生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. ドラゴンクエスト芸人に向けておさらいしておきたい!ドラクエシリーズの基礎知識まとめ

ドラゴンクエスト芸人に向けておさらいしておきたい!ドラクエシリーズの基礎知識まとめ

2014年11月28日作成

 views

みなさん、ゲームはお好きですか?小さいころからゲームが好きで、大人になってもずっとゲームを愛してやまない方も多いのではないでしょうか。

日本のゲーム業界の中でも超有名な大ヒット作品といえば、「ドラクエ」の略称で知られている「ドラゴンクエストシリーズ」ですよね。小さい頃は、ドラクエが難しくて、なかなか攻略できなかったのもいい思い出になっているはずです。

そんな子供から大人まで多くの人が楽しめる、ロールプレイングゲームの金字塔。一般の方だけでなく芸能界にもドラクエファンは多いそうですね。アメトーーク!でもドラクエ芸人の回があるほどです。

そこでここでは、もう一度おさらいしておきたいドラクエの基本情報をまとめました!

目次

ドラクエの基礎知識

超有名スタッフ陣

ドラクエシリーズはスクウェア・エニックス(旧エニックス)から発売された1986年から続く、ロールプレイングゲームのシリーズです。

シナリオ・ゲームデザインの堀井雄二さんや、キャラクターデザインの鳥山明さん、音楽のすぎやまこういちさん、プログラマーの中村光一さんは、ドラクエを作った人として超有名ですね。

鳥山明さんは、ドラゴンボールなどの漫画家としても知っている方は多いのではないでしょうか。すぎやまこういちさんが手がけたドラクエのテーマは、多くの人が口ずさめるほどです。

中村光一さんはⅤ以降はエニックスを離れ、ドラゴンクエストⅣのスピンオフタイトル「トルネコの大冒険 不思議なダンジョン」など、今までになかったゲームのジャンルを切り開いたことでも知られています。

最も長く続いているRPGシリーズ

また、「最も長く続いている日本のRPG」として、ギネスブックに載ったこともあります。ファイナルファンタジーも日本を代表する長いシリーズですが、実はドラクエの方が1年だけ早く発売されているのです。

ドラクエシリーズの紹介

未だに話題にのぼる作品を取り上げて簡単に紹介します。

ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…(ファミコン)

ドラクエⅠ~Ⅲを指す「勇者ロトの伝説シリーズ」で、最も売れたタイトルです。ロトシリーズ全ての始まりの物語ということもあり、ストーリーにすんなり入っていけるのも、人気の理由の1つですね。

主人公に名前をつけたり、性別を選択したりといったキャラクターメイキングも話題になりました。ドラクエの魅力である魔法の種類も、この「Ⅲ」で60種類にまで増えています。

ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁(スーパーファミコン)

ドラクエⅣ~Ⅵを指す「天空シリーズ」で特徴的だったタイトルです。しかし公式には、天空シリーズは完結とは明言されていません。

やはり「Ⅴ」で特徴的なのは、親子3代に渡る物語と、中盤で結婚相手を選ぶ重要なイベントがあることですね。それによって、その後のイベントやキャラクターの会話が変わるのもプレイヤーを驚かせました。

モンスターを仲間にできたり、隠しダンジョンや隠しボスといった「やりこみ要素」が登場したのも、このタイトルが最初です。

ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君(PlayStation 2)

Ⅶでも3D表現は登場しましたが、完全な3D表現を完成させたのはこの「Ⅷ」なのです。グラフィックやエフェクトなど、当時の次世代機のスペックを十分に使っていることで大きな人気を博しました。

移動1つとっても、歩きと走りの違いや、武器を構えている状態と構えていない状態などが表現できるようになって、よりリアルにゲームの世界を感じられるようになっています。

