生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ただお願いをするだけではダメ!?見直しておきたい初詣の基礎知識

ただお願いをするだけではダメ!?見直しておきたい初詣の基礎知識

2014年12月05日作成

 views

お正月になると初詣に行く人は多いと思います。神社にお参りして1年のお願いごとをする風習だと考えている人が多いのかもしれませんが、初詣の由来をたどっていくと、どうやらそんなに単純なものではないようです。

また、お願い事をするにも、正式な作法を知っている人は少ないのではないでしょうか?正しいやり方でないと、神様も話を聞いてあげようとは思いませんよね。

今回はそんな「初詣には行くけど詳しいことは知らない……」という人のために、初詣の由来・正しい参拝方法についてご紹介します。

目次

初詣の由来

初詣の元となった行事

日本には「年籠り」という風習がありました。大晦日の夜から元旦の朝にかけ、氏子である家長がその土地の氏神様を祀った神社に籠り、豊作や家内安全を祈願するというものでした。

この年籠りが大晦日の夜に詣でる「除夜詣」と元旦の朝に詣でる「元旦詣」に分かれます。

この「元旦詣」が現在の初詣の原型となっています。

最初は「恵方」に詣でる風習だった

江戸時代末期までの元旦詣は「恵方詣り」とも呼ばれており、その年の年神様がいるとされる縁起のいい方向(恵方)にある社寺に参拝していました。

しかし明治時代になると鉄道などの交通の便が発達し、遠くの有名な神社にも詣でることが可能になりました。恵方詣りという考えは廃れ、各々好きな神社を選んで参拝するようになり、これが現在の初詣のスタイルとなっています。

神社の参拝の際に覚えておきたい社寺用語

本殿

御神体が祀られている建物です。大抵お賽銭箱と鈴が設置してあり、その部分は拝殿と呼ばれています。

手水舎

神様の前に出て行く前に参拝者の体を清める場所であり、普段目に見えない罪・穢れを払うことができます。

古来より鈴の音には魔よけの霊力があると言われており、鈴を鳴らすことでお祓いを受けることができるとされています。

参拝のやり方

迷ってしまう人も多いのではないかと思われる、参拝の正式なやり方を紹介します。

1:鳥居をくぐる

鳥居をくぐる前に服装の乱れを整え、神様に敬意を表すために軽く会釈をしてからくぐりましょう。

参道の中央を歩いてはいけません。参道の中心は「正中」と言い、神様が歩くところです。

2:手水舎で身を清める

柄杓を持ち、左手、右手の順で手を洗い清めます。

手を清め終えたら柄杓を右手に持ち、左手で水を受けて口をすすぎます。

柄杓に直接口をつけてすすぐのはやめましょう。

もう一度左手を清めます。

自分の触ったところは水で清め、柄杓を縦にして元の位置に戻しましょう。

3:お参りをする

拝殿に進み、姿勢を正します。

お賽銭を賽銭箱に入れ、鈴を鳴らしたら、もう一度姿勢を正します。

お賽銭は投げずにそっと入れましょう。投げ入れると神様に失礼にあたります。

お賽銭に正式な金額はありませんが、語呂合わせでお賽銭の額に願掛けするのは定番ですよね。お参りの前に、これらを参考に小銭を用意しておくと◎!

5円 「ご縁(5円)がありますように」
10円(5円玉2枚) 「(5円玉を重ねることから)重ね重ねご縁がありますように」
15円 「十分ご縁がありますように」
20円(5円玉4枚) 「よい(4)ご縁がありますように」
25円 「二重にご縁がありますように」
30円(5円玉6枚) 「安定と調和の取れたご縁がありますように」(「六角形」には、安定と調和をもたらす意味があります)
35円 「再三(3)ご縁(5)がありますように」
40円(5円玉8枚) 「末広にご縁がありますように」(漢字の「八」から来ているようですが諸説あります)
45円 「始終ご縁がありますように」
50円 「五重の縁がありますように」「10倍のご縁がありますように」

お賽銭を入れたら「二礼二拍手一礼の作法」をします。90度の礼を二回、胸の前で拍手を二回し、その後、お願い事ではなく「普段の暮らしへの感謝」と「誓い」をします。

自分の欲望からのお願いではなく、「今年はこういう風に生きていきます」という「誓い」をしましょう。

終わったらもう一度90度の礼をします。

4:鳥居をくぐり神社を出る

体の向きを変え、会釈をしてから鳥居をくぐりましょう。

作法を理解して参拝しよう

毎年、年の初めには初詣に行くという人は多いと思いますが、実は色々な決まりごとがあるのを知っていましたか?ただお願い事をしに行くわけではなくて、「神様のおそばに行って誓いを立てる」という意識を持って参拝できると、新たに気も引き締まりそうです!

来年の初詣は、ただ願い事をするだけでなく、しっかり誓いを立てて、よい新年を迎えてくださいね。

Twitterで紹介!

(image by amanaimages1 2 3)
(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141119130423 546c16c767519
  • 20141205103837 54810c9d16834
  • 20141205125507 54812c9ba87d6
  • 20141205125638 54812cf68ad00

本記事は、2014年12月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る