生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. すでに全国区!?新たな門出を祝う「2分の1成人式」とは

すでに全国区!?新たな門出を祝う「2分の1成人式」とは

2014年12月05日作成

 views

皆さんは「2分の1成人式」をご存じですか?

お子さんをお持ちの親御さんだったり、実際に体験した若い方は知っているかと思いますが、まだまだ社会に浸透していないイベントだと思います。

2分の1成人式とは名前のとおり、成人式をする20歳の半分である10歳のときに行う儀式のことです。他にも、「半成人式」「10歳式」などと違う名称で呼ぶ場合もあります。

最近ではメジャーなイベントになってきた2分の1成人式ですが、「どうしてそんな新しい儀式が始まったの?」「何をするための儀式なの?」など、疑問は尽きません。

そこでここでは、2分の1成人式がそもそも何なのか、そしてどのようなことを行っているのかについて、ご紹介します。

目次

そもそも2分の1成人式って何?

2分の1成人式は20歳の半分、つまり小学4年生の10歳のときに、それまで生きてきた人生を振り返って、将来どのようになりたいかということを考えるためのイベントです。

子供心にも、お母さんやお父さんのおかげでここまで成長できたんだなあ、ということを感じて、感謝の気持ちを伝えるきっかけにもなります。

また、子供だけでなく親御さんにとっても自分の子供がこんなにも成長したんだということを改めて確認する、いい機会になります。式を行うと、感動のあまり大泣きする親御さんもいるのだとか。

プライベートで行うことはもちろん、学校で式が開催されることもあり、最近ではとてもメジャーな存在になっています。

2分の1成人式では具体的にどんなことをやっているの?

一言に「2分の1成人式」と言っても、行っていることは一つだけではありません。ここでは、いくつかの例を紹介します。

タイムカプセル

10歳という区切りの時期に自分が何を考えていたかということを残すために、手紙を書いたり、テスト答案などをタイムカプセルとして残したりします。

10年経って本当の成人式を迎えたときに、タイムカプセルを見たら、10年間の成長具合を実感できるかもしれません。

子供または親からの個人発表

自分が将来なりたいものについて図書館などで調べて発表したり、親への日ごろからの感謝の思いを伝える、子供の個人発表をします。それに加えて、親から子供に対してメッセージを送ることもあるそうです。

写真撮影

七五三や成人式のときに記念写真を撮影するように、2分の1成人式でも写真撮影をすることが多いようです。

合唱

学校で行われる2分の1成人式では、日ごろの音楽の勉強の成果を見てもらうために、式に来てくれた両親に向けて歌うことも。

『10才のありがとう』という、10才になるまで育ててくれた両親に「ありがとう」を伝える曲があり、この曲を歌う学校もあるそうです。

2分の1成人式以外にも成人の行事が!?

10歳のときに行うのが2分の1成人式ですが、12・3歳の中学生の時期にも成人に関する行事を行う学校や地域があるのです。

それは奈良時代以降行われている元服式のことです。

元服式では何をするの?

元服式とは昔の成人式のこと。昔の文化・風習に触れて日本の文化を学ぶという意味で実施しているところがあるようです。

昔からの風習で、地域ぐるみでやっている場合が多いため、実施する内容はまちまちです。

一般的には、袴(はかま)を着て、「烏帽子」という平安時代から和装をする際に被る帽子をかぶせてもらう、加冠の儀(かかんのぎ)というものをするようです。

女性は、加冠の儀ではなく裳着(もぎ)という、裳という着物を着せる儀式が正式なものなのですが、これに関しては用意するのが難しいためか、やっていないところもあるとのこと。

昔から行われている行事で成長を祝われるので、実際にやってみるとより成長の実感ができそうです。

元服式は、奈良時代は12~16歳で行われていましたが、時代によって5~6歳から20歳ほどまでを対象に、幅広く行われているようです。そのため、地域によっては12・3歳ではない年齢で元服式を行うこともあります。

2分の1成人式はもはや常識に...!?

これから、数十年たったら2分の1成人式はもしかすると日本国民にとって当たり前のものになっているのかもしれません。こうして、文化が作られていくと考えると少し面白いですね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141118180322 546b0b5a7f39b

本記事は、2014年12月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る