生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 小学生におすすめ!書き初めで先生ウケがいい言葉まとめ

小学生におすすめ!書き初めで先生ウケがいい言葉まとめ

2014年11月28日作成

 views

冬休みの宿題の定番、「書初め」。先生から書く文字を指定されている場合はいいのですが、決まっていない場合は、「お正月や冬の季節に合った言葉にするか」「抱負を込めた文字にするか」と、悩んでしまいますよね。

そんな方々に向けて、今回は先生ウケが良い書き初めの題字を厳選しました。小学校低学年、中学年、高学年別に分けたので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

低学年(1~2年生)

小学校低学年のお子さんにオススメなのは、ひらがな2文字や3文字の言葉。その年の干支も定番です。

低学年のお子さんだと、慣れない筆と紙で文字のバランスをとるのがなかなか難しいですが、書き方を教えてあげながら一緒に書くと楽しくできそうですね。

ひらがな2文字

  • うめ
  • こま
  • たけ
  • たこ
  • つる
  • はる
  • ふじ
  • ふゆ
  • まつ
  • もち
  • ゆき
  • ゆめ

ひらがな3文字

  • あさひ
  • かるた
  • げんき
  • こども
  • さくら
  • だるま
  • つばき
  • はつひ
  • みらい

中学年(3~4年生)

中学年の3~4年生では、漢字が1文字か2文字を入れた言葉に挑戦してみましょう。全体的に、お正月関連や抱負が書かれたものを並べてみました。

熟語では、「春光」の「春」や「初夢」の「夢」などが書きづらいかもしれません。また漢字とひらがなの混合では、それぞれのバランスに気をつけたいところ。漢字ばかりが大きくなって、ひらがなが潰れないように指導してあげてくださいね。

熟語

  • 朝日
  • 大空
  • 元日
  • 春光
  • 新年
  • 前進
  • 大志
  • 宝船
  • 七草
  • 日光
  • 初夢
  • 冬山
  • 立春
  • 若草

漢字込みの3文字

  • あさ日
  • 青い空
  • 生きる
  • お正月
  • お年玉
  • 子ども
  • 白い雪
  • 手まり
  • 友だち
  • 菜の花
  • はつ春
  • はつ日
  • 初ゆめ
  • 早おき
  • はる風
  • 春の光
  • 日の光
  • ふじ山
  • 冬の朝
  • 雪やま
  • やる気
  • ゆき山
  • わか草

漢字込みの4文字

  • 明るい春
  • 新しい年
  • 生きる力
  • うめの花
  • 美しい心
  • しろい雪
  • 正しい心
  • つよい心
  • はるの風
  • 晴れた空
  • ふゆの朝
  • 雪あかり
  • 雪明かり
  • 雪うさぎ
  • 雪だるま

高学年(5~6年生)

高学年では、四字熟語など漢字をメインとした言葉を選んでみましょう。

こちらもひらがなと漢字の混合の言葉は、文字のバランスに要注意。特に「白鳥の湖」の「湖」や「希望の光」の「望」などは、バランスが難しい漢字なので気をつけましょう。

四字熟語では、言葉の幅が広がるので1つ1つの意味を教えてあげて、お子さんの気に入ったものを選んでみてもいいかもしれません。

ひらがな込みの4文字

  • 希望の朝
  • 希望の光
  • 元気な子
  • 自然の美
  • 正月の朝
  • 初日の出
  • 早春の光
  • 高い理想
  • 強い意志
  • 強い信念
  • 日本晴れ
  • 白鳥の湖
  • 春待つ心
  • 平和な朝
  • 山里の春

四字熟語

  • 安心立命
  • 一期一会
  • 一日一喜
  • 一日一生
  • 一念発起
  • 温故知新
  • 花鳥風月
  • 公平無私
  • 公明正大
  • 正々堂々
  • 青天白日
  • 千変万化
  • 早寝早起
  • 天理人道
  • 日進月歩
  • 風林火山
  • 不言実行
  • 文武両道
  • 有言実行

おわりに

定番ものから少し変り種まで、「書初め」にぴったりな言葉を集めてみました。文字の意味も気になるところですが、文字の書きやすさも考えてあげるといいかもしれませんね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141125151022 54741d4ef38a0

本記事は、2014年11月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る