生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 圧力鍋で煮込んで柔らか!トロトロ牛筋カレーの作り方

圧力鍋で煮込んで柔らか!トロトロ牛筋カレーの作り方

2014年12月08日作成

 views

カレーは、誰もが愛するといっても過言ではないくらい人気の食べ物ですよね。「カレーは飲み物」と、名言した芸能人もいました。

筆者もカレー好きなので今までも色々なカレーを作ってきましたが、中でもお気に入りの牛筋肉を使ったカレーを紹介します。圧力鍋を使うのでとろとろですよ!

小さなお子さんでも食べられるように、ここでは甘口カレーを使用します。

材料(6人分)

  • (A)牛筋肉・・・300g
  • (A)酒・・・大さじ1
  • (A)長ネギ・・・15cm
  • (A)チューブのにんにく・・・1cm
  • (A)チューブの生姜・・・1cm
  • 玉ねぎ・・・1個
  • 人参・・・1本
  • トマト(小さ目)・・・1個
  • リンゴ・・・1/4個
  • カレールー・・・1箱
  • 茹で汁+水・・・600cc
  • 顆粒コンソメ・・・小さじ2
  • インスタントコーヒー・・・小さじ1/2

作り方(調理時間:60分)

STEP1:牛筋を煮込む

牛筋は水で洗い、(A)の材料と圧力鍋にいれます。そして、牛筋肉に水(分量外)が被るまで入れます。次に、蓋をとじ高圧に設定し、中火にかけます。

シュンシュン言い始めたら弱火~中火の間にし15分程加熱しましょう。時間が経ち、火を止めたら圧が自然にさがるのを待ちます。

圧が抜けたら蓋をあけ肉を取り出します。茹で汁は一旦ボウルにあけます。茹で汁は後で使うので捨てないでくださいね。

圧が自然にさがるのを確認してから、蓋をあけてください。

STEP2:野菜をプロセッサーにかける

玉ねぎは皮をむき半分に、人参は皮をむき2cm位にカットします。リンゴは種を取りのぞき、皮をむいて切っておきます。

また、トマトはヘタの部分を取り除いておきます。

野菜を全てフードプロセッサーに入れます。

蓋を閉めペースト状になるまで撹拌します。

STEP3:牛筋を小さく切る

圧がしっかり抜けた鍋から牛筋肉を取り出し、食べやすいサイズに切ります。

STEP4:鍋に具材を入れる

再び圧力鍋を用意し、STEP1の茹で汁と水を合わせて600cc入れます。次に、STEP2で撹拌した野菜ペーストを加えます。

STEP3の牛筋を加えて、蓋をしめます。

高圧に設定し中火にかけます。シュンシュン言い始めたら弱火~中火の間にし10分程加熱しましょう。

時間が経ち、火を止めたら圧が自然にさがるのを待ちます。STEP1と同様に、圧が抜けたら蓋をあけます。

STEP5:カレールーを加える

STEP4を弱火にかけながら、カレールウを加えます。ルウが溶けるまで、時々かき混ぜます。

STEP6:隠し味を加える

完全に溶けたら、隠し味のインスタントコーヒーを加え全体に混ぜます。この時はとろ火でかき混ぜましょう。

STEP7:完成

器にカレーとライスを盛り付けます。完成です!

作り方のコツ・注意点

圧力鍋で気をつけないといけない事は、圧がかかったまま鍋を開けるのは危険ですので、必ず確認してから蓋をあけましょう。

また、湯気などを触っただけでも火傷する場合がありますので、注意してくださいね。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141120162004 546d96246c51f
  • 20141120162022 546d963637848
  • 20141120162534 546d976e8c378
  • 20141120162039 546d9647403ba
  • 20141120162049 546d9651a433d
  • 20141120162058 546d965a9a9cb
  • 20141120162107 546d9663e0347
  • 20141120162141 546d9685e0e02
  • 20141120162155 546d9693ab8af
  • 20141120162205 546d969d9c569
  • 20141120162243 546d96c3ac575
  • 20141120162259 546d96d3ad9cb
  • 20141120162417 546d972138fe5
  • 20141120162429 546d972da8413
  • 20141120162456 546d9748bdd30

本記事は、2014年12月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る