生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. まったく知らない人のための寒中見舞い・余寒見舞いの基礎知識

まったく知らない人のための寒中見舞い・余寒見舞いの基礎知識

2014年11月27日作成

 views

お気に入り

「暑中見舞いは知ってるけど、寒中見舞いにはあまり馴染みがない」「余寒見舞いなんて聞いたことない……」という方、意外に多いのではないでしょうか。季節が違うだけなのに、暑中見舞いに比べて寒中見舞いは圧倒的に認知度が低いですよね。年賀状で済ませる方が多いからかもしれません。

しかし、いざというときに寒中見舞い・余寒見舞いを出すことって、意外にあるものです。いざというとき困らないために、「寒中見舞い」と「余寒見舞い」の基礎知識についてまとめてみました。

目次

寒中見舞い・余寒見舞いって?

寒中見舞い・余寒見舞いとは、新年に親しい友人や、家族に自分の近況をしらせ、相手を労う内容を加えて送る手紙です。

つまり、寒中見舞い・余寒見舞いって年賀状と一緒じゃん!というわけです。

実際に、寒中見舞い・余寒見舞いを年賀状代わりにすることも世間的に認められています。

実例として、喪中(親族が亡くなった)ため年賀状を送ることができない家族は、寒中見舞い・余寒見舞いを新年の挨拶として年賀状の代わりに送る習慣があります。

寒中見舞い・余寒見舞いの書き方

寒中見舞い・余寒見舞いの書き方は基本的に決まったものがあるわけではありません。

ポイントとしては、

  • 「寒中見舞い/余寒見舞い申し上げます」を文の始めに書く。
  • 内容は相手を労うこと

この二点を書けば十分な手紙になります。

寒中見舞いの基礎知識

「寒中」とは?

「寒中」とは、二十四節気という季節の区分法の中で使われている言葉です。

二十四節気とは、簡単に言えば1年間の日数を24分割し、その分割点に季節を表す名前をつけたものです。その内の「小寒(大体1月5日~1月19日まで)」から「大寒(大体1月20日~2月3日まで)」が終わるまでの期間を「寒中」といいます。

この期間に出す挨拶状を、「寒中見舞い」と呼びます。

寒中見舞いを出す目的

寒中という寒さが一番厳しい時期に、相手の体調を気遣うとともにこちらの近況を伝える季節の挨拶状です。

年賀状とは別物なのですが、年賀状を出したのに寒中見舞いも出すと「くどい」と思う人もいるようです。どうしても出したいときはは寒中見舞いではなく余寒見舞いにするのが無難です。

また、

  • 年賀状を出していなかった人から年賀状をもらってしまったときの返事
  • 喪中の方に年賀状を出せなかったときの年賀状代わりの挨拶状
  • 相手が喪中と知らずに年賀状を出してしまったときのお詫び
  • 喪中の方が年賀状をもらってしまったときの挨拶状

など、年賀状関係で困ったときにも送ることがあります。

出す時期

松の内(門松を飾っている期間)があけてから立春の間までが一般的とされています。

松の内は1月1日~1月7日、立春は節分があけてからなので、1月8日~2月3日ごろに届くように出します。

小寒が始まるのは1月5日ごろですが、5日はまだ年賀状のやりとりをしているので、寒中見舞いを出すのは7日から出すのが一般的とされているようです。

書く内容

寒中お見舞い申し上げます。
 このたびはご丁寧な年賀状を頂きまして有難うございました。新年のご挨拶が遅くなり申し訳ございません。
 本年も変わらぬお付き合いをお願い申し上げますと共に、皆様のご健勝と多幸を心よりお祈り申し上げます。
 まだしばらくは厳しい寒さが続くようです。どうぞご自愛下さいませ。
                       平成〇〇年〇月
(引用:冠婚葬祭マナー&ビジネス知識
  • 寒中見舞いの挨拶
  • 安否を尋ねる挨拶、年賀状への返事の場合はそのお礼
  • 近況報告
  • 相手の体調を気遣う言葉
  • 相手の幸せを祈る言葉
  • ご支援やお付き合いをお願いする言葉
これら全てを入れ込む必要はありません。場面に応じて使い分けましょう。

余寒見舞いの基礎知識

「余寒」とは?

季節の区分法等に使われている言葉というわけではなく、「余寒」とは立春後にも寒さが残っていることを意味します。

余寒見舞いを出す目的

立春を過ぎてから出す季節の挨拶状です。基本的には寒中見舞いと同じ目的で出されます。

出す時期

一般的には節分を過ぎた後~2月末日ごろまでとされており、2月4日~2月28・29日の間に届くように出します。

寒中見舞いに間に合わないときは余寒見舞いで出しましょう。

書く内容

余寒お見舞い申し上げます
 立春を過ぎても相変わらず寒い日が続いていますが、お元気でしょうか。
 私は、お陰さまで風邪をひくこともなく、毎日の仕事に追われつつ充実した生活をさせていただいております。寒さに負ける暇がないほどです。
 テレビなどで今年の梅の開花時期を耳にするにつけ、春がすぐそこまで来ていることを実感するようになりました。
 余寒なお厳しいこの時期を、どうかお元気で乗り切ってください。
                        平成〇〇年〇月
(引用:日本郵便 各種例文

基本的には寒中見舞いと書く内容は同じです。しかしあくまで余寒見舞いなので、「暦の上ではもう春ですがまだまだ寒いですね。」というニュアンスが出せると良いですね。

寒中見舞い・余寒見舞いは意外と使える!

寒中見舞いも余寒見舞いもその存在を知らなかった人のほうが多いと思うのですが、長く会っていない人や目上の人に送ってみるのもいいのではないでしょうか。

また、年賀状を出し忘れたときにも寒中見舞いや余寒見舞いなどで出すと、最低限の礼儀を演出できるので便利です。年賀状関係で困ったときにはぜひ使ってみてくださいね。

Twitterで紹介!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141113125014 54642a76b7f58

本記事は、2014年11月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る