生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. じゃがいもは皮つきレンチンOK!「NYセレブが愛するエッグスラット」の作りかた

じゃがいもは皮つきレンチンOK!「NYセレブが愛するエッグスラット」の作りかた

2014年12月08日作成

 views

お気に入り

「エッグスラット」と呼ばれる食べ物がNYセレブの間でブームなのだそうです。小腹が空いたときに、お酒のおつまみにバゲットと一緒に楽しめる1品です。マッシュポテトを使うのですが、簡単に皮付きのままレンジでチンしてできちゃいます!

そんな簡単レシピで作る、「NYセレブが愛するエッグスラット」の作りかたを紹介します。

目次

材料(2人分)

  • じゃがいも・・・小2個(北アカリを使用)
  • 卵・・・2個
  • バター・・・10g
  • 牛乳・・・大さじ8
  • クレイジーソルト、味塩こしょう、ナツメグ・・・合わせて小さじ1程度
クレイジーソルト、味塩こしょう、ナツメグは好みのハーブやスパイスでもOKです。

作り方(調理時間:25分)

STEP1:じゃがいもを加熱する

しっかり洗ったじゃがいもは、水気をとらずに皮付きのまま電子レンジ1000wで8分加熱します。

竹ぐしを刺して、すっと通ればOKです。流水をかけながら皮を剥きます。

やけどに気をつけながら、流水をかけつつ皮を剥きましょう。するっと剥くことができます。

STEP2:マッシュポテトを作る

マッシャーで、皮をむいたじゃがいもを潰します。冷めきらないよう、手早く行うのがポイントです!

ある程度潰すことができたら、バターと牛乳を入れて更につぶして滑らかにします。

じゃがいもが温かいうちに混ぜるのがポイント!じゃがいもの熱で溶けてくれます。

STEP3:スパイスを入れる

STEP2にスパイスを入れて混ぜます。スパイスを入れることで食べやすくなります。

ハーブがなければ塩こしょうだけでもOK。

STEP4:容器に入れて卵をのせる

蓋ができる耐熱の容器に、STEP3のマッシュポテトを入れます。

上から卵を割り入れます。

STEP5:蓋をする

蓋をしっかり閉めておきます。

STEP6:湯せんする

フライパンや鍋などにお湯をはり、その中に容器を入れていきます。お湯が中に入らないよう、蓋にお湯がかぶらないくらいのお湯をわかします。

中火で湯気が出るくらいの火力で、蓋をして12分程度。湯せんをして卵を半熟にさせます。

卵は半熟になるまで加熱します。大体10~15分程度です。

STEP7:完成!

卵が好みの固さになったら完成!

バケットなどと一緒にお皿に盛りつけていただきます!

作り方のコツ・注意点

コツは、ポテトサラダよりもなめらかなマッシュにすること。水分量が多い方がトロっとしているので、容器に入れやすいです。

また、卵はぜひ半熟で!マッシュと卵を混ぜてパンにつけて食べるので、かたまりすぎないちょうどいいタイミングをはかって盛りつけましょう。

おわりに

ポテトサラダ+卵のディップのような感じで楽しめるので、お好みのスパイス次第でマッシュポテトの味のバリエーションもつけられそうですね。

NYセレブの間で爆発的ブームとなっている「エッグスラット」。レンチンじゃがいもで、手軽に作ってみてはいかがでしょうか。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141201125935 547be7a712405
  • 20141201130137 547be82117995
  • 20141201130152 547be8300d9b6
  • 20141201130204 547be83c4589f
  • 20141201131637 547beba5b83cb
  • 20141201131653 547bebb57a10e
  • 20141201131707 547bebc4007b1
  • 20141201131737 547bebe135fa5
  • 20141201131748 547bebecb41f9
  • 20141201131758 547bebf6c50e4
  • 20141201131816 547bec0896a9a
  • 20141201131831 547bec177d750
  • 20141201130021 547be7d55430d
  • 20141201130100 547be7fca6d6b

本記事は、2014年12月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る