151702

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る