生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 低予算で1人暮らしをはじめるコツ!IKEAの手頃でお洒落な家具まとめ

低予算で1人暮らしをはじめるコツ!IKEAの手頃でお洒落な家具まとめ

2014年12月09日作成

 views

1人暮らしをはじめるとき、どうしても家具を買いそろえるのにお金が掛かります。とはいえ、家具はそろっていないと不便なもの。しっかりと用意して一人暮らしを始めたいものです。

そこで今回は、1人暮らしをするときに絶対に必要になる家具やアイテムのうち、IKEAで手に入れることができるものを集めてみました。IKEAの商品なら、おしゃれで安いので、一人暮らしのはじめにぴったりです!

シンプルなものを選べば、長く使うこともできますね。まずはベーシックかつ絶対使うものを買って、きたる一人暮らしに備えましょう!

目次

ベッド

ベッドフレーム:FJELLSE

まずなくてはならないのは寝具、ベッドです。ベッドフレームさえあれば、マットレスとと布団で立派なベッドの完成。

こちらのベッドフレームは、脅威の3,999円という安さが魅力です。しっかりとしたお気に入りのものを探すまでの「つなぎ」にも使えますね。できるだけ値段を抑えたい人におススメです。

ベッドフレーム:TARVA

初めての1人暮らしの場合は、のちのち買いそろえることになる家具と色やテイストが合わないといったことがないように、シンプルなものを選ぶのがおすすめ。

こちらのベッドフレームは、温かみのある天然素材が使われたシンプルなものなので、どんな家具ともマッチしそうです。

ベッドフレーム:FLAXA

1人暮らしの部屋は基本的に収納スペースが少ないことが多いです。ベッドに収納棚が付属しているものを選ぶと、かさばりがちな毛布や洋服などをしまうことができて、とても便利です。

マットレス

マットレス:MALFORS

ベッドには、マットレスも必須。フレームと違い、じかに身体を横たえるものですので、マットレスは少し値段が張ってもできるだけ身体にあったものを選びたいですね。

マットレス:MORGEDAL

こちらは低反発素材を使っており、身体のラインに合わせて体圧を効果的に分散してくれるので、夜はぐっすりしっかりと眠りたいという方におススメです。

身体に合わないマットレスは腰を痛める原因にもなるので、実際に寝てみて判断するのがいいでしょう。

マットレス:HYLLESTAD

こちらはスプリングのマットレスです。お値段が張るだけあって、しっかり全身を包み込んでくれる質のよいマットレスですね!

なお、スプリングマットレスを選ぶときは、寝心地だけでなくスプリングの音が気にならないかも注意したいところ。あまりうるさいようだと、騒音の原因にもなります。

カーテン

カーテン:VIVAN

引越し費用を少しでも抑えたいなら、カーテンは安価なものを選んで◎。カーテンは、ないと外から部屋が丸見えになってしまうのでとても困りますが、まずは「ある」ことが重要ですので、選り好みしなければ値段を抑えられます。

カーテン:INGERLISE

カーテンの色は部屋全体の雰囲気に大きく影響してくるので、慎重に選びたいものです。もし部屋全体の雰囲気に特にこだわりがない場合は、シンプルな落ち着いた色で整えておくと、のちのちいろいろな家具を買っても馴染みやすいのでおススメです。

カーテン:SANELA

遮光・遮熱カーテンを選べば、光はもちろん外の熱も遮断してくれるので、光熱費の節約に繋がります。デザインや値段だけでなく、機能性にも着目して選べば、のちのち得をすることになるかもしれません。

テーブル

ローテーブル:LACK

ごはんを食べたり、パソコンで作業をしたりと、何かと使うことになるのが机です。1人暮らしの部屋だと、床に座って使うタイプの机のほうが部屋を広く使えるので、おススメです。

ローテーブル:LOVBACKEN

1人暮らしをする上で、家具は使いやすいだけでなく収納しやすいこともとても大事です。広く部屋を使いたいときに畳んで脇に寄せることができる机だと、お客さんが来たときなど重宝しますよ。

テーブル:TORNLIDEN

パソコン作業や仕事などは椅子に座ってやりたいという人には、背の高い机があったほうがいいですね。ローテーブルと比べるとスペースを取るので、他の家具と調整して余裕を持って選びましょう。

シェルフ

シェルフ:KALLAX

本や小物などの生活雑貨は知らず知らずのうちに増えていくものですよね。床に置いておくとごちゃごちゃしてしまうので、まとめて整理しておける環境を作っておくと便利です。

このサイズの棚だと、必要に応じて買い足していくことができるので、初めての1人暮らしでも安心して使うことができます。

シェルフ:KALLAX

このサイズの棚がひとつあれば、収納はほとんど問題ないと思います。備え付けの収納スペースが少ないことがわかっている場合は、このサイズの棚を買ってしまったほうがお得ですね。

ただ大きいサイズのものは、玄関やドアから搬入することができるかどうかも、購入する前に確認してくださいね。部屋のスペースを多く専有してしまうことも考慮しておきましょう!

シェルフ:FJALKINGE

細かく区切られることなく横長に広がった棚板なので、自由スペースを活用することができます。シンプルなラインなので、ほかのスタイルの家具とも馴染みやすく、最初に買うシェルフにはぴったりです。

収納ボックス

収納ボックス:DRONA

1人暮らしの部屋はクローゼットなどの収納スペースが広いわけではなく、また棚などを置くにも限界があるため、工夫して収納スペースを確保していく必要があります。

収納ボックスはシェルフと組み合わせることで、タンスのように活用できるだけでなく、カラーバリエーションを増やすことで部屋全体がおしゃれになります。

ふた付きボックス:SAMLA

蓋がしっかりついている収納ボックスは、着ない服などをまとめて整理しておくことができます。ボックスは数が多くなっても積むことができるため、物がたくさんある人にはおススメです。

ふた付き容器:KNODD

収納ボックスも同じものだけでそろえるのではなく、色や形の違うものをいくつか買っておくと、部屋のインテリアのアクセントになります。気になったデザインのものは、デザインの調和も考えつつ、購入してみましょう。

IKEAで初めての一人暮らしをスタートさせよう!

長い1人暮らし、必要になってきたら徐々にアイテムを買い足していけばOKですので、まずはおしゃれで使える家具・アイテムを安く手に入れて備えるのがおすすめ。

IKEAは、おしゃれな家具が手ごろな価格で手に入れることができるのが魅力的です。デザインや機能によって値段が上下するので、予算と相談してぜひ自分にぴったりの家具を探してみてください。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141209120613 54866725d1e9f

本記事は、2014年12月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る