ドラゴンクエストといえば…あるあるネタ

結婚相手選びを本当に真剣に悩む

前述のドラクエⅤの特徴でもある「結婚」ですね。DS版にはビアンカとフローラに加えてデボラが追加されました。この重大イベントは慎重に考える人が多いようです。

結局決められないからデータを分ける

こちらもⅤからです。2人または3人に決められないので、データを分けてそれぞれ違う子と結婚する人が続出しました。どのヒロインも魅力的なので選べませんね。

ルドマンに求婚

もはやネタとして、常識として、Ⅴが好きな方から絶大な支持をあつめるあるあるです。ルドマンとは花嫁候補であるフローラの育ての親で、結婚相手を選ぶときの立会人でもあります。話しかけると「なんと!この私が好きと申すか!そ、それはいかん!」と反応してくれます。

へんじがない ただのしかばねのようだ

ドラクエシリーズを通して、一番共感を持たれるあるあるではないでしょうか。勇者が旅をしている最中、人が倒れているところに遭遇するのですが、話しかけてみると死体だったということが多々あります。そのとき表示されるメッセージがこちらです。

おきのどくですが ぼうけんのしょは◯ばんはきえてしまいました

こちらも定番のあるあるです。データが消えてしまったことを指すメッセージなのですが、よく起こるためトラウマになっている人も多いのではないでしょうか。データが消えたときに流れる呪いの音楽は、今聞いてもドキッとしますね。

意味のない選択肢

旅の途中で、困っている人を助けるか助けないかを決める選択肢などが出現します。「はい」と「いいえ」のみなのですが、「いいえ」を選んでも会話は終わらず、どうしても「はい」を選ばなければなりません。ならなぜ聞いた!と突っ込みたくなるポイントです。

2回セーブ

これは今でもいろんなゲームでやっている方は多いかもしれません。ボスの前では、ちゃんとセーブできているかが心配になりますよね。

どうのつるぎ・はがねのつるぎ

強い武器を手に入れることは、序盤に限らずゲームを通しての最重要命題ですよね。どのドラクエシリーズでも、序盤で手に入れたいのは「どうのつるぎ」なのです。

開けてびっくり即死箱

ゲーム初期のプレイヤーの肝を冷やすモンスター「ミミック」「ひとくいばこ」などのことです。宝箱に擬態したモンスターなのですが、1ターン複数回行動の上、ザキ・ザラキを連発するという鬼仕様。苦しめられたプレイヤーも多いはず。

ロンダルキアへの洞窟

こちらドラクエⅡ限定のあるあるです。ロンダルキアへの洞窟という高難易度のダンジョンを命からがら抜けて、ほっと一息つくのもつかの間、抜けた先に出現する「ブリザード」というモンスターにザラキで全滅させられる、という悲劇を何度も味わった方は多いでしょう。

カジノにハマる

カジノがある街に行くと、そこでミニゲームなどができるようになるのですが、冒険そっちのけでこっちにハマる人が続出しました。1ヶ月くらいここで遊び倒してから、冒険を再開する勇者…ちょっと残念ですよね。

会話はちゃんと聞こう

長い話ではなくても、村人などに話しかけたとき大した情報を得られず、早く終わらせようとすると起こる現象です。人の話はしっかり聞こうということですね。

天井に頭をぶつける

屋内でルーラを使うと、こういったメッセージが表示されます。ルーラは物理的に空を飛んで移動する、という呪文なので当たり前といえば当たり前ですね。

おお 〇〇!しんでしまうとは…

勇者が全滅したときに、ドラクエⅠでは王様が、ドラクエⅡでは王様と神父が言う台詞です。Ⅰでは「しんでしまうとは なにごとだ」、Ⅱでは「しんでしまうとは なさけない」と少しだけ違います。

無限増殖

「なかまをよぶ」という技で延々と仲間を増やし続けるモンスター「マドハンド」のことですね。増え続けるマドハンドを利用して、1回の戦闘で莫大な経験値を得る「マドハンド狩り」をする人が続出しました。

おわりに

ドラクエファンの方は懐かしいと思うことがたくさんあったのではないでしょうか。現在も最新作が続々登場しているので、しばらくドラクエから離れていた方もこの機会にもう一度勇者として旅に出てみてはいかがでしょうか!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141127181425 5476eb71bcab0

本記事は、2014年11月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る