生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 生地の厚さがポイント!我が家のもちもちお好み焼きレシピ

生地の厚さがポイント!我が家のもちもちお好み焼きレシピ

2014年12月08日作成

 views

筆者の家では、薄めの生地に具材をのせて焼く広島焼きに近いお好み焼きを作っています。それでも、もちもちの生地を楽しみたいものですよね!そこで、筆者は生地をもちもちにするために、普通より少し厚くしています。

今回は生地の厚さがポイント、我が家のもちもちお好み焼きの作り方をご紹介します。

目次

材料(4枚分)

  • お好み焼粉・・・80g
  • 水・・・120cc
  • 卵・・・1個
  • サラダ油・・・適量
  • 豚ばら肉・・・100g
  • キャベツ・・・1/2個
  • 天かす・・・適量
  • かつおぶし・・・適量
  • お好み焼きソース・・・適量
  • マヨネーズ(お好みで)・・・適量
  • 青のり・・・適量

作り方(調理時間:15分)

STEP1:キャベツをカットする

キャベツは粗みじん切りします。

STEP2:生地を作る

ボールに、お好み焼き粉・水・卵を混ぜて生地の液を作ります。

具材を混ぜて焼くお好み焼きの時より、サラサラとした液です。

STEP3:生地を広げて焼く

180℃に温めておいたホットプレートに、おたま1杯弱の液を取り広げます。だいたい5㎜くらいの厚さになるよう、広げていきます。

STEP4:具材を生地に乗せる

生地を広げたら、すぐにキャベツ→かつおぶし→豚肉→天かすの順にのせていきます。

STEP5:さらに生地をかける

その上から生地大1をまわしかけます。こうすることで、具材同士を少し密着させています。

STEP6:裏返す

STEP5の後、すぐにフライ返しで裏返します。そしてそのまま約5分焼きます。

STEP7:トッピングをする

5分程経過したら、ソース・マヨネーズ(お好みで)・青のりををかけて完成です。

作り方のコツ・注意点

生地を裏返す際、失敗して具材が生地の外に出てしまったら、慌てずにフライ返しなどで具材を生地の下に潜り込ませれば大丈夫です。著者もよくやりますよ。

さいごに

いかがでしたか。生地に具材を混ぜていないので、生地本来のもちもち感が堪能できるレシピとなっています。

筆者宅では少し厚めにしていますが、いろいろ試してお好みのもちもち具合を探してみるのも楽しいかもしれませんね。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141129150920 5479631015f34
  • 20141129151142 5479639e772c2
  • 20141129151855 5479654f81061
  • 20141129152010 5479659a3a2f3
  • 20141129152111 547965d73f931
  • 20141129152426 5479669a2c2d0
  • 20141129152519 547966cf566e5
  • 20141129152622 5479670ee6c12
  • 20141129152731 54796753e6d70

本記事は、2014年12月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